唯野奈津実のカラオケの世界~カラオケ評論家のカラオケポータルサイト

日本で唯一の「カラオケ評論家」(商標登録済み)・カラオケ大会プロデューサー。カラオケ業界のスポークスマンとしてテレビ・ラジオ出演多数。カラオケ記事の連載経験多数。コロナ禍のカラオケ業界の課題と取り組みなどお話しします。取材依頼・出演依頼歓迎。

カラオケなんでもRanking

センチメンタルな秋の日に歌いたいカラオケソングベスト5(女性編)

投稿日:2014年11月28日 更新日:

何かと感傷的になりやすい秋ですが、そんな気分に浸れるお勧めのカラオケソングを
ピックアップしてみました。ぜひ一人で、みんなで、歌ってみてください。
(2014年10月にNTTドコモ「iコンシェル」に掲載した唯野執筆記事です)

05

★センチメンタルな秋の日に歌いたいカラオケソングベスト5(女性編)

・第1位 YELL/いきものがかり
・第2位 秋桜(コスモス)/山口百恵
第3位 もう少し あと少し…/ZARD
・第4位 M/浜崎あゆみ
・第5位 木枯しに抱かれて/小泉今日子

「YELL」は、旅立ちの決意と戸惑いの交錯する少し切なげな曲。
サビの「サヨナラは~」からを、少し力強く歌うのがポイントです。

「秋桜(コスモス)」は、言わずと知れたカラオケ定番曲。
あまり感情を込め過ぎずに、フレーズひとつひとつを丁寧に歌いましょう。

「もう少し あと少し…」は、届かぬ想いを描写した感傷的なバラード。
儚げな伴奏に飲み込まれることなく、強い気持ちで歌うと曲が際立ちます。

「M」は、曲の流れに沿って盛り上がっていく壮大なラブバラード。
ラストの大サビは思い切り声を張って歌ってみましょう。

「木枯しに抱かれて」は、バラエティで活躍中のTHE ALFEEの高見沢俊彦さん作の曲。
サビの「切ない片思いあなたは気づかない」には、思わずぐっと来る人も多いかも。

★失恋ソングでも「泣き」は禁物

何かと歌のテーマになりやすい「失恋」ですが、カラオケでは感情を込め過ぎるのは逆効果。
涙を浮かべながら歌う姿を見せられても、逆に周りは引いてしまいます。
感情の入りやすい曲だからこそ、淡々と、歌詞を大事に歌ってみましょう。
そのほうが歌の世界観が素直に伝わり、周りからも共感されやすいものです。
高ぶる気持ちを少し抑えて、入り込み過ぎないように歌うのが良いでしょう。

カラオケ評論家 本記事に関するお問い合わせ・取材依頼は以下から承ります。日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実(ゆいのなつみ)に何でもお聞きください。

唯野奈津実へのお問い合わせはこちら

当サイトのトップページはこちら

唯野プロデュースオンラインカラオケ大会
「新東京カラオケグランプリ2021」
(略称:TKGオンライン)

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに出演しています。コロナ禍におけるカラオケ業界の「本音」など、取材に何でもお応えします。
お問い合わせ・業務依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

JOYSOUND全国カラオケ大会など、多くのカラオケ大会で審査員を務めた唯野奈津実が、あなたの歌唱を拝聴の上、3営業日以内にアドバイスコメントを記載した審査表を作成します。
唯野カラオケ教室(寸評作成)