唯野奈津実のカラオケの世界~カラオケ評論家のカラオケポータルサイト

日本で唯一の「カラオケ評論家」(商標登録済み)・カラオケ大会プロデューサー。カラオケ業界のスポークスマンとしてテレビ・ラジオ出演多数。カラオケ記事の連載経験多数。コロナ禍のカラオケ業界の課題と取り組みなどお話しします。取材依頼・出演依頼歓迎。

カラオケ評論家活動

カラオケに行く度合いを5段階に分類してみました。

投稿日:

全国カラオケ事業者協会発行の「カラオケ白書2014」によると、
2013年度のカラオケ参加人口は4710万人とのことです。
http://www.karaoke.or.jp/05hakusyo/p1.php

実はこの数字、2001年あたりからほぼ変わっていない状態で、
おおよそ4600万人~4800万人のあたりで横ばいになっています。

人口の半数近くがカラオケを利用していると考えれば十分な数字の気もしますが、
カラオケは日本発祥の文化ですから、「国技」としてもっともっと発展させるためには、
もっともっと、人々の生活に浸透させていきたいものです。

ここで、カラオケに行く度合いを5段階に分類してみました。

●レベル5・・・一人で週に何度も行く
●レベル4・・・複数人で月に何度か行く
●レベル3・・・付き合いで年に数回行くことがある
●レベル2・・・行く機会がない、わざわざ行く気にならない
●レベル1・・・嫌い、行きたくない

レベル5、レベル4のカテゴリはいわゆるヘビーユーザーです。
ヘビーユーザーに向けたサービス展開・コンテンツ提示も重要ですが、
これらの層は、今後とも長きにわたってカラオケに通い続けることかと思います。

逆に、レベル1については、そもそもカラオケに抵抗がある以上、
集客戦略を練ったとしても、なかなか効果的な提案を打ち出すのは難しいでしょう。

なので、カラオケ店への集客増を目指すのであれば、
ターゲットは、レベル3とレベル2です。

つまり、レベル3の底上げとレベル2の門戸を広くすることが、
カラオケ人口を増やしていくうえで大事なことかと考えます。

 

カラオケ評論家 本記事に関するお問い合わせ・取材依頼は以下から承ります。日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実(ゆいのなつみ)に何でもお聞きください。

唯野奈津実へのお問い合わせはこちら

当サイトのトップページはこちら

唯野プロデュースオンラインカラオケ大会
「新東京カラオケグランプリ2021」
(略称:TKGオンライン)

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに出演しています。コロナ禍におけるカラオケ業界の「本音」など、取材に何でもお応えします。
お問い合わせ・業務依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

JOYSOUND全国カラオケ大会など、多くのカラオケ大会で審査員を務めた唯野奈津実が、あなたの歌唱を拝聴の上、3営業日以内にアドバイスコメントを記載した審査表を作成します。
唯野カラオケ教室(寸評作成)