カラオケ評論家活動

唯野なりの「気の持ちよう」~数学的帰納法から。

投稿日:2016年10月6日 更新日:

良かれと思ってしたことが裏目に出てしまい、つい凹むこともあります。
多くの方々と同様、唯野も凹むと落ち込みますし気持ちも萎えてしまいます。。

そんな時の、唯野なりの「気の持ちよう」を改めてまとめてみました。

高校数学で学習する「数学的帰納法」。

数学=難解で複雑怪奇な式の羅列…、と思われる方も多いでしょうが、
数学とはもともと論理学の一種で、物事をロジカルに組み立てて確証を得る学問なのです(多分)。

命題a. 今日は幸せである
命題b. 今日が幸せであれば明日も幸せである

aとbの両方が正しいのであれば幸せな日々が数珠つなぎとなり、
結果、一生幸せであると言えます。

もっとも、数学であれば命題の正しさを論理的に証明することもできますが、
単なる概念にすぎない「幸せ」を証明する術も定義する術もありません。

なので、信じるしかないのです。
aもbも正しいと。

平たく言えば、今日と明日が幸せであれば、一生幸せなはず、と。
そういう意味でも、
今日一日をがんばり、あとせめて明日一日だけはがんばろうとすれば良いのかとも。

目の前のお仕事を、とにかく一生懸命に。
先のことは考えずに、少なくとも今日と明日だけは一生懸命にがんばる。

その積み重ねが結果として成果に繋がるのかなとも思います。

あとは気分転換ですね。
逆説的な言い方ですが、目の前の仕事・問題をいったんきれいさっぱり忘れて、
頭の中をいったんリセットすれば、
視野も広がって「気の持ちよう」にも余裕も出てくるかと思います。
何もかも忘れて夢中になれるものがあれば、時間を忘れてそれにのめり込むのも良いかと思います。

そしてスッキリしてから、改めて、とりあえず今日と明日をがんばる。
普通の人ができることはこのぐらいかと思います。
しかしながら、これができれば人は十分凄い成果を出せるかと思います。

<追伸>

唯野には二人の娘がいるのですが、娘の顔を見ると無条件に気力が回復します。
親は子を育てる義務があると言いますが、
逆に子のおかげで親はどれだけ救われていると言えるでしょう。
生まれてきてくれて、本当にありがとう。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・情報提供依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)