カラオケ評論家活動

熊本地震における各カラオケ店の募金支援情報をまとめました。

投稿日:2016年4月21日 更新日:

この度の熊本地震で被災されている多くの方々について、
心よりお見舞い申し上げます。

唯野自身も、昨年2015年9月の鬼怒川氾濫災害によって、
茨城県常総市の自宅が2メートル近い浸水を被るといった被害を受けまして、
誰もが被災者となりうる可能性がある」ということを身を持って体験しております。

(唯野奈津実の鬼怒川氾濫被災体験記については以下をご参照ください)。
http://ameblo.jp/yuinonatsumi/entry-12072709446.html

昨年、全国の多くの方々に助けていただいた常総市民としても、
唯野もまた、今回の熊本地震の被災者に対して、
募金等で少しでもお力になれればと思っています。

さて、この度の大災害について、
多くのカラオケチェーン店においても、フロントなどで募金箱を設置の上、
支援活動を行われています。

そこで、各カラオケチェーン店での支援活動について、以下に紹介させていただきます。

●ビッグエコーさん(カラオケボックス全国店舗数第1位)
レジカウンターに募金箱を設置し、日本赤十字社を通して被災地へ寄付。
http://big-echo.jp/kumamotocharity/

●シダックスさん
カラオケボックス、企業食堂においても募金箱を設置、グループとして自治体へ寄付。
http://www.shidax.co.jp/upload/943/20160420%20sdx_H28kumamotojishin_gienkinact.pdf

●ジャンボカラオケ広場さん
店舗のカウンターに募金箱を設置、熊本県を通して被災地に寄付。
http://jankara.ne.jp/info/gienkin/

●カラオケ館さん
カラオケ館さんをはじめグループ店舗全てに募金箱を設置、熊本県共同募金会を通して被災地に寄付。
http://karaokekan.jp/campaign/2016041801.html

●JOYSOUND直営店さん
レジカウンターに募金箱を設置し、日本赤十字社を通して被災地へ寄付。
http://shop.joysound.com/news/kumamoto-bokin/

●コロッケ倶楽部さん(カラオケボックス九州地区店舗数第1位)
系列の介護施設「さわやか倶楽部」さんにて要介護認定の被災高齢者を無償受け入れ。
http://www.uchiyama-gr.jp/ir/upload_file/tdnrelease/6059_20160415458842_P01_.pdf

●歌うんだ村グループさん
歌うんだ村さんをはじめ、庄やグループ店舗に募金箱を設置、熊本県を通して被災地に寄付。
http://www.daisyo.co.jp/newsrelease/?p=1060

●カラオケ歌屋さん(カラオケボックス北海道地区店舗数第1位)
レジカウンターに募金箱を設置し、日本赤十字社を通して被災地へ寄付。
http://www.takahasi.co.jp/release/?p=858

以上、主なカラオケチェーン店を調べさせていただきました。
特に、北海道のみの店舗運営である株式会社タカハシさんの「カラオケ歌屋」さんの支援は
大変にありがたいところです。

ほか、サイト告知がなくても、現場レベルで救援対応されている店舗も多いかと思います。
カラオケは日本発祥の、日本人にとって最もポピュラーな娯楽。
カラオケボックスでのこうした募金活動は、多くの方々の目に映り、
多くの方々による救援効果が期待できるはずです。

日本全国からの支援、そして一日も早い熊本・大分の被災地区の復旧をお祈りしております。

<追伸>
九州地区の代表的なカラオケボックスのサウンドパークさんですが、
04/20現在もまだ、熊本市内の店舗が臨時休業となっています。
一日も早い復旧を心より応援しております。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・制作協力・各種相談はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)