唯野奈津実のカラオケの世界~カラオケ評論家のカラオケポータルサイト

日本で唯一の「カラオケ評論家」(商標登録済み)・カラオケ大会プロデューサー。カラオケ業界のスポークスマンとしてテレビ・ラジオ出演多数。カラオケ記事の連載経験多数。コロナ禍のカラオケ業界の課題と取り組みなどお話しします。取材依頼・出演依頼歓迎。

カラオケなんでもRanking

クリスマスに想いを込めて歌いたいカラオケソングベスト5(女性編)

投稿日:2014年12月24日 更新日:

12月は忘年会や打ち上げなど、仲間たちとカラオケに行く機会が多いもの。
そこでオススメのクリスマスソングを、男女別に5曲ずつ紹介します。
(2014年12月にNTTドコモ「iコンシェル」に掲載した唯野執筆記事です)

101

★クリスマスに想いを込めて歌いたいカラオケソングベスト5(女性編)

・第1位 LOVE~winter song~/福原美穂
・第2位 Winter Song/DREAMS COME TRUE
・第3位 DEAR…again/広瀬香美
・第4位 Christmas Love/西野カナ
・第5位 サイレント・イヴ/辛島美登里

「LOVE~winter song~」は、力強さ溢れる応援ソング。明るさを全面に出して元気に歌いましょう。
「世界中に/ありったけの」などのサビをリズミカルに歌うと、より疾走感のある歌に仕上がります。

「Winter Song」は、ドリカムの定番クリスマスソング。イントロから冬らしさを感じさせる一曲です。
全編英詞の曲なので、歌いづらいという方は日本語版の「雪のクリスマス」を歌っても良いでしょう。

「DEAR…again」は、遠距離恋愛をテーマにしたバラード曲。人によっては感情移入しやすい一曲かと思います。
「クリスマスまでには間に合うように…」のサビを訴えかけるように歌うと、歌にぐっと説得力が出てきます。

「Christmas Love」は、恋人とのクリスマスを待ち望む、ほんのりした幸せ感の漂うミディアムポップ。
ファルセットが苦手な方はキーを下げて歌うのがオススメ。「会いたい」感を込めて歌ってみましょう。

「サイレント・イヴ」は、クリスマスの別れをテーマにしたバラードソング。
「さようならを決めたことは…」からは、泣きではなく凛とした強い想いで歌うと、歌が引き締まります。

★誰もが知っている定番曲はみんなで歌うと一体感が増す

他によく歌われるクリスマスソングとして、松任谷由実さんの「恋人はサンタクロース」、
マライア・キャリーさんの「恋人たちのクリスマス」、中山美穂さんの「遠い街のどこかで…」、
などが挙げられます。こうした誰もが知っている定番曲は、何人かで一緒になって歌うのも、
場に一体感ができて良いものです。テーマも、幸せなものから失恋ものまでさまざまですので、
テーマに合ったノリとテンションで、この時期のカラオケを盛り上げて歌ってみてください。

カラオケ評論家 本記事に関するお問い合わせ・取材依頼は以下から承ります。日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実(ゆいのなつみ)に何でもお聞きください。

唯野奈津実へのお問い合わせはこちら

当サイトのトップページはこちら

JOYSOUND全国カラオケ大会など、多くのカラオケ大会で審査員を務めた唯野奈津実が、あなたの歌唱を拝聴の上、3営業日以内にアドバイスコメントを記載した審査表を作成します。
唯野カラオケ教室(寸評作成)

オンラインカラオケ大会

唯野プロデュースオンラインカラオケ大会
「新東京カラオケグランプリ2021」
(略称:TKGオンライン)

唯野奈津実へのお問い合わせ先

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに出演しています。コロナ禍におけるカラオケ業界の「本音」など、取材に何でもお応えします。
お問い合わせ・業務依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

JOYSOUND全国カラオケ大会など、多くのカラオケ大会で審査員を務めた唯野奈津実が、あなたの歌唱を拝聴の上、3営業日以内にアドバイスコメントを記載した審査表を作成します。
唯野カラオケ教室(寸評作成)