カラオケ評論家活動

カラオケ店のサービスって「安さ」だけ?

投稿日:

唯野はカラオケ評論家という仕事柄、多くのカラオケ店のTwitterを日々読んでいます。
カラオケ店のTwitter戦略の第一目的は、もちろん集客にあるでしょう。
お客様に来店いただけるように、お客様にとって魅力的なTweetを心がけているかと思います。

カラオケ概論

とは言え正直、唯野から見て、内容がありきたりに思えることが多いです。

「お得な情報」という決め台詞で、内容は室料割引かポテトのサービス。
大半がこういった内容のTweetです。
(同じ文面をアプリで自動投稿しているカラオケ店もありますが、それは論外…)。

もちろん、値段が安くなるのはお得でしょうし、
フードサービスがつくのもお得でしょう。

しかしながら、あまりにも多くのカラオケチェーンがこうした同じようなTweetをしているので、
読んでいて、お得感が伝わりづらくなっているのです。

それに、思うのですが、
サービスって、値段を下げることしか、ネタがないのでしょうか?

牛丼屋さんの価格競争の例を見ても分かるとおり、
「安さ」を売りに勝負すると、ライバル店を含めてすべての店舗が疲弊していきます。

「安さ」でいくらお客様が集まったところで、
原価に対する粗利が小さければ、労力に見合った回収は見込めません。

つまり、「安さ」を売りにするのは、将来的には「割にあわない」ことになるのです。

なので唯野は、「安さ」ではなく「コンテンツ」をサービスとして売るべきかと考えます。

お客様に対して、
「ウチのカラオケ店は安いから来てください」というのではなく、
「ウチのカラオケ店は楽しいから来てください」
というべきなのです。

それには、店舗独自のイベント・コンテンツを企画して打ち出せば良いです。

たとえば、自店の中で「カラオケ名人」を名乗る店員さんを設けて、「名人に挑戦!」という企画。
お店で課題曲を何曲か定めて、カラオケ名人が月初めに採点機能つきで歌います。
その「名人」の採点結果を公表し、課題曲で名人以上の得点を上げたお客様に
サービス券などを贈呈するのです。
店内にランキング表を作って、顔写真名前付きでお客様のランキングを掲示しても面白いですね。

あるいは、勝ち抜き名人戦みたいに、お客様の中で最高得点を出された方を名人とし、
翌月に、他の挑戦者を迎え撃つ、みたいな企画とか。

採点以外にも、カラオケ店のアカウントでDAM★ともやうたスキ動画を使って動画公開し、
コラボ相手をお客様から募集するという企画。
毎月、最も良いコラボ動画を投稿したお客様を、店舗で選定して表彰します。
フロントに表彰写真を張り出すと、イベント自体も目立ちますし、店内も活気が出ると思います。

このように、店員さん側もお客様と一緒になって「カラオケを楽しみましょう!」というスタンスを採る。
これが、お客様により親近感を持っていただける接客サービスに繋がるかと思います。

カラオケ概論
考えてみれば、ルーム料金割引、ポテト無料というサービスは、コスト以外、何の労力も使っていません。

単にお店が売単価を下げているだけで、店員さん自身は何のサービスも提供していないとも言えるのです。

そうではなく、個々の店員さんそれぞれによる血の通ったサービスを提供するには、
店員さん自身も、お客様と一緒に「カラオケを楽しむ」というスタンスで、
ある程度、体を張る必要があるということなのです。
(体を張ると言っても、採点や動画撮影で歌うくらいのことです)。

カラオケ店のお客様なのですから、カラオケの好きな方々が多いに決まっています。
そんなカラオケ好きのお客様に喜んでもらうサービスは、
店員さん自身もカラオケを楽しみつつ、カラオケに応じたアイデアで勝負するのが一番です。

ぜひとも、体を張ったカラオケサービスを打ち出してみてください。
それがきっと、ライバル店との差別化に繋がるかと思います。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・制作協力・各種相談はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)