カラオケ評論家活動

朝の室料30分10円のまねきねこさんで朝カラオケをしてきました。

数年前に「朝活」という言葉が流行しました。 その頃から唯野は、朝から声を出して景気の良い一日を過ごすという意味で、 「朝カラオケ」を広めたいと各メディアでお話ししていました。 その当時に比べて、ここ数年は24時間営業のカラオケボッ...
カラオケ評論家活動

飲食付きの「一人カラオケパック」の提案。

3密を避けるという名分から、カラオケボックスにおいても グループ客を定員ギリギリの部屋に案内することをできるだけ避け、 広めの個室に案内する流れとなっています。 もっとも、大半のカラオケボックスは (部屋単位ではなく)人数単位の...
カラオケ評論家活動

2020年カラオケランキングと2013年カラオケランキングを比べてみました。

ここ10年ぐらいは「みんなで共有できるヒット曲が出ない」などと言われたものです。 ところが改めて最新のカラオケリクエストランキングを見ていると、 全くそんなことはなく、歌いたくなる新しめのヒット曲が多いことに気づきます。 ここで、...
カラオケ評論家活動

「カラオケボックスは安全」から「カラオケボックスは安心」とするために。

カラオケ業界団体である一般社団法人「全国カラオケ事業者協会」のサイトに、 「カラオケボックスは安全 カラオケボックスでクラスターが発生しない理由とは」 という記事が掲載されています。 この記事は多くのカラオケチェーンの...
カラオケ評論家活動

テレビのカラオケ番組はこんな人に「出て欲しい!」と思っています。

テレビ番組のカラオケ企画などではよく、一般のカラオケユーザーの出演を公募しています。 テレビ東京の「THE カラオケ★バトル」や日本テレビの「歌唱王」やテレビ朝日の「音楽チャンプ」、 あと、今年はTBSで生放送で100点出したら賞金10...
カラオケ評論家活動

JOYSOUND直営店さんの「分析採点キャンペーン」にチャレンジしました。

いわゆる「第二波」の峠も越えつつある今、カラオケ業界も攻勢に出る時期を迎えたと思います。 昨日はカラオケ館さんの室料100%オフキャンペーンを紹介しましたが、 今日はJOYSOUND直営店さんの分析採点キャンペーンを紹介します。 ...
カラオケ評論家活動

室料100%オフキャンペーン中のカラオケ館さんに伺いました。

東京都23区内に出されていた営業時間短縮要請も9月15日に終了し、 9月16日から多くの飲食店・カラオケ店が通常どおりの営業を再開しました。 それに伴ったキャンペーンとしてカラオケ館さんが、 なかなかカラオケ店舗業界では見られない...
カラオケ評論家活動

2020年、中止を余儀なくされた全国規模カラオケ大会一覧です。

予定では2020年は華々しく東京オリンピックが開催され、 世界中の人を巻き込んで日本全国がお祭りムードになっているはずでした。 当然にして、日本発祥の文化「カラオケ」の花型イベントであるカラオケ大会も 例年同様、日本全国で華々しく...
カラオケ評論家活動

マイマイクを販売しているカラオケチェーンを紹介します。

飛沫接触による感染リスクの高い備品のひとつとされるマイク。 もちろん各カラオケ店において十分に清掃・消毒されているかと思いますが、 それでもリスクを懸念されるカラオケユーザーさんは、 自分専用マイク(マイマイク)を利用されると良いかと...
カラオケ評論家活動

接客業の店員さんはマスクよりもフェイスシールドの方が良いか試してみました。

マスク装着がすっかり必須となった2020年ですが、 常々(特に接客時において)マスクには一つの欠点があると思っていました。 それは、表情(あるいは顔そのもの)が隠れてしまう点。 特にカラオケボックスをはじめとする接客業のフロントの...
カラオケ評論家活動

メーカー担当者と店舗担当者によるカラオケ業界の展望記事をご覧ください。

コロナ禍の難局において、カラオケ事業者の方々はどのような展望をお持ちなのか、 日頃より気になっておりました。 そんな折に、メーカーさんと店舗事業者さんの貴重な対談記事が掲載されました。 「カラオケメーカーと店舗の立場から語る、コロ...
カラオケ評論家活動

カラオケボックスの閉店情報が目立つ点と今後の対策について。

Yahoo掲載の新型コロナウイルス感染症まとめサイトを見る限り、 8月中旬のピークに比べれば、現在の感染者数も半減しています。 しかしながら、3月以降続くコロナ禍の影響が徐々に蓄積されてなのか、 ここ数ヶ月はカラオケボ...
タイトルとURLをコピーしました