JOYSOUND全国カラオケ大会2019が告知されました。

JOYSOUND初の全国的な大型カラオケ大会として、
2018年上半期にわたって開催された「JOYSOUND全国カラオケ大会2018」。

翌2019年の開催自体は既に宣言されていたものの、
詳細についてはこれまで公表されていませんでした。

そして本日12/19(水)に、
JOYSOUND全国カラオケ大会2019の概要が公式サイトに公開されました。


https://www.joysound.com/web/s/kc/2019

「聴きたいのは、心動かす、魅せる歌声。」のキャッチフレーズは前回同様です。
個人的にもこのキャッチフレーズは秀逸だと思っています。

今回の大会では主として、
エリア選考会(予選会相当)が全国20会場22大会で開催され、
その中を勝ち残った方々が決勝大会に進出する形となっています。

2018年大会に出場された方々であればご存知かと思いますが、
前回はエリア選考会の後に「エリア決勝」と呼ばれる準決勝相当の大会がありました。
今回はそのエリア決勝はなく、エリア選考会からそのまま決勝大会に進む形となっています。

また、エリア選考会の会場については、昨年度は全国13会場15大会の開催でしたが、
今年は、昨年の会場は今年も同様に開催されますが、さらに7会場7大会増加しています。

◆昨年開催された会場(13会場15大会)
北海道・岩手・宮城・栃木・埼玉・東京(2回開催)
静岡・愛知・大阪(2回開催)・広島・愛媛・福岡・熊本

◆今年新設された会場(7会場7大会)
福島・新潟・石川・兵庫・岡山・鳥取・沖縄

昨年開催のなかった北陸や山陰、さらには沖縄でも開催されるなど、
地方のカラオケファンにとってチャンスの広がる構成となっています。

ところで、このエリア選考会へ出場するにあたっては応募時の選考を通過する必要があります。
その選考基準として公式サイトには、

応募者の中から、「選曲理由」「大会への意気込み」欄の記載内容において、
特に出場意欲が高いと事務局にて判断される方を選定

と掲載されています。

つまり、(昨年同様の)応募フォームに記入する「意気込み」コメントによる選考に加えて、
その曲を選んだ理由・思い入れも選考材料に加えるとのことのようです。

このあたり、第一次選考が歌唱力選考ではなく書類選考となる点は、
他の大会と比べても非常にユニークなところです。

ところで、この「選曲理由」「意気込み」についてですが、
大会の指針・狙いを読み解いていくとこの方式を採っている理由が浮かんできます。

エクシングさんサイトのニュースリリースには以下のような説明文が掲載されています。

昨年に続く第二回目となる本大会では、歌唱力はもちろんのこと、
パフォーマンスや表現力、曲への思い入れなども含めた審査を行うことで、
歌う側も聴く側も、ただ歌が上手い人を決めるだけではない、
本来のカラオケの楽しさを感じることが出来る大会となっています。

https://xing.co.jp/archives/14623

この指針、おそらく昨年度は提示されていなかったかと思います。
そういう意味では、この指針は「意気込み」「思い入れ」を記入するにあたっての
ちょっとしたヒントと言えるかもしれません。

特に「ただ歌が上手い人を決めるだけではない」
「本来のカラオケの楽しさを感じることが出来る大会」

という点は主催側からのある種のメッセージと受け止めても良さそうです。

…といった点を踏まえて選曲を検討し意気込みを練っていくことが、
エリア選考会出場を目指すにあたっての「はじめの一歩」かと思います。

さて、エリア選考会への応募期間は早速始まっています。
締切は2月末ということでまだまだ期間はありますが、
カラオケ大会への応募は「思い立ったが吉日」です。

ご自身のスケジュールと22会場の日程を照らし合わせて、
ぜひ都合の良い会場に応募してみてください。

優勝賞金は、昨年同様100万円です。
目指す価値あり、チャレンジする価値あり、です。

<追伸>
参考までに、今年6月に開催された
JOYSOUND全国カラオケ大会2018決勝大会のレポート記事をご覧ください。


http://enjoysing.com/2018_06_25_02_22_46

★カラオケメーカー・チェーン店の本社関係者様★

いつも当サイト「唯野奈津実のカラオケの世界」にアクセスいただきありがとうございます。

1日平均5000アクセスの当サイトは、日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実がカラオケの最新情報を紹介しながら、経営目線・ユーザー目線それぞれからの論評を展開していく、総合的カラオケポータルサイトです。

当サイトの最大の特徴は、「カラオケ評論家」という、いずれの企業にも属さないニュートラルな立場による論評提示にあります。

当サイトに毎日アクセスしていただければ、競合他社のニュースや動向をいち早く掴むことができ、ニュートラルな視点におけるカラオケ業界の状況分析をすることができます。

社内イントラをお持ちの業者様がいらっしゃれば、社内ポータルサイトに当サイトのリンクを張っていただければ、最新のカラオケ事情を全社員が素早く共有できることと思います。

当サイトはリンクフリーですので、リンクを張られる際に、エンジョイシング・唯野に確認する必要はございません。御社内での情報共有の促進に、当サイトを今後ともぜひご利用ください。

カラオケ評論家を商標登録しました。

カラオケ評論家

「カラオケ評論家」は唯野奈津実の登録商標です。
日本で唯一のカラオケ評論家として、取材・執筆等の依頼を承っております。
カラオケ特集コーナーの企画相談・出演依頼など、
お気軽にお問い合わせください。

カラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースします。

地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

53

地域の活性化、集客の目玉イベントとして、カラオケ大会を開催してみませんか?
エンジョイシングでは、カラオケ大会の開催に向けたトータルプロデュースを承っています。

・レーベル・レコード会社の所属アーティストの宣伝を兼ねたカラオケ大会
・地方自治体の運営する市民イベント(夏祭りなど)
・カラオケ店が自店で開催するカラオケ祭り(カラオケコンテストなど)
・カラオケチェーン店による自社ブランドのカラオケ大会(○○社杯カラオケ大会など)
・ショッピングモール全体を使った「店起こし」のイベント(お客様感謝イベントなど)

・etc..

お気軽に下記までご相談ください(相談無料、予算に応じた提案可能です)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

東京カラオケまつり2019

2018年は小池都知事もご来場・歌で激励。歌で日本を盛り上げる「東京カラオケまつり」

東京カラオケまつり2019の開催が正式に決まりました。詳細は近日公開です。
http://karaokematsuri.com/

2018年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カラオケチェーン店リンク

まねきねこ
ビッグエコー
カラオケBanBan
ジャンボカラオケ広場
コート・ダジュール
シダックス
カラオケ館
JOYSOUND直営店
コロッケ倶楽部
カラオケルーム歌広場
カラオケCLUB DAM
カラオケJOYJOY
わくわくカラオケグループ
カラオケファンタジーグループ
カラオケ歌屋
カラオケの鉄人
ジャパンカラオケ
カラオケマック
カラオケレインボー
カラオケ時遊館
カラオケマイム
カラオケモコモコ
カラオケパセラ
バンガローハウス
サウンドパーク
フラココ&パークサイド
遊ランドグループ
カラオケシティベア
カラオケ747
GESTグループ
カラオケ合衆国
カラオケパークベスト10
カラオケマッシュ
ドレミファクラブ
カラオケA.Q.A
カラオケ招福亭クレヨン
カラオケアーサー
カラオケHAPPY
カラオケスカイ
コロナ&ヴォイスキャッツ
歌のステージ19
クイーンズエコー
カラオケデイ・トリッパー
カラオケダックス
カラオケJOYグループ
カラオケアジアン
カラオケハピカラ
カラオケグー
メロディランド
カラオケスタジオジョッコ
カラオケONE
カラオケスタジアム
カラオケドヌオス
カラオケ漫遊來 + ドルフィン
カラオケUNO
カラオケラジオシティー
エル・トレイン
カラオケD's
カラオケストランド
カラオケバンダイ
カラオケスパイラル
カラオケJB
カラオケ歌之助
カラオケバスター
カラオケガウディ
カラオケルームロックス
カラオケアドアーズ
カラオケナンバーナイン
カラオケペルシャ館
カラオケムーン(吸収)
バナナクラブ(吸収)
カラオケ804(吸収)
歌うんだ村グループ