カラオケなんでもRanking

センチメンタルな秋の日に歌いたいカラオケソングベスト5(男性編)

投稿日:2014年11月29日 更新日:

何かと感傷的になりやすい秋ですが、そんな気分に浸れるお勧めのカラオケソングを
ピックアップしてみました。ぜひ一人で、みんなで、歌ってみてください。
(2014年10月にNTTドコモ「iコンシェル」に掲載した唯野執筆記事です)

カラオケのど飴

★センチメンタルな秋の日に歌いたいカラオケソングベスト5(男性編)

・第1位 飛べない鳥/ゆず
・第2位 恋音と雨空/AAA
・第3位 One more time, One more chance/山崎まさよし
・第4位 ツバサ/アンダーグラフ
・第5位 晩秋/ガガガSP

「飛べない鳥」は、大自然の中で高らかに歌い上げたい一曲。
「きっと~」のサビからはみんなで一緒になって歌うと結束力もアップするはず。

「恋音と雨空」は、女性パートを一緒に歌ってくれる相手がいると盛り上がります。
サビ「君との時間が…」は歯切れ良く歌わないと遅れてしまうので注意しましょう。

「One more time, One more chance」は、失った恋人を探し求める切ないラブソング。
ラスト「いつでも捜しているよ」の繰り返しはメリハリを意識すると情感が出ます。

「ツバサ」は、秋の別れと旅立ちを物語ったミディアム・バラード。
心情を綴った歌詞が魅力の一曲なので、言葉を淡々と伝えるように歌うのが良いですね。

「晩秋」は、切なく泣ける曲に飽きた時に歌うとテンションが上がります。
とにかく勢いで歌い、サビの「晩秋の夕暮れは~」は全員で合唱しましょう。
★少し早いクリスマスソングを歌うのもポイントが高い

暦の上ではまだ秋でも、11月に入れば気持ちはもう年末。
そこで、感傷的な秋ソングを歌い尽くしたならば、
冬を先取ってクリスマスソングを歌ってみるのもひとつの手。
「まだ早い」と思われつつも、きっと周りも乗ってくるはず。
秋の夜長のカラオケを、クリスマスを思い描きながら楽しむのも素敵ですよ。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・情報提供依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)