カラオケ大会情報

ついに開催。JOYSOUND全国カラオケ大会2018。

投稿日:2017年11月28日 更新日:

とうとう山が動きました。
日本中のカラオケファンが待ち望んでいた、JOYSOUNDの大型カラオケ大会の開催です。


「JOYSOUND全国カラオケ大会2018」
https://www.joysound.com/web/s/kc/2018

唯野は以前より当サイトや各メディアで何度も申し上げていました。
いわゆる「歌うま層」の大半は、カラオケではほとんどがDAMを選択すると。

その理由は、DAMを展開する第一興商さんは歴史的に、
「全日本カラオケグランプリ」「KWC~カラオケ世界大会」をはじめ、
数多くの大型カラオケ大会を積極的に運営してきたことにあります。

つまり、大会出場を目指している歌自慢ほど、本番での活躍を狙って、
大会で使用される機種であるDAMで歌い込み、日々練習を積んでいくわけです。

そして今回、JOYSOUNDによる全国的なカラオケ大会が誕生しました。
となると、JOYSOUND全国カラオケ大会の出場希望者は当然、
大会で使用される機種であるJOYSOUNDで歌い込み、日々練習を積んでいくことになります。

その結果、どうなるのか。
…個人的にすごく興味深いところであります。

さて、今回のJOYSOUND全国カラオケ大会2018ですが、
キャッチコピーが非常に秀逸です。

以下、引用紹介いたします。

聴きたいのは、心動かす、魅せる歌声。

ひと度マイクを握れば、部屋の空気が変わる。歌い始めで、心奪われる。
そんなパフォーマーを、JOYSOUNDは探している。
日本中のカラオケユーザーが待ち望んでいる。
必要なのは、歌のテクニックではない。
歌いたい!という純粋な想いや、伝えたい!という強い気持ちがあれば、
誰の歌声だってきっと変わる。
ぜひ、あなたの歌声を、聴かせてください。

歌に対する想い、情熱、そして心を求めている、と。
JOYSOUND MAXのキャッチコピー「大声出そうぜ。」に通じるものがあります。

歌うということは、自然なことで、身近なことで、気軽なことで、決して身構えることではない。
ただ、想いを乗せて、気持ちを込めて歌えば、それでいいんだ。

…そんなメッセージが伝わってくるような、本当に秀逸なキャッチコピーと思います。

そして、このキャッチコピーの心どおり、
応募については、非常に広く門戸が開かれています。

出場料は、無料。
出場資格は、日頃からJOYSOUNDを御愛顧いただいているお客様。
つまり、事実上、どなたもウェルカムという大会です。
(ただし、プロ歌手としてある程度の活動実績のある方は対象外とのことです)。

以下、要項を簡単に紹介します。

◆出場料:無料
◆応募方法:はがきもしくはWeb(応募者多数時は事務局にてエリア選考会出場者を選出)
◆応募期間:2017/11/25~2018/01/15
◆エリア選考会:全国13か所(開催15回)(2~3月)
◆エリア決勝:全国3か所(東京・大阪・福岡)(5月)
◆決勝大会:東京(6月)
◆優勝賞金:100万円

応募選考→エリア選考会→エリア決勝→大会、といったトーナメント方式ですね。
人数等の公表はありませんが、
おそらくある一定数の上位成績者が次のステージに進んでいくことかと思います。

何はともあれ、一つだけ確実に言えることがあります。
無料なので、エントリーしても全く損はありません。

日本中の多くのカラオケユーザーの方々に門戸を広く開いた
「JOYSOUND全国カラオケ大会2018」。
ぜひエントリーしてみてはいかがでしょうか?

<追伸>

「JOYSOUND全国カラオケ大会2018」と明記するぐらいですから、
当然「JOYSOUND全国カラオケ大会2019」も想定していますよね、エクシングさん。

<追伸2>

先日の唯野のTweetを引用紹介します。

2017年は数多くのカラオケ大会が誕生しました。

大企業主催の大会で上手くいかなかったものもあれば、
一般ユーザー主催の大会で成功を収めたものもあります。

成否を分けるポイントはひとえに「出場者目線」の有無かと思います。
唯野も基本を忘れず、2018年も良い大会を追求・提案してまいります。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・情報提供依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)