カラオケ大会情報

カラオケ館さん「カラ館カラオケバトル」CDエントリー受付開始。

投稿日:

無題2
カラオケ館さんの賞金1000万円企画「カラ館カラオケバトル」。
予選から決勝まですべて精密採点DXによる採点で判定するということで、
この夏のカラオケファンの話題を大きく集めています。

ところで、この「カラ館カラオケバトル」。
当初の想定以上にエントリー者が殺到したようで、締切日の9/30になる前に、
エントリーに必要な「エントリーパスポート」が完売したとのことでした。

というわけで、急遽、別のエントリー方法が提示されました。
カラオケ音源をCDに録音して郵送する「CD応募」とのことです。

大会規約を見る限り、CD応募に関しては、採点うんぬんで決めるわけではなさそうです。
純粋に音源審査をするようにも読み取れます。

また、一時予選通過枠も、
これまでの精密採点DXの高得点者上位300人に、CD音源通過者枠が追加されました。
そういう意味では、純粋100%の精密採点DXの大会ではなくなったと言えますね。

CDエントリーは、1曲につき審査料2160円(税込)が必要とのこと。
相場的にやや高め、という感はしますが、そこは優勝賞金1000万円ならではなのでしょう。

精密採点DXによらない、音源審査によるエントリー。
純粋な歌唱力に自信のあるあなた、1000万円を目指してチャレンジしてみませんか?

 

<所感>
7月の「カラ館カラオケバトル」発表当時、私・唯野はこのようにつぶやきました。

無題3

無題

公式にも情報が少ないのでまだなんとも言えないですが、
カラオケ館さんの「カラ館バトル」、精密採点による大会のようです。
「優勝賞金1000万円」とのことなので、
採点マニアさんが殺到して100点満点の連発が予想されますが、だいじょうぶかな。

「『誰もが認める歌唱力を持った、最強の歌い手』を大募集します!」のキャッチと、
精密採点DXオンリーでの審査方式とが、どうしても紐付かないですね。。
採点で優劣を決めるカラオケ大会はOKですが、
ならば「来たれ最強の採点マスター!」くらいのコピーのほうがしっくりくる感がします。

テレビの取材で「カラオケを上手く歌うコツを教えてください」と聞かれたので答えたら、
放送では「カラオケで高得点を取るコツ」と紹介されていたことが、
過去に何度かあります(その逆もありますが)。
このあたりを混同されている方は、想像以上に多い気がしています。

正直、業界上層部の方々は、カラオケマニアの「凄さ」を知らない場合が多いです。。
1000万円の出処(スポンサー)など、気になるところは多々ありますが、まずは詳細待ちですね。
せめて、予選=精密採点、本戦=専門家による採点、が理想かなと。

今回のような「仕様変更」に至った推測ですが、おそらく唯野の予想は当たりだったと思っています。

つまり、運営側の想定以上に100点満点獲得者が続出したのではないかと。
(仮にそうでないのであれば、面倒な手続きのCDエントリーという仕組みを導入するよりも、
今からでもエントリーパスポートを増産するほうが、よほど話が早いはずです)。

つぶやきにもありますように、
業界上層部の方々は、カラオケマニアの「凄さ」を知らない場合が多いです。
特に、カラオケ採点の攻略については、2004年以降のランキングバトルの大流行以来、
数多くのカラオケファンが挑み、情報を共有し、解明してきた歴史があります。

精密採点DXの誕生は、LIVE DAMの発売時期に遡りますので、2010年10月。
実はもう、サービス展開されてほぼ4年が経っているのです。

確かに精密採点DXは今でも、採点機能のみならず、UI、ミュージック等を含めて、
現存する最高のカラオケ採点機能であることは間違いないですが、
それでも、多くのカラオケファンに長年使われている以上、
高得点を出すテクニックもある程度、カラオケファンの間では解明・共有されているものです。
(もちろん、だからと言って決して「誰でも出せる」わけではなく、相応のスキルが必要ですが)。

精密採点DX02

こうしたカラオケファンの採点に関する熱意に、賞金1000万円という強力な動機がプラスされれば、
日本全国数多くのカラオケ採点マニアさんが殺到するのは、目に見えています。

そういう意味でも、ちょっと運営側で読み違えがあったのかなとは推測しています。

とは言え、「決勝まで精密採点DXで優劣をつける!」とアドバルーンを上げたのであれば、
ぜひとも最後までブレずに突き進んで欲しいと思います。

たとえ優勝者が「誰もが認める歌唱力を持った、最強の歌い手」ではなく、
「採点歌い」を駆使して高得点を稼ぐカラオケ採点ゲーマーさんであったとしても。
それはそれで、非常に高度なスキルではありますので。

いずれにせよ、今後の「カラ館カラオケバトル」の展開、楽しみに見守りたいと思います。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・情報提供依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)