カラオケ大会情報

わくわくカラオケグランプリ、ダイジェスト写真集

投稿日:2014年11月19日 更新日:

おかげさまで、第1回わくわくカラオケグランプリを無事執り行うことができました。
2014年6月の「東京カラオケグランプリ」に続く、唯野プロデュースのカラオケ大会。

今回は、一般的なカラオケ大会のようなホールでの開催ではなく、
ホテルのパーティースペースを使用した、ちょっと変わったカラオケ大会。
お昼には、ホテル特製のランチバイキングを提供させていただきました。

朝9時半の開場から、終了がおおよそ夕方5時半。
長丁場のカラオケ大会の中、多くの出場者の熱いステージが繰り広げられました。
また、裏でサポートいただいた多くのスタッフさん、
表で受付・誘導・案内等の対応をしてくださったわくわくカラオケグループの皆様、
全ての方々に、プロデューサーとして深く御礼申し上げます。

では、ダイジェスト写真集を。

01
開演前のステージの様子。午前8時くらいかと思います。
ちょうどトロフィーを並べ終わったあたりですね。

21
開場は朝9時半。早い方の中には、8時半にいらっしゃった方もいました。

02
10時開演。
左は司会の鈴木ミチさん。普段はシンガーソングライターとして各地で活躍されています。
右はアシスタント司会の斉藤愛さん。数多くのカラオケ大会で優勝されている実力者です。

07
審査員の先生方のご挨拶。
左から、清水まり子先生、中村詠子先生、鈴木康志先生です。

03
僭越ながら唯野も挨拶させていただきました。

出場者のステージはこんな感じです。

13

14

16

11

12
普段着、衣装、コスプレと、さまざまでした。
出場者層も幅広く、下は10歳から上は73歳まで、
世代を超えた迫力あるステージが繰り広げられました。

05
お昼休み前には、式根島出身のシンガーソングライター、夏一さんのライブショー。
爽やかな風を吹き込んでいただきました。

04
会場の様子はこんな感じです。
おかげさまで、出場者を含めた入場者数が150人強となり、満員御礼となりました。

06
審査員も務めてくださった清水まり子さんによるゲスト歌謡ショー。
代表曲「父娘坂」をはじめとする迫力ある演歌ステージで会場を魅了しました。
…「審査員」と書いてある勲章をつけたまま歌ってくださる、お茶目な清水さんです。

08
審査結果発表の一コマ。
このようにして、30名ほどお呼びさせていただき、ステージで表彰いたしました。

15
第1回わくわくカラオケグランプリにて、見事優勝されたのは、
わくわくカラオケグループ、ウエストランド本庄店代表の長谷川泉さん。

迫力と繊細さを兼ね備えた見事な歌唱を披露されました。
同じく出場されたお母様も、準演歌・歌謡曲大賞を受賞されています。

 

今回のカラオケ大会では、歌唱において、
唯野独自のアイデアをひとつ入れさせていただきました。

それは、「曲紹介と自己紹介を自分で行うこと」。

通常、カラオケ大会では、司会が曲紹介と名前紹介をして、
その後ステージに立って歌だけを歌う、というパターンが多いものです。

しかしながら、いきなり歌から始まると、緊張のあまり歌い出しで躓く人もまた多いもの。
そこで、緊張をほぐす目的も兼ねて、歌う前に声を出してもらおうと考えたのです。

実際やってみると、曲と名前だけの挨拶から、
徐々に、ちょっとしたネタを加えた「ひとことトーク」を話す出場者が増えてきて、
これは嬉しい誤算でした。

歌う前に、その人の「人となり」が見えることによって、
歌に親近感が湧いてくるという効果もあったかと思います。
この方式は、ぜひ次回も継続していきたいと思います。

今回、好評をいただきました「わくわくカラオケグランプリ」ですが、
開演中から、早くも「第2回」なんてお話も出てきていました。

ぜひとも次回も、今回以上に盛り上がり、今回以上にさまざまな視点から表彰し、
今回以上に多くの方々にエントリーチャンスのある大会にしていきたいと思っています。

ご出場された方々、エントリーされた方々、大変ありがとうございました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・情報提供依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)