カラオケ評論家活動

カラオケ活性化策~結果発表

投稿日:

全国カラオケ事業者協会さんの公募企画
「カラオケ活性化策」について、結果が発表されました。

 

tittle_mini_kekka

http://www.karaoke.or.jp/bunka/oubo/index2.php

8月末までの応募期間中、3038点もの応募があったそうです。
カラオケについて、何かしら意見を持って投稿される方がこれだけ多いとは、
唯野も正直びっくりの数字でした。

さて、各賞の提案内容を簡単に紹介します。

●金賞:高齢者用に、カラオケの歌詞の「先読みリード機能」が欲しい
●銀賞:カラオケにボイストレーニングのメニュー、コンテンツがあると良い
●銀賞:学校の教育課程にカラオケを取り入れて欲しい
●銅賞:カラオケ店のバリアフリーを強化して欲しい
●銅賞:部屋の壁をスクリーンにして、大観衆や大自然の映像の前で歌いたい
●銅賞:音楽番組等を増やすなど、音楽・カラオケに親しめるきっかけを作って欲しい

以上の6提案が入賞とのことでした。

銀賞の「学校教育にカラオケを!」は、唯野の著書「スキマ評論家入門」にも書いている通り、
私も昔から言い続けています。
一応、唯野もそのような投稿をしたのですが(以下の「活性化策その3」参照)。
https://enjoysing.com/2014_09_25_01_08_01

さて、3038点もの応募、そして優秀な6案が発表されました。
…ここで終わりにしてはいけませんね。
公募し、選考し、発表したからには、ぜひとも実現していただきたいと思います。

全国カラオケ事業者協会さん、役員のお名前を拝見する限り、
錚々たる方々で構成されています。
名誉会長の保志忠彦さんは、第一興商さんの創業者です。

全国カラオケ事業者協会さんが本気になれば、上記6案は容易に実現可能です。
ぜひとも、カラオケ界をより活性化すべく、
カラオケユーザーの要望としての上記6案を実現していただければと思います。

特に「学校教育にカラオケを!」は、唯野のライフワークでもあります。
実現に向けて微力ながら協力させていただければと思います。

(子供の頃からDAMで歌っていれば、大人になってもDAMを選びますよ)
(子供の頃からJOYSOUDで歌っていれば、大人になってもJOYSOUNDを選びますよ)
(学校現場は、市場としてみても、未開拓なので非常に魅力的ですよ)

逆に、これだけの公募をして何もアクションも起こさなければ、ただの自己満足です。
ぜひとも、カラオケ業界、カラオケユーザーを活性化させましょう。

全国カラオケ事業者協会さんの今後の動きに注目です。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・情報提供依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)