カラオケ店舗情報

JOYSOUND「ヒトカラパスポート」

投稿日:2016年2月22日 更新日:

これはありそうでなかった試みですね。
JOYSOUND直営店さんの「ヒトカラ」パスポート。

02

https://camp.joysound.com/hitokarapass/?from=sptop

スマホに必要事項を登録の上、受付で提示すればOKとのことです。
ただ、これを提示することによる特別なサービス(割引など)があるわけではないようです。

公式サイトによると、この「ヒトカラパスポート」は、
「一人で…」と言わなくても済むので入店するのが恥ずかしくない…、
といったメンタル的な部分でのメリットがあるそうです。

(一人カラオケに慣れている唯野からすると、
これを提示する方がむしろ恥ずかしい気もしますが…)。

最近は採点や録音・録画といった一人でも楽しめるコンテンツが充実していることから、
一人でカラオケに行くことは昔に比べてかなり一般的になってきました。

唯野が多くのカラオケチェーン店の本社の方々から伺ったお話でも、
今では来店されるお客様のうち、約3割は一人での来店と聞いています。

唯野は1990年代から一人カラオケを始めていますが、
確かにその頃はフロントで人数を聞かれるのがかなり恥ずかしいものでした。
「一人です」とはなかなか言えずに、
「二人です、後からもう一人来ます」
などと言って、一人で二人分の料金を払ったこともしばしばでした。。

その頃に比べれば、今ではお客様の三割は一人カラオケと言われています。
JOYSOUND直営店さんの「ヒトカラパスポート」。
もしも20年前にあったならば、唯野はかなり重宝していましたね。

今やカラオケボックスのお客様の3割が一人カラオケのお客様と言われる時代。
大分、一人カラオケへの抵抗感も薄まってきていると思います。
そんな中での、こうしたユニークなサービスは個人的には面白く思えます。
一人カラオケのベテラン、自称一人カラオケパイオニアの唯野も初心に帰って、
今度このヒトカラパスポートをJOYSOUND直営店で提示しようと思います。

<追伸1>
「ヒトカラ」はエクシングさんの登録商標です。
なので「ビッグエコーさんにヒトカラに行く」「DAMでヒトカラしてきた」などの表現は、
知っている人からすればちょっと微妙な表現になります。。
(とは言え、一般のカラオケユーザーはさほど気にする必要はありませんが)。

<追伸2>

03
この間唯野が伺ったJOYSOUND直営店さんは自動延長制になっていました。
知らなかったのでちょっと戸惑いましたが、個人的には自動延長制は大歓迎です。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・制作協力・各種相談はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)