唯野奈津実のカラオケの世界~カラオケ評論家のカラオケポータルサイト

日本で唯一の「カラオケ評論家」(商標登録済み)・カラオケ大会プロデューサー。カラオケ業界のスポークスマンとしてテレビ・ラジオ出演多数。カラオケ記事の連載経験多数。コロナ禍のカラオケ業界の課題と取り組みなどお話しします。取材依頼・出演依頼歓迎。

カラオケ評論家活動

カラオケBanBanさんの「一部店舗の通常営業」宣言を支持します。

投稿日:2021年1月15日 更新日:

カラオケボックス業界店舗数第3位、ビッグ3の一角のカラオケBanBanさんもまた、
加藤社長名義で「一部店舗の通常営業」メッセージを発しました。

お客様ならびに地域住民の皆様

平素よりカラオケBanBanをご利用いただき誠にありがとうございます。
地域住民の皆様におかれましては、当社店舗運営にご支援、ご協力いただき厚く御礼申し上げます。

去る1月7日(木)以降、首都圏の1都3県を皮切りに、
新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言が各都道府県においても発令され、
カラオケボックスを含む飲食店舗においては20時までの営業時間短縮要請を受け、
当社は1月8日(金)より順次要請に応じる措置を講じて参りました。

今回の営業時間短縮要請に対しましては、
すでに埼玉県、千葉県、神奈川県より要請に応じた際の感染拡大防止協力金の支給対象をみなし
大企業まで拡充することがいち早く発表された一方で、
一部都道府県については政府からの地方臨時交付金を
感染拡大防止協力金に充当できることが容認されているにも関わらず、
その支給対象を従前の中小企業ならびに個人事業者に留められることとなっております。

新型コロナウイルス感染の1日も早い収束、
それに向けた感染拡大防止を最優先とする政府の方針は重々承知しておりますが、
今回2度目となる緊急事態宣言下において、
十分な補償が受けられない中での当社店舗の営業時間短縮は、
事業維持存続の危機的状況、
ひいては従業員の生活基盤である収入の確保が困難な状況に陥ることにより、
一部店舗の通常営業を再開させていただくという苦渋の決断に至りました。

当社店舗はこれまでもご利用いただくお客様の検温はもとより、
室内除菌の徹底をはじめとした感染対策を徹底して参りましたが、
今後更なる対策強化に努める所存でございます。

お客様ならびに地域住民の皆様には、
何卒 諸般の状況をご理解いただきますよう、謹んでお願い申し上げます。

株式会社シン・コーポレーション
代表取締役 加藤 伸司

http://karaoke-shin.jp/news/post-42.html

ちなみに東京都は「営業時間短縮に係る感染拡大防止協力金」の対象を、
「都内全域の中小企業、個人事業主」としてあり、
いわゆる大企業は感染拡大防止協力金の支給対象ではありません。
https://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.lg.jp/attention/2021/0107_14118.html

そのためか、カラオケBanBanさんも
千葉県・神奈川県・埼玉県などでは時短営業要請に応じていますが、
東京都の店舗に関しては時短営業要請の対象店舗としての告知がございません。


http://karaoke-shin.jp/news/post-39.html

このあたり、国の方針と地方自治体とで
補償の足並みが揃っていないことが一因かと思います。
こうした仕組みの「ほころび」は国としてリーダーシップをもって、
早急に解決に図っていただくべきものと考えます。

なお、カラオケBanBanさんは営業について、上記メッセージ内にも、
「当社店舗はこれまでもご利用いただくお客様の検温はもとより、
室内除菌の徹底をはじめとした感染対策を徹底して参りましたが、
今後更なる対策強化に努める所存でございます」との見解がございます。

感染対策を十分に取ったうえでの営業を(これまでどおり)期待いたします。

<追伸>

カラオケBanBanさんの加藤社長は、
一般社団法人日本カラオケボックス協会連合会(JKBA)の理事であり、
JKBA内の東京協会(東京カラオケボックス事業者防犯協力会)の会長です。

したがって、今回のカラオケBanBanさんのご判断は、
カラオケボックス業界全体に対して相応の影響力があると思われます。

今後、カラオケの鉄人さん、カラオケBanBanさんに続く流れが
業界内にて見られるようになるのか、要注目です。

<1月19日追記>

東京都において大企業への協力金の支給方針となったことで、
カラオケBanBanさんは東京都内の店舗について時短営業要請に応じる旨の、
コメントを発表されました。

 

お客様ならびに地域住民の皆様

平素よりカラオケBanBanをご利用、ご支援いただき誠にありがとうございます。

この度、東京都におきましては、
緊急事態措置として講じられております飲食店舗の時間短縮営業要請に対する協力金の支給についてこれまでの中小企業ならびに個人事業主から、当社を含むみなし大企業にまで拡充されることが検討されております。

これを受け当社は、事業の存続ならびに従業員の雇用を守りながら、新型コロナウイルス感染症の収束、それに向けた感染拡大防止を最優先とする政府の要請に従い、1月19日より、東京都内の店舗におきましても営業時間を20時までとさせていただくことを決定いたしましたことをご報告いたします。(一部店舗におきましては休業となっております。詳しくは当社HPにてご確認ください)

お客様ならびに地域住民の皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

末筆ではございますが、今般の新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々、およびご家族・関係者の皆様に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、罹患された方には心よりお見舞い申し上げます。
また、医療従事者をはじめ、感染拡大防止にご尽力されている皆様に深く感謝申し上げます。

株式会社シン・コーポレーション
代表取締役 加藤 伸司

http://karaoke-shin.jp/news/post-43.html

ここ数日の世論が東京都にも伝わったようで、
ひとまず自治体間の基準の統一は取れたと思います。

カラオケ評論家 本記事に関するお問い合わせ・取材依頼は以下から承ります。日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実(ゆいのなつみ)に何でもお聞きください。

唯野奈津実への取材依頼・業務依頼はこちら

当サイトのトップページはこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

JOYSOUND全国カラオケ大会など、多くのカラオケ大会で審査員を務めた唯野奈津実が、あなたの歌唱を拝聴の上、3営業日以内にアドバイスコメントを記載した審査表を作成します。
唯野カラオケ教室(寸評作成)

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに出演しています。コロナ禍におけるカラオケ業界の「本音」など、取材に何でもお応えします。
お問い合わせ・業務依頼はこちら