カラオケなんでもRanking

テレビのカラオケ番組で歌われる曲ベスト3

投稿日:

古くはNHKの「NHKのど自慢」、
最近ではテレビ東京の「カラオケ・バトル」やテレビ朝日の「関ジャニの仕分け」など
カラオケを扱った企画番組が増えてきました。

そこで、2013年にさまざまなカラオケ番組の放送で歌われた曲ベスト3について、
TBSの「テレビこすられたGP」という番組でコメントさせていただきましたので、
ランキングとそれぞれのコメント内容を紹介します。

カラオケ評論家の解説

★第3位:一青窈「ハナミズキ」

2013年カラオケ年間リクエストランキングでも第3位(第一興商発表)と、
カラオケの定番曲としても定着しています。
メロディラインが素直で音域もさほど広くないので、比較的歌いやすい一曲かと思います。
伴奏の構成も、歌い出しは抑え目でサビからは徐々に盛り上がっていくので感情も入りやすく、
歌っていて気持ちが良いという点も、支持を集めた理由ではないでしょうか?

★第2位:AI「Story」

2013年カラオケ年間リクエストランキングでは第9位(第一興商発表)と、
こちらもカラオケの定番曲として定着しています。
この曲を選曲する人はほぼ間違いなく、歌に自信のある人と言えるでしょう。
テレビ以外でも全国のカラオケ大会・カラオケコンテストでもよく歌われています。
歌に自信のある人は、AIさんのようなどっしりした歌声の歌手の曲を好む傾向にあります。
つまり、AIさんのように安定した発声で歌うことで、
上手さをアピールしたいという狙いもあったのではないでしょうか?

★第1位:夏川りみ「涙そうそう」

夏川りみさん以外でも、森山良子さんやBEGINなど多くに歌われている有名曲なので、
「誰もが知っている曲」というところも選曲の理由のひとつかと思います。
また短い曲なので、テレビ的に「間延び」しないという意味で、
タレントさんに支持されていたのではないでしょうか?
ゆったりした曲調で、一曲を通して抑える部分、盛り上がる部分がありますので、
カラオケ採点企画で高得点を狙うのに向いている、という理由もあるかと思います。

さて、2014年はどんな曲がテレビのカラオケ番組で歌われるのでしょうか?

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・情報提供依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)