唯野奈津実のカラオケの世界~カラオケ評論家のカラオケポータルサイト

日本で唯一の「カラオケ評論家」(商標登録済み)・カラオケ大会プロデューサー。カラオケ業界のスポークスマンとしてテレビ・ラジオ出演多数。カラオケ記事の連載経験多数。コロナ禍のカラオケ業界の課題と取り組みなどお話しします。取材依頼・出演依頼歓迎。

カラオケ評論家活動

DAM★ともマスコット vs JOYSOUNDアンバサダー

投稿日:

DAM★ともで、マスコットとして宣伝役を担ってくれるユーザーさんを募集しています。

11
http://www.clubdam.com/app/damtomo/common/page.do?type=damtomo&source=A00329&subType=audition

ざっとみた感じ、募集のタイミングといい、
先行して募集を開始したJOYSOUNDアンバサダー企画を意識している気がします。

12
https://camp.joysound.com/amb/

どちらも、一般ユーザーに宣伝役として活躍してもらい、
それぞれの機種のブランド力の強化を期待した企画です。

唯野的には、一般ユーザーを活用するという狙いは非常に良い試みかと思います。
カラオケファンというものは、本当にカラオケが大好き。
大好きなカラオケのためなら、率先して積極的に喧伝してくれるはずです。
しかも、メーカーからするとさほど大きなコストも掛かりません。

これまで、宣伝と言えば、高いお金を払って有名人を広告等に立てて
有名人の名前を訴求力として期待するものが多かったもの。
カラオケ店でも多いですね、有名人とのコラボレーションルーム企画。
…あれは、肖像権等の権利費用や部屋を装飾する費用を考えると
唯野的には、費用対効果という観点で懐疑的です。。

今は「高嶺の花」の有名人に憧れる時代ではありません。
「会いにいけるアイドル」が支持される時代です。

なので、有名人に高いお金を払ってまでブランディング効果を狙うよりも、
DAM★ともマスコット、JOYSOUNDアンバサダーといった、
カラオケをこよなく愛するユーザーに広告塔に立ってもらう企画のほうが、
コスト・効果、双方の観点から見てメリットが大きいと思います。

もっとも、DAM★ともマスコットは、オーディションを行って人員を厳選する方針のようですが、
JOYSOUNDアンバサダーの方は、基本的にどなたもウェルカムで、広く募集しています。

また、DAM★ともマスコットの応募資格に
 ・マスコット期間中は他社での動画活動等をご遠慮頂ける方
とあるあたりは、さすがに第一興商さんだなと思いました。

ともあれ、今後のそれぞれの展開に期待しています。

カラオケ評論家 本記事に関するお問い合わせ・取材依頼は以下から承ります。日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実(ゆいのなつみ)に何でもお聞きください。

唯野奈津実へのお問い合わせはこちら

当サイトのトップページはこちら

唯野プロデュースオンラインカラオケ大会
「新東京カラオケグランプリ2021」
(略称:TKGオンライン)

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに出演しています。コロナ禍におけるカラオケ業界の「本音」など、取材に何でもお応えします。
お問い合わせ・業務依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

JOYSOUND全国カラオケ大会など、多くのカラオケ大会で審査員を務めた唯野奈津実が、あなたの歌唱を拝聴の上、3営業日以内にアドバイスコメントを記載した審査表を作成します。
唯野カラオケ教室(寸評作成)