03/13(日)に、東日本大震災の被災者支援ライブイベントに出演します。

2015/09/10。
あの鬼怒川堤防決壊による茨城県常総市の洪水被害から半年が過ぎました。
常総市民の唯野も、まさかこの平成の世に自分自身が洪水被害に遭うなんて
夢にも思いませんでした。

02
こちらのスーパー「アピタ石下店」にもよくお買い物に行ったものです。

洪水被害の遭った常総市も大分復興は進んでいますが、
まだまだ家屋の修繕が進んでいない方々も多くいらっしゃいます。

とは言え、月日が流れれば、当事者でもない限り、自然と記憶が薄れていくもの。
今では常総市がニュースで取り上げられることはほとんどなくなりましたが、
当事者にとっては、まだまだ鬼怒川氾濫災害は終わっていないのです。

そして本日03/11は、東日本大震災から5年。
こちらもまた、月日とともにあの惨状も記憶から薄れていっているようにも思えますが、
津波や原発事故により住む地域を失って全国各地で避難生活を送られている方々も
まだまだ多くいらっしゃるのが実情です。
その方々にとっては、まだまだ東日本大震災は終わっていないのです。

前置きが長くなりましたが、 常総市の近隣、茨城県取手市で、03/13(日)に
東日本大震災の被災者・避難者を支援するという名目のライブイベントが開催されます。

01
「祈りと感謝のコンサート2016~繋がる絆 心の絆~」
http://blog.goo.ne.jp/halcado/d/20160313

●開催日時:2016年3月13日(日) 13:00~16:30
●開催会場:取手ウェルネスプラザ(JR取手駅、関東鉄道取手駅から徒歩3分)
http://toride.wellness-plaza.com/access.html
●入場料:無料(定員は300名とのことだそうです)

このイベントの主催は、取手市在住のシンガーソングライターの鈴木ミチさん。
唯野プロデュースのカラオケ大会、
「東京カラオケグランプリ」「池袋昭和歌謡のど自慢」「わくわくカラオケグランプリ」
などで司会役としていつもお世話になっています。

04
実は鈴木さんもまた、震災による原発被害のあった福島県のご出身。
ということもあり、東日本大震災には相応に胸を痛める想いを持っていらっしゃいます。

こちらのイベント、シンガーソングライターの鈴木さんらしく、
音楽を主体としたイベントになっています。

出演者は鈴木さんをはじめ、
福島・宮城で活躍する2人組男性ユニットFukumiyAさん、
宮城県石巻市在住で津波被害を受けながらカラオケ喫茶を経営する歌手の大内あゆみさん、
そして、東京カラオケグランプリなどの審査でお世話になっている鈴木康志先生と、
宮城県を中心に東北で長くライブ活動を続けられている高橋佳生さんとのユニットSCREEN、
などといった、福島・宮城にゆかりのあるアーティストが多くいらっしゃいます。

そんな中で、唯野も出演者のひとりに位置付けられています。
もっとも、唯野は歌手ではありませんので歌を披露するわけではありません。
冒頭に申し上げました通り、唯野は取手市近隣にある常総市民。
そこで、鬼怒川洪水被災体験の語り部役として、
10分ほどステージ上でお話をさせていただく予定です。

2011年の東日本大震災による津波被害は、海岸沿いにお住まいの方々に甚大な影響を及ぼしました。
それを映像で目の当たりにした唯野は、2012年に内陸である茨城県常総市に家を建てました。
少なくとも、津波被害を被らないように。
少なくとも、洪水被害を被らないように。

しかしながら、川の氾濫という想像もしていなかった災害が発生し、
自宅は2メートル近く浸水しました。

つまり、災害は、いつどこで発生するかわからないということ。
そして、誰しも災害で被災する可能性があるということ。

…といった内容を、実体験を踏まえてお話させていただく予定です。

さて、こちらのイベントですが「支援」という企画趣旨もあり、入場料は無料です。
とは言え、やはりこうしたイベントを運営するにはある程度の費用が発生するのも事実。

そこで、「支援してもいいよ」「ぜひとも支援したい!」といった方々のために、
チャリティーサイトが用意されています。
http://readyfor.jp/projects/INORITOKANSHA

こちらのサイトで鈴木さんのCDないし福島県会津地方の象徴でもある赤ベコ人形などを
ご購入いただくと、そのご購入金額を運営費用に充てさせていただくとのことです。
ぜひともご支援いただいて、かわいらしい赤ベコ人形をお部屋に飾っていただければと思います。

<追伸>
常総市浸水の二日後。
鉄道・道路が不通のため都内にとどまっていた唯野がようやく自宅に向かう途のこと。

03
ご覧のとおり、これ以上は道路が冠水していて先には進めません。
なのでここからは歩いて自宅まで向かいました(雨カッパと黒長靴を装備して)。

そして、唯野をここまで車で送ってくれたのが、
今回のイベントの主催の鈴木ミチさんです。
唯野も何かしら力になれればと思っています。

集え!全国の歌自慢!
優勝賞金5万円。出場者ファースト宣言。「新東京カラオケグランプリ2017」。
http://tokyokaraoke.com/

カラオケ大会

大会開催日:8月12日(土)。エントリー締切日:7月10日(月)。

カラオケ評論家を商標登録しました。

カラオケ評論家

「カラオケ評論家」は唯野奈津実の登録商標です。
日本で唯一のカラオケ評論家として、取材・執筆等の依頼を承っております。
カラオケ特集コーナーの企画相談・出演依頼など、
お気軽にお問い合わせください。
お電話:090-2202-5616(唯野直通です)
メール:info@enjoysing.com(1日以内に返信します)

カラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースします。

地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

53

地域の活性化、集客の目玉イベントとして、カラオケ大会を開催してみませんか?
エンジョイシングでは、カラオケ大会の開催に向けたトータルプロデュースを承っています。

・レーベル・レコード会社の所属アーティストの宣伝を兼ねたカラオケ大会
・地方自治体の運営する市民イベント(夏祭りなど)
・カラオケ店が自店で開催するカラオケ祭り(カラオケコンテストなど)
・カラオケチェーン店による自社ブランドのカラオケ大会(○○社杯カラオケ大会など)
・ショッピングモール全体を使った「店起こし」のイベント(お客様感謝イベントなど)

・etc..

お気軽に下記までご相談ください(相談無料、予算に応じた提案可能です)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

★カラオケメーカー・チェーン店の本社関係者様★

いつも当サイト「唯野奈津実のカラオケの世界」にアクセスいただきありがとうございます。

1日平均5000アクセスの当サイトは、日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実がカラオケの最新情報を紹介しながら、経営目線・ユーザー目線それぞれからの論評を展開していく、総合的カラオケポータルサイトです。

当サイトの最大の特徴は、「カラオケ評論家」という、いずれの企業にも属さないニュートラルな立場による論評提示にあります。

当サイトに毎日アクセスしていただければ、競合他社のニュースや動向をいち早く掴むことができ、ニュートラルな視点におけるカラオケ業界の状況分析をすることができます。

社内イントラをお持ちの業者様がいらっしゃれば、社内ポータルサイトに当サイトのリンクを張っていただければ、最新のカラオケ事情を全社員が素早く共有できることと思います。

当サイトはリンクフリーですので、リンクを張られる際に、エンジョイシング・唯野に確認する必要はございません。御社内での情報共有の促進に、当サイトを今後ともぜひご利用ください。

第3回わくわくカラオケグランプリを開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、株式会社メロ・ワークス様主催の大型カラオケ大会「第3回わくわくカラオケグランプリ」の総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 2016年10月23日(日)
●会場:ホテルサンルート有明(国際展示場前駅すぐ)
●出場人数:80名(事前選考による合格者)
●審査委員:中本直樹先生(音楽プロデューサー)他3名
●表彰:優勝賞金10万円、他各賞を用意(30名程度の表彰)

首都圏に54店舗を展開する大手カラオケボックスチェーン「わくわくカラオケグループ」主催のカラオケ大会として、応募総数400名以上の中から選考を通過した80名のご出場者ならびにご観覧者様で満員の会場の中、開催いたしました。

詳細は「わくわくカラオケグランプリ特設サイト」まで。

★カラオケ大会をプロデュースします★
地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

お気軽に下記までご相談ください(相談無料)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

東京カラオケグランプリ2016を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2016年8月13日(土)に開催されたカラオケ大会「東京カラオケグランプリ2016」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:角筈区民ホール(新宿区)
●出場人数:100名
●審査委員長:相田篤考先生(音楽プロデューサー)
●表彰:優勝その他各賞を用意(30名以上の表彰あり)

優勝者は、第23回日本カラオケボックス大賞(静岡)の東京地区代表としての出場を決めました。

東京カラオケボックス防犯協力会の主催のもと、東京中のカラオケボックスの店舗の力を結集して、カラオケで東京を盛り上げる、東京最大級のカラオケ大会となりました。

詳細は「東京カラオケグランプリ特設サイト」まで。

池袋昭和歌謡のど自慢2015を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2015年9月20日(日)に開催されるカラオケ大会「池袋昭和歌謡のど自慢2015」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:池袋西口公園屋外ステージ(池袋駅西口徒歩すぐ)
●出場人数:80名(2コーラス歌唱)
●表彰:優勝その他各賞を用意(20名以上の表彰あり)
●優勝賞金:5万円
●歌唱対象曲:昭和時代(1988年まで)に発表された曲

主催は、立教大学・豊島区・東京芸術劇場による「池袋=自由文化都市プロジェクト」。池袋の発展とともに人々を支えた昭和の名曲が、この日、池袋西口公園に蘇りました。

詳細は「池袋昭和歌謡のど自慢2015特設サイト」まで。

唯野奈津実のカラオケ著書

新東京カラオケグランプリ2017

唯野奈津実プロデュース大会、エントリー受付中。
新東京カラオケグランプリ2017
開催日:08月12日(土)
会場:大田文化の森ホール(最寄駅:JR京浜東北線大森駅)
優勝賞金:5万円
入賞数:30賞
募集組数:100組
受付締切:07月10日(月)

2016年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

日本カラオケボックス大賞2017

日本カラオケボックス大賞2017東京都代表選考会
開催日:07月01日(土)
会場:カラオケファンタジー水道橋店(最寄駅:JR中央線水道橋駅)
優勝特典:日本カラオケボックス大賞2017東京都代表出場権
入賞数:5賞
募集組数:20組
受付締切:06月18日(日)

ゆいのなつみ公式Twitter

唯野奈津実の著書第二弾

スキマ評論家

副業革命!スキマ評論家入門

評論家になるための入門書。唯野奈津実の「カラオケ評論家」のように、あなたも早速評論家になってみよう!

カラオケチェーン店リンク

ビッグエコー
まねきねこ
カラオケBanBan
シダックス
コート・ダジュール
ジャンボカラオケ広場
カラオケ館
JOYSOUND直営店
コロッケ倶楽部
カラオケルーム歌広場
歌うんだ村グループ
カラオケCLUB DAM
カラオケの鉄人
わくわくカラオケグループ
カラオケ歌屋
カラオケJOYJOY
ジャパンカラオケ
カラオケマック
カラオケレインボー
カラオケ招福亭クレヨン
カラオケ時遊館
カラオケマイム
カラオケパセラ
バンガローハウス
サウンドパーク
カラオケモコモコ
GESTグループ
フラココ&パークサイド
カラオケ747
カラオケ合衆国
遊ランドグループ
カラオケシティベア
カラオケアーサー
ドレミファクラブ
カラオケマッシュ
コロナ&ヴォイスキャッツ
カラオケA.Q.A
歌のステージ19
カラオケスカイ
クイーンズエコー
カラオケデイ・トリッパー
カラオケパークベスト10
カラオケJOYグループ
カラオケハピカラ
カラオケアジアン
カラオケグー
メロディランド
カラオケスタジオジョッコ
カラオケ歌之助
カラオケONE
カラオケドヌオス
カラオケバスター
カラオケ漫遊來 + ドルフィン
カラオケスタジアム
カラオケラミューズ
エル・トレイン
カラオケストランド
カラオケラジオシティー
カラオケバンダイ
カラオケガウディ
カラオケルームロックス
カラオケアドアーズ
カラオケナンバーナイン
カラオケHAPPY
カラオケムーン + シンシア
バナナクラブ
カラオケ804