カラオケ店舗情報

北海道名物、監獄カラオケ&スリラーカラオケ

投稿日:

日本カラオケボックス大賞2014の決勝大会で札幌に行ってきましたので、
北海道のカラオケ店をいろいろ回ってきました。

中でも面白いのは、北海道地区のカラオケチェーン出店数第一位の「カラオケ歌屋」さん。
その歌屋さんの店舗のひとつ、「監獄カラオケ」です。

01

店内はこういう雰囲気です。

02
ルームドアが独房スタイルです。
(もちろん、外から鍵を掛けられたりはしませんが)

そして、受付前の待合場所がこちら。

03
満室時などは、こちらでお客様は待つことになるようです。
他のお客様に好奇の目で見られること請け合いです(笑)。

次は、札幌の歓楽街、すすきのにある「スリラーカラオケ」。

04
一際目立つ外観。とてもカラオケ店には見えません。

05
雰囲気、バッチリです。
お化け屋敷大好きの唯野のテンションもあがりました。

ただ残念なことに、この日は部屋が満室で1時間待ちとのことだったので、
歌うことはできませんでした…。

というわけで後日、小樽店の「スリラーカラオケ」へ。

06
こちらのドアは、棺桶形式です。
ドアの微妙な傷み具合が臨場感を増しています。
一度入ったら出られなくなるのでは・・・。

07
フロア内も、血糊の柱など、いい雰囲気が出ています。

といった感じの監獄カラオケ、スリラーカラオケですが、
もちろん、カラオケは普通に歌えますので、そこはご安心ください。

個人的には、こういったエッジの効いた「遊び心」は非常に素晴らしいと思います。

正直、最近のカラオケチェーン店はどこのお店も
アーティストやアニメのコラボレーションルームなど、ありきたりのものが多いです。

そういうコラボは肖像権もかかるだろうし、投資に見合った回収ができていないのではという気がします。
(もし「人気アーティストの顔を出しておけばお客さんは入ってくるでしょ」という発想なのであれば、
それは昨今のカラオケファンのニーズを全く理解できていないと言わざるを得ません・・・)。

それよりも、「なぜカラオケなのに『監獄?』『スリラー?』」といったシュールなコンセプトには、
無条件に「面白い」と思わせるものがあります。

全国規模のカラオケチェーン店さんもぜひ、北海道の歌屋さんのように
遊び心を効かせた、一風変わったお店を出してみてはいかがでしょう?

実際、唯野のところにもマスメディアから
「変わったカラオケ店をご存じないですか?」という取材依頼が非常によく入るのですが、
既存のコラボルームを紹介しても、あまり食い付きがよくありません。。

それよりも、マスメディアの食い付きの良い、一風変わったお店があるとすれば、
マスメディアも喜んで取り上げますので、広告料なしで宣伝してくれることと同じになります。

無難に有名人コラボルームを作って肖像権を支払うことと、
一風変わったユニークカラオケルームを作ってマスメディアにタダで宣伝してもらうことと、
長期的に、どちらが回収を見込めるでしょうか?

全国チェーンのご担当者様、ぜひご検討くださいませ。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・制作協力・各種相談はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)