唯野奈津実のカラオケの世界~カラオケ評論家のカラオケポータルサイト

日本で唯一の「カラオケ評論家」(商標登録済み)・カラオケ大会プロデューサー。カラオケ業界のスポークスマンとしてテレビ・ラジオ出演多数。カラオケ記事の連載経験多数。コロナ禍のカラオケ業界の課題と取り組みなどお話しします。取材依頼・出演依頼歓迎。

カラオケ評論家活動

TKGオンライン(新東京カラオケグランプリ2021オンライン)開催への想いについて。

投稿日:2021年2月10日 更新日:

昨年11月に開催いたしましたオンライン大会「新東京カラオケグランプリ」を
今年の2月と3月と、2か月連続で開催させていただくこととしました。

略称は「TKGオンライン」(TKG=東京・カラオケ・グランプリ)。

ご存知の通り、昨年2月頃より世界的災禍となってしまった新型コロナウイルス感染症。
主たる感染経路は飛沫接触によるということもあり、
歌を歌って声を発する娯楽であるカラオケは感染リスクが高い娯楽と時に名指しされ、
2020年のカラオケ業界には大変な逆風が吹き荒れました。

それから約1年。

1年前は、1年もすれば状況も幾分収まってくるものと期待していましたが、
2021年は年初早々、11都府県に昨年に続き再び緊急事態宣言が発令され、
2月に至っても10都府県にて継続発令されている現況です。

カラオケ業界への逆風は1年間も吹き荒れ続け、いまだ収まる気配もないということです。

事実「カラオケ=クラスター源」的な報道も多く、
中には歌いに行くことに「後ろめたさ」を感じているカラオケファンも多いことと思います。
唯野自身も一カラオケファンとしてやり切れない思いに駆られます。。

今までのようにカラオケファンが楽しく堂々と歌を披露し、歌を共有する場があれば…。
そんな思いにも日々駆られています。

しかしながら、この緊急事態宣言下において、
一堂に会して歌を披露する、従来のカラオケ大会のような形式の場を設けるのは、
さすがに時期尚早かと思います。

したがって、安全にカラオケを楽しみつつ、かつ歌唱を発表できる場としては、
まずはオンラインカラオケ大会という形式がファーストステップであると考えています。

おかげさまで昨年開催のオンラインカラオケ大会「新東京カラオケグランプリ」は、
短時間のうちに定員のエントリーをいただくことができました。

「多くのカラオケユーザーが、歌を披露し歌を共有する場を欲している」

唯野自身、昨年オンラインカラオケ大会を運営しながら、
コロナ禍においても変わらないそのニーズを改めて認識いたしました。

そこで今年もまた「新東京カラオケグランプリ2021」という形で
オンラインカラオケ大会を開催させていただくこととしました。

唯野自身も前回の開催で感じましたが、
オンライン大会にはオフライン大会とはまた違った特性・良さがあり、
必ずしもオンラインとオフラインは二項対立するものではないと考えています。

オンライン大会へのご出場を通じておそらくは、
(コロナ収束後に)オフライン大会に出場されるにあたっての「ヒント」的なものを
ご出場の皆様それぞれが感じ取られるのではないかと思っています。

また、当大会開催のもう一つの狙いとして、
カラオケ店舗への間接的な応援の意もございます。

つまり、平たく言えば、
「エントリー動画の撮影のために、皆様ぜひカラオケ店に歌いに行かれてください」
といった想いです。

みなさま方が今この時期にカラオケ店舗に歌いに行かれることは、
カラオケ店舗ならびにカラオケ業界への大きな大きな力となるはずと思っています。

あくまで唯野所感ですが、緊急事態宣言下において、
カラオケ店舗はお客様を積極的に集客することを自粛され、
メーカーもまたカラオケ利用を積極的に促すことを自粛されているように、
唯野には見受けられます。

そういう意味でも、この新東京カラオケグランプリの開催で、
微力ながらもカラオケ業界に明るい話題を提示することができればと存じています。

不幸中の幸いにも、昨年度の緊急事態宣言時における一斉休業と比較して、
今回は20時までは多くのカラオケ店において、
念入りな清掃などの感染症対策を講じながら日々営業を継続されています。
(臨時休業されている店舗も多い現状ではありますが)。

ぜひぜひ「新東京カラオケグランプリ」にエントリーいただき、
皆様の想い想いの歌唱動画を店舗にてご撮影いただければと思っています。
それがカラオケ店舗への支援に繋がり、カラオケ業界の未来へと繋がることと思います。

全国の皆様からのエントリーを心よりお待ちしております。
https://tokyokaraoke.com/

 

<追伸>

メーカーさんは(オンラインカラオケ大会を始めとする)オンラインイベントについて、
そろそろ本腰を入れて検討し、具体的に世に打ち出すべき時期に来ていると思います。

イベントをオフラインのみで検討されていては、コロナリスクが消滅しない限り、
場合によっては半永久的にイベントを展開できない可能性もございます。

「オンラインか、オフラインか」ではなく「オンラインも、オフラインも」の思想です。

オンラインのカラオケイベント運営の一例として、
唯野運営の「新東京カラオケグランプリ2021オンライン」が
何かしらの参考になれば幸いです。
ぜひともご注視くださいませ。
https://tokyokaraoke.com/

<追伸2>

今回の新東京カラオケグランプリ2021では「ベスト応援ソング賞」という賞を設けています。
ぜひみなさまの歌唱で、カラオケ業界ならびに日本全体を応援いただければと思っています。

ちなみに唯野が真っ先に思い浮かぶ応援ソングはこちらです。

歌っているうちに前向きで元気な気持ちになれる魔法の歌です。
歌の力って凄いです。

カラオケ評論家 本記事に関するお問い合わせ・取材依頼は以下から承ります。日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実(ゆいのなつみ)に何でもお聞きください。

唯野奈津実へのお問い合わせはこちら

当サイトのトップページはこちら

唯野プロデュースオンラインカラオケ大会
「新東京カラオケグランプリ2021」
(略称:TKGオンライン)

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに出演しています。コロナ禍におけるカラオケ業界の「本音」など、取材に何でもお応えします。
お問い合わせ・業務依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

JOYSOUND全国カラオケ大会など、多くのカラオケ大会で審査員を務めた唯野奈津実が、あなたの歌唱を拝聴の上、3営業日以内にアドバイスコメントを記載した審査表を作成します。
唯野カラオケ教室(寸評作成)