カラオケ評論家活動

JOYSOUNDアンバサダーpresents 国際カラオケパーティー

投稿日:

JOYSOUND品川港南口店に行くと、どこかで見たロボットがお出迎えしてくれます。

11
よく見ると胸のディスプレイに「社員証」って書いてあるし。。
話しかけると(的はずれな)返事をしてくれるので、見かけたらぜひお声がけください。
七味カラ助くんです。

さて、JOYSOUNDアンバサダー企画による「国際カラオケパーティー」が開催されましたので、
観覧取材に行ってまいりました。

これまで東京・名古屋で展開し、大阪での展開も決まっている「撮影女子会コラボルーム」や、
01/31に開催された「歌姫女子会カラオケ大会」に続く、
JOYSOUNDアンバサダー企画第三弾(たぶん)。

今回のコンセプトはカラオケで世界を繋ぐ、ということのようで、
さまざまな国籍を持つカラオケユーザーを、
JOYSOUND品川港南口店2階のイベントスペース「J-SQUARE」に集めた
国際的なカラオケイベントの開催となりました。

「国際」ということで、日本人の場合は、極端なまでの和装で日本を表現します。
たとえば。

12
鎧兜で歌ったりとか。

17
巫女さんがいたりメイドさんがいたりローラさんに似た方がいたりとか。

16
このように会場はクラブさながら。
洋楽やK-POPなど、インターナショナルに知られているヒット曲のカラオケ演奏とともに、
会場中で歌って踊ってという非常にパワフルなイベントでした。
もちろん「女々しくて」や「つけまつける」など、日本のヒット曲もたくさん歌われました。

中にはこのようなウクレレステージという、ちょっとほっとするステージも。

13
ウクレレ=ハワイ、ということですね。
欲を言えば、バックに情熱的なフラダンサーがいるとさらに◎でしたね。

15
最後は来場者全員で「We are the world」。
うたスキ動画で撮影していますので、
後日JOYSOUNDのうたスキサイトにアップされるはずです。
数十人による大迫力のステージをぜひご堪能ください。

14
といった感じで開催された国際カラオケパーティー。

ご存知の方も多いと思いますが、カラオケは日本発祥の文化です。
カラオケは、能や狂言、囲碁や将棋と同様に、世界に誇るべき日本文化なのです。

そのカラオケを通して世界中の手を仲良く繋ぐことができれば、
カラオケ評論家としてこれ以上の喜びはありません。
カラオケのインターナショナル化に向けて、唯野も出来る範囲で尽力してまいりたいと思います。

JOYSOUNDアンバサダーの特徴は、
主に学生さんが中心となって企画を立案し、イベント化して盛り上げていっている点。

もちろん、正直に言えば、
「東京カラオケグランプリ」など数々のカラオケイベントを運営した
カラオケイベント運営のプロでもある唯野から見れば、諸々の改善余地は垣間見えます。。

とは言え、それでも学生さんの持つパワーは、凄い。
怖いもの知らずの体当たり精神で作り上げるイベントによって、
机上論では決して想像もつかない、大いなる可能性と結果が生まれることもあるはずです。
ぜひとも、唯野の想像をも超える「カラオケ・ビッグ・バン」を期待しています。

02
JOYSOUNDアンバサダーの中心グループの方々と記念撮影。
唯野の向かって右隣のオレンジの甲冑姿の女性がアンバサダーリーダーの宮嶋玲奈さん。
20歳の大学二年生です。
エネルギーのある素敵な女性ですので、個人的にも応援しています。
次回はどんなアンバサダー企画で唯野やカラオケユーザーを驚かせてくれるのか、
楽しみに見守らせていただきます。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・制作協力・各種相談はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)