カラオケなんでもRanking

新たな出会いをモノにする春のカラオケソングベスト5(男性編)

投稿日:

001
春は出会いのシーズン。新歓などのイベントで歌う機会も増えるはず。
誰もが聴き入る珠玉の春ソングで、あなたの魅力を存分にアピールしましょう。
(2015年04月にNTTドコモ「iコンシェル」に掲載した唯野執筆記事です)
(主に20代の読者をターゲットとして曲をセレクトいたしました)

★新たな出会いをモノにする春のカラオケソングベスト5(男性編)

・第1位 桜坂/福山雅治
・第2位 キセキ/GReeeeN
・第3位 蕾/コブクロ
・第4位 チェリー/スピッツ
・第5位 さくら/ケツメイシ

「桜坂」は、落ち着いた大人の雰囲気のラブバラード。さほどキーも高くないので歌が苦手な方にもお勧めです。
サビの「Woo Yeah」は変にカッコつけたりせずに、さらりと歌うのがポイント。男の色気が際立ちます。

「キセキ」は、「愛唄」と並ぶGReeeeNの代表曲でカラオケ定番曲としてもすっかり定着しています。
休む間もなくフレーズが続くので、パート分けをして友達同士で交互に歌うのがお勧めです。

「蕾」は、ミディアムバラードの多いコブクロにしては珍しく、熱く歌い上げるサビが魅力の一曲です。
サビ前の「きっときっと」あたりから徐々に想いを込めて、サビの「消えそうに」からはぐっと力強く歌いましょう。

「チェリー」は、発売以来20年近くもカラオケランキングの上位をキープするなど、世代を超えて歌われ続けています。
メロディラインも素直なので歌いやすいはず。明るい笑顔で丁寧に歌うことを心掛けましょう。

「さくら」は、難易度が高いとされるヒップホップ系の曲の中では、比較的歌いやすい一曲です。
リズムに乗りつつ歯切れ良く歌うには、アクセントを置く位置をはっきリ意識して歌うのがコツです。

★突然の「ハモリ」はマナー違反なので注意

歌が得意な人の中には、他の人が歌っている横でハモリを被せて盛り上げようとする人もいるでしょう。
しかし実はこれはNG行為。いくら本人はサービスのつもりでハモったとしても、
相手がハモられることに慣れていなければ、かえって歌いづらくなる場合がほとんどなのです。
どうしてもハモりを入れたいのであれば、相手にあらかじめ断っておくと良いでしょう。
同意の上でハモるのであれば、主旋律との息の合った気持ちの良い歌唱を披露することができるかと思います。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・情報提供依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)