カラオケ評論家活動

音感ゲームで気軽に音感トレーニングのできるサイトを紹介します。

投稿日:2016年5月5日 更新日:

音楽の基本は音程とリズムと言われます。
もちろん「歌は感情、心だ」というのもひとつの正しい考え方ではあります。

しかしながら「上手くなりたい!」「カラオケをもっと上達したい!」と願う方々の多くは、
まずは音程とリズムを磨きたいと思うのではないでしょうか?

とは言え、音程やリズムのスキルは、ある種の「感覚」「慣れ」によって左右されるもの。
なので、たとえ音感の優れた人に理屈で「習って(教えてもらって)」も
なかなか身につくものでもないし、簡単に理解できるものでもないかと思います。
そういう意味では「習うよりも慣れよ」が音感を身につけるうえでの王道なのかもしれません。

そこで、PCゲームで気軽に音感をブラッシュアップできるサイトを紹介します。

「シータ・ミュージック・トレーナー」
http://trainer.thetamusic.com/ja/content/music-training-games

こちらのサイト、かなり歴史がありますのでご存知な方も多いかと思います。
一言で言えば、音程やリズム、さらに楽器音の聴き分けや音楽表記といった、
音楽の基礎を身につけることのできるゲームを揃えているサイトです。
その数、約50種類。
しかも、どれも直観でわかりやすいものばかりなので、
説明文を読まなくてもすぐに誰でもプレイすることができます。

さらに、全ゲームについて難易度が細かく設定されているので、
たとえば音感に自信のない方であっても、
ゲームを通じて無理なくレベルアップすることができます。

一定レベル以上は有料会員の登録が必要となりますが、
初級レベルのゲームは無料で試すことができます。
実際、初級レベルであってもなかなかやり応えがあります。

唯野のオススメは「パロット・フレーズ」というゲーム。
http://trainer.thetamusic.com/ja/content/parrot-phrases

01
お手本が奏でる3~4音の音階と同じ音階を、
ディスプレイ上の鍵盤を押して回答するというシンプルなもの。
音感に自信のない方であれば、このゲームを毎日10分程度繰り返すだけでも、
ひと月もすれば音を聴き分ける力が随分身についてくるのではと思います。

他に、入力マイクをお持ちの方は「ボーカル・マッチ」もオススメ。
http://trainer.thetamusic.com/ja/content/vocal-match

02
お手本の奏でる一音について、マイクを通して「あ~」というだけです。
ボイトレのレッスンでよく、
先生がキーボードの一音を弾いて生徒がその音に合わせて「あ~」という練習、ありますよね。
まさにそれと同じものです。
しかもこのゲームの場合、仮に自分の発声した音程がずれていたとしても、
どのくらいずれているのかを画面上で確認できますので、
正しい音程に辿り着きやすく、その分練習がしやすいという利点があります。

上記で紹介した2ゲームは会員登録なしで誰でも試すことができますので、
ぜひ気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょう?

こうしたゲームを何度も繰り返すことで音感が感覚として身につけば、
カラオケでもこれまで以上に音程を合わせやすくなることが期待できるかと思います。

<追伸>
あくまで唯野主観ですが、「音感」を教えられるボイストレーナーは少ないと思っています。
なぜなら、多くのボイストレーナーは最初から音感の優れていた方が大半かと思うからです。
そうしたトレーナーからすれば、音程は取れて当たり前のことであり、
むしろ音程がずれてしまうことのほうが理解できないというケースが多いようにも思えます。

「しっかり音を聞きなさい」といった指導では
「しっかり音を聞いてもわからない…」という生徒さんには伝わらないものです。

逆に、音感を教えられるボイストレーナー、
「どんな音痴な人でも必ず精密採点DXの音程で90%以上取れるくらいに音感を矯正できる」
というくらいのボイストレーナーがいれば、ものすごい需要があるかと思います。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・制作協力・各種相談はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)