カラオケ大会で世代を超えたコミュニケーションを。

日本で初めてコンテナ型のカラオケボックスが登場したのは1985年と言われています。

無題
日本で最初のカラオケボックスとされる岡山市の「イエローボックスカラオケひろば」。
(2015年07月:唯野撮影)。

カラオケと言えばそれまで、スナックでお父さんたちがお酒を飲みながら歌う余興でした。
カラオケボックスの誕生によってカラオケは酒場から外の世界に飛び出し、
老若男女が楽しめる娯楽となったのです。

今の世代の子供たちは、生まれた時からカラオケを身近に感じている世代です。
ということもあり、昔に比べて歌の上手い子供たちが格段に増えたと言われます。
これぞまさしく、カラオケ文化の効能ですね。

唯野が開催するカラオケ大会でも、小学生・中学生といったお子様がエントリーされ、
その方々が優秀な成績で入賞することもしばしばです。

とは言え、子供の出場者と大人の出場者を同等の基軸で審査することもまた
なかなか難しいものではあります。

「子供だから、歌っている姿がかわいいから良い点数にしよう」
「子供だから、ちょっと惜しいところあるけど、将来性があるからおまけしよう」
「子供だから、会場が沸いたから、良い評価にしてあげよう」

といった目線に、つい審査員がなってしまわないとは限らないためです。

審査員は当然、音楽のプロではありますが、同時に一人の人間でもあります。
こうした「子供ってかわいいし…」的な感覚が瞬間的に頭をよぎることも、
場合によってはあるのかもしれません。

もちろんこうした感情は、審査の場ではいったんシャットアウトすべきです。
なので「子供だから…」という理由で評価を甘くするカラオケ大会には唯野は反対です。
審査は、出場者が大人か子供かに関わらず、冷静かつ公平なものであるべきです。

ただ、思うのですが、本当に上手な子供の方もまたいらっしゃるものです。
そんな、本当に大人顔負けの素晴らしい歌唱を披露した子供に対し、
後から「子供だから審査が甘かった」と言ってくるのもどうかとは思います。。

唯野の昔話。
その昔、ご年輩の方々が9割以上を占める大会に唯野も度々出場していました。

モノクローム・ヴィーナス.mpg_snapshot_01.41_[2016.02.23_23.10.55]
15年前の唯野(当時25歳)。

結果はさまざまでしたが、幸運にも良い賞を戴くことも多かったです。
ただその際に、

「いいわね、若い人は贔屓されて…」

と言われることが稀にありました。
これは唯野だけでなく、唯野と一緒に出場していた同年代のカラオケ仲間も、
同様の経験を何度かしていると当時聞きました。

自分なりに一生懸命に歌ってきたつもりですが、そのような感想を持たれてしまい、
何だかやりきれない虚しさを感じたことを今でも覚えています。。

確かに、ご年配の方々が数多く出場されるカラオケ大会の中で、
唯野のような比較的若い世代(それでも当時30歳前後でしたが)は、
ぱっと目を引きますし、審査員にとっても新鮮に映ったことかと思います。
あるいはですが、そうした「若さ」が実力以上の審査結果として紐づいた大会も、
中にはあったのかもしれません。

とは言え、そうしたボーナス点を狙ってカラオケ大会に出場していたわけではありません。
純粋に、歌が好きで、歌を一生懸命披露したいから、カラオケ大会に出場していました。

「だったら、若い世代ばかりが集まるカラオケ大会に出場すれば良かったのでは?」
と思われる人もいるかもしれません。
しかしながら、当時(10年以上前)はなかなかそのような大会は見当たらず、
カラオケ大会と言えば、カラオケ喫茶主催や演歌系のカラオケ雑誌主催の、
ご年配の方々をターゲットとしたものがほとんどだったのです。

このとき唯野は、カラオケ文化の「世代間断絶」を身をもって感じました。
カラオケは、老若男女が楽しめる娯楽のはずなのに。。

話を戻しましょう。
カラオケ大会で子供部門と大人部門を分けるべきと言う人もいます。
まさにこれは、10年以上前の唯野が感じた

「若い人は若い人だけでカラオケ大会をやってくれ」
「俺たちの縄張りに入って来ないでくれ」

といった、ある種の「住み分け」のようにも思えてしまうのです。。

たとえば世代によって部門分けをすることは可能です。
子供部門、若年部門、壮年部門、そしてシニア部門。

でも、、はたしてその住み分けに何の意味があるのかと感じてしまうのです。
カラオケ大会で「自分の出番に自分が歌えばそれで良い」というのはなんだかもったいない。
人の歌を聴くというのもまた大きな楽しみであって欲しいと思うのです。

ご年配の方々にも若い世代のポップスを聴いて欲しいですし、
若い世代の方々にもご年配の演歌を聴いて欲しい。
上位を目指して張りつめられている方にも、お子様の歌でほっこりして欲しいですし、
歌が大好きなお子様にも、真剣な出場者の鬼気迫る凄い歌唱を体感して欲しい。

23
唯野奈津実プロデュース、池袋昭和歌謡のど自慢2015(閉会後)

100人の出場者がいれば、100人それぞれのバックボーンがあります。
それぞれが世代や背景を超えて交流し合えるところにもまた、
カラオケ大会の面白みがあるのかなと思っています。

「大会=審査結果がすべて」ではなく「大会=コミュニケーション」。
カラオケを通じて出場者同士の輪が広がれば最高ですよね。

そういう意味でも、10年以上前の唯野が感じた世代間の妙な「壁」を取っ払って、
大人も子供も同じ土俵で楽しめ、同じ空間で互いを称え合う、
そういう大会が理想だなと考えています。

とは言え、審査は審査。
子供だから、ご年配だからという理由で点数を甘くなるような審査は決して良くないです。
なので、審査員の先生方には主催側の方から事前に、
「子供・ご年配だという理由で点数が甘くならないようにお気をつけください」
といった「審査上の注意」を提示しておくのが良いかと思います。

そしてそのうえで、全ての世代が混じったカラオケ大会のもと、
お子様、ご年配の方々が見事な好成績を残されたとすれば、
それは大変に素晴らしいことかと思います。

カラオケ評論家を商標登録しました。

カラオケ評論家

「カラオケ評論家」は唯野奈津実の登録商標です。
日本で唯一のカラオケ評論家として、取材・執筆等の依頼を承っております。
カラオケ特集コーナーの企画相談・出演依頼など、
お気軽にお問い合わせください。

カラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースします。

地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

53

地域の活性化、集客の目玉イベントとして、カラオケ大会を開催してみませんか?
エンジョイシングでは、カラオケ大会の開催に向けたトータルプロデュースを承っています。

・レーベル・レコード会社の所属アーティストの宣伝を兼ねたカラオケ大会
・地方自治体の運営する市民イベント(夏祭りなど)
・カラオケ店が自店で開催するカラオケ祭り(カラオケコンテストなど)
・カラオケチェーン店による自社ブランドのカラオケ大会(○○社杯カラオケ大会など)
・ショッピングモール全体を使った「店起こし」のイベント(お客様感謝イベントなど)

・etc..

お気軽に下記までご相談ください(相談無料、予算に応じた提案可能です)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

★カラオケメーカー・チェーン店の本社関係者様★

いつも当サイト「唯野奈津実のカラオケの世界」にアクセスいただきありがとうございます。

1日平均5000アクセスの当サイトは、日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実がカラオケの最新情報を紹介しながら、経営目線・ユーザー目線それぞれからの論評を展開していく、総合的カラオケポータルサイトです。

当サイトの最大の特徴は、「カラオケ評論家」という、いずれの企業にも属さないニュートラルな立場による論評提示にあります。

当サイトに毎日アクセスしていただければ、競合他社のニュースや動向をいち早く掴むことができ、ニュートラルな視点におけるカラオケ業界の状況分析をすることができます。

社内イントラをお持ちの業者様がいらっしゃれば、社内ポータルサイトに当サイトのリンクを張っていただければ、最新のカラオケ事情を全社員が素早く共有できることと思います。

当サイトはリンクフリーですので、リンクを張られる際に、エンジョイシング・唯野に確認する必要はございません。御社内での情報共有の促進に、当サイトを今後ともぜひご利用ください。

第3回わくわくカラオケグランプリを開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、株式会社メロ・ワークス様主催の大型カラオケ大会「第3回わくわくカラオケグランプリ」の総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 2016年10月23日(日)
●会場:ホテルサンルート有明(国際展示場前駅すぐ)
●出場人数:80名(事前選考による合格者)
●審査委員:中本直樹先生(音楽プロデューサー)他3名
●表彰:優勝賞金10万円、他各賞を用意(30名程度の表彰)

首都圏に54店舗を展開する大手カラオケボックスチェーン「わくわくカラオケグループ」主催のカラオケ大会として、応募総数400名以上の中から選考を通過した80名のご出場者ならびにご観覧者様で満員の会場の中、開催いたしました。

詳細は「わくわくカラオケグランプリ特設サイト」まで。

★カラオケ大会をプロデュースします★
地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

お気軽に下記までご相談ください(相談無料)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

東京カラオケグランプリ2016を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2016年8月13日(土)に開催されたカラオケ大会「東京カラオケグランプリ2016」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:角筈区民ホール(新宿区)
●出場人数:100名
●審査委員長:相田篤考先生(音楽プロデューサー)
●表彰:優勝その他各賞を用意(30名以上の表彰あり)

優勝者は、第23回日本カラオケボックス大賞(静岡)の東京地区代表としての出場を決めました。

東京カラオケボックス防犯協力会の主催のもと、東京中のカラオケボックスの店舗の力を結集して、カラオケで東京を盛り上げる、東京最大級のカラオケ大会となりました。

詳細は「東京カラオケグランプリ特設サイト」まで。

池袋昭和歌謡のど自慢2015を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2015年9月20日(日)に開催されるカラオケ大会「池袋昭和歌謡のど自慢2015」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:池袋西口公園屋外ステージ(池袋駅西口徒歩すぐ)
●出場人数:80名(2コーラス歌唱)
●表彰:優勝その他各賞を用意(20名以上の表彰あり)
●優勝賞金:5万円
●歌唱対象曲:昭和時代(1988年まで)に発表された曲

主催は、立教大学・豊島区・東京芸術劇場による「池袋=自由文化都市プロジェクト」。池袋の発展とともに人々を支えた昭和の名曲が、この日、池袋西口公園に蘇りました。

詳細は「池袋昭和歌謡のど自慢2015特設サイト」まで。

新東京カラオケグランプリ2017

唯野奈津実プロデュース大会、8月12日開催。
新東京カラオケグランプリ2017
会場:大田文化の森ホール(最寄駅:JR京浜東北線大森駅)
優勝賞金:5万円
入賞数:33賞
(大会は終了しました)。

2016年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  

日本カラオケボックス大賞2017

日本カラオケボックス大賞2017東京都代表選考会
開催日:07月01日(土)
会場:カラオケファンタジー水道橋店(最寄駅:JR中央線水道橋駅)
優勝特典:日本カラオケボックス大賞2017東京都代表出場権
(大会は終了しました)。

カラオケチェーン店リンク

まねきねこ
ビッグエコー
カラオケBanBan
シダックス
コート・ダジュール
ジャンボカラオケ広場
カラオケ館
JOYSOUND直営店
コロッケ倶楽部
カラオケルーム歌広場
カラオケCLUB DAM
歌うんだ村グループ
カラオケの鉄人
わくわくカラオケグループ
カラオケJOYJOY
カラオケ歌屋
ジャパンカラオケ
カラオケマック
カラオケレインボー
カラオケ時遊館
カラオケマイム
カラオケパセラ
サウンドパーク
カラオケ招福亭クレヨン
カラオケモコモコ
バンガローハウス
フラココ&パークサイド
カラオケ747
GESTグループ
カラオケ合衆国
遊ランドグループ
カラオケシティベア
カラオケアーサー
ドレミファクラブ
カラオケマッシュ
コロナ&ヴォイスキャッツ
カラオケA.Q.A
歌のステージ19
カラオケスカイ
クイーンズエコー
カラオケデイ・トリッパー
カラオケパークベスト10
カラオケJOYグループ
カラオケハピカラ
カラオケアジアン
カラオケグー
メロディランド
カラオケスタジオジョッコ
カラオケ歌之助
カラオケONE
カラオケドヌオス
カラオケバスター
カラオケ漫遊來 + ドルフィン
カラオケスタジアム
カラオケUNO
エル・トレイン
カラオケストランド
カラオケラジオシティー
カラオケJB
カラオケバンダイ
カラオケガウディ
カラオケルームロックス
カラオケアドアーズ
カラオケナンバーナイン
カラオケHAPPY
カラオケムーン + シンシア
バナナクラブ
カラオケ804