どこよりも早いJOYSOUND MAX体験記(目玉機能編・所感編)

当記事はどこよりも早いJOYSOUND MAXシリーズの3部作になっています。
以前の記事をお読みでない方は、以下をまずはご覧くださいませ。

どこよりも早いJOYSOUND MAX体験記(ステージ編)
どこよりも早いJOYSOUND MAX体験記(分析採点マスター編)

分析採点マスター以外の採点についてですが、
今回、「全国採点採点オンライン」のバージョンアップ版として
「全国採点グランプリ」が新しくコンテンツに加わります。

02

01
(写真提供:株式会社エクシング様)

こちらは従来の曲別ランキングに加えて、
ユーザー別にランキングを競い合う形式もあるとのこと。
どういうことかと言うと、その月に歌った曲のうち、
上位10曲の合計点を全国のユーザーごとに競い合うとのことです。
名づけて「カラオケ月間グランプリ」。
もちろん、10曲以上100点満点を取れば、合計点は1000点でおそらく一位です。
(ただし同じ曲を10回歌って100点、というのは一曲としてしかカウントされないそうです)。

こちらの採点アルゴリズムは、分析採点マスターと同じ新アルゴリズムとのことですので、
既存の全国採点ONLINEも、このまま並行して残るのかもしれません。
(そのあたり、伺うのを忘れていました)。
あるいは、DAMのランキングバトルのように、
機種によってアルゴリズムの異なる仕様を許すのかどうか、ですね。

他、変わり種採点として「妖怪ウォッチ大採点」という機能もあります。

03
(写真提供:株式会社エクシング様)

DAMの「ONE PIECE」と同じような位置づけでしょうか。
こちらの採点アルゴリズムも、分析採点マスターと同じとのことです。

楽器演奏はこのとおり、繋げる種類も増えています。

14
コンパニオンさんのボーカルに合わせて、ギターとともに、
ギター奥でドラムを演奏しています。

さて、今回唯野が、JOYSOUND MAXで最も「凄い」と思ったのがこちら。

06
小さくて見づらいかもしれませんが、
カラオケ専用生音源「X-Leben」を導入とのことです。

これを非常に砕けて言えば、
JOYSOUND MAXの全てのカラオケ音源は、
本物の楽器の音を利用したカラオケ音源になるということです。

…ちょっとわかりづらいかもしれませんね。

カラオケ音源というのは、実際にスタジオで伴奏を収録する「生演奏」バージョンを除き、
「打ち込み」という方式で作成され、それをカラオケ音源として使用するのが一般的です。

これは、「midi」と呼ばれるある種の「楽譜情報」をコンピュータ上で作成した上で、
その「楽譜情報」をコンピュータ音源で再生するという方式です。

midiには、「イントロでこの音階のピアノ音を演奏する」とか
「このあたりでドラム音が入る」などといった楽譜情報がインプットされています。
それを、楽譜情報に基づいた箇所にて、
ピアノ音やドラム音に準じた電子音を再生することで、
カラオケ伴奏となるわけです。

今回のJOYSOUND MAXで使用する「カラオケ専用生音源」は、
この「電子音」の素材を全て「実際の楽器音」に差し替えたものとなります。
つまり、midi形式の楽譜情報の再生に、実際の楽器音が採用されたということです。

そういう意味で言えば、
JOYSOUND MAXのカラオケ音源は全て「生音」になったということができます。

もっとも、JOYSOUND従来の「生演奏」バージョンと異なるのは、
「生演奏」は実際に一曲を通して楽器で演奏して録音しているのに対し、
あくまでmidiを再生する際に生楽器による音源素材を使用しているというところです。

とは言え、楽器音源ですから、音質については間違いなく飛躍的に良くなっていることでしょう。
あとは「歌いやすさ」です。
はたして「生演奏」に近い自然さを保ったカラオケ音源になっているかどうか。
これも、実際にカラオケボックスで試してみなければわからないところ。
ただ、これがもしもものすごくナチュラルな音源に仕上がっていたならば、
「音質」という面で、JOYSOUND MAXは大変大きな強みを得ることになるはずです。

カラオケの音質を決定する要素は、midiの作りこみと再生音源のクオリティ。
(厳密に言えばそれプラス、スピーカーの質や部屋の反響具合といった環境面も重要ですが)。
うち、後者の「再生音源のクオリティ」が今回格段に向上したことが想定されます。

あとは、前者の「midiの作り込み」とのマッチングははたしてどうなのか。
発売後に、実際に数多くの曲を歌ってみて唯野自身体感したいと思います。

05
そのほか、テイチクさんを絡めたコンテンツとしては、本人映像の拡充。
さらに、今後はテイチクさん所属アーティストのレコード音源の配信も
徐々にされていくとのお話も、展示場で伺うことができました。
こちらも楽しみです。

また、ボーカルアシスト機能がほぼすべての日本語曲に対応。
つまり、ほぼ全ての曲にガイドボーカルが採用されるということになります。
もっとも、ボーカルアシストのガイドボーカルは、
実際のボーカリストによる歌唱ではなく、HMMという音声合成技術を用いて作られたもの。
「合成」と聞くと、滑らかさに欠けた無機質な機械歌唱のイメージを持たれるかもしれませんが、
技術の進化とともにそうした違和感も徐々に軽減されていっています。
こちらも、JOYSOUND MAXで実際にいろいろな曲を流してみて確認してみたいところです。

また、うたスキミュージックポストも魅力的なコンテンツ。
早い話、ユーザーがオリジナルのカラオケ音源と映像を作って、
JOYSOUND MAXにアップロードして歌うことができる機能です。

このサービスは従来のJOYSOUND f1にもありましたが、一曲5000円の有料コンテンツでした。
これを、今回のJOYSOUND MAXではなんと無料。
自作カラオケを無料でJOYSOUNDにアップロードすることができます。

ステージでのプレゼンで吉田社長は、
「JOYSOUND MAXは曲数ナンバーワンだが、曲数無限大でもある」
とおっしゃっていました。
こうしたオリジナル曲の参入による無限大の曲数の可能性、わくわくします。

かつてボーカロイド曲をカラオケに導入したところ、
あっという間にカラオケユーザーの支持を集めたように、
ひょっとすると「うたスキミュージックポスト」からも、
思いもよらぬカラオケヒット曲が登場するかもしれません。

まさに、歌いたい曲を自由に歌う。
その場所を、今回発売のJOYSOUND MAXが提供することになると言えるでしょう。
それによる、新しい化学反応。
ボカロ曲が今やカラオケの一ジャンルとしてすっかり定着したような、
全く予想もできない、カラオケの新しい化学反応も期待できそうです。

JOYSOUND MAX。発売は7月上旬とのこと。
正式な発売日を、唯野も一カラオケユーザーとして心より楽しみにお待ちしています。

03

カラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースします。

地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

53

地域の活性化、集客の目玉イベントとして、カラオケ大会を開催してみませんか?
エンジョイシングでは、カラオケ大会の開催に向けたトータルプロデュースを承っています。

・レーベル・レコード会社の所属アーティストの宣伝を兼ねたカラオケ大会
・地方自治体の運営する市民イベント(夏祭りなど)
・カラオケ店が自店で開催するカラオケ祭り(カラオケコンテストなど)
・カラオケチェーン店による自社ブランドのカラオケ大会(○○社杯カラオケ大会など)
・ショッピングモール全体を使った「店起こし」のイベント(お客様感謝イベントなど)

・etc..

お気軽に下記までご相談ください(相談無料、予算に応じた提案可能です)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

集え!うたじまん!
優勝賞金20万円。エイベックスのカラオケ大会「第1回全国aカラうたじまんカラオケ大会」。
大会開催日:6月4日。
エントリー締切日:4月30日。
http://a-kara.com/

カラオケ大会

カラオケ評論家を商標登録しました。

カラオケ評論家

「カラオケ評論家」は唯野奈津実の登録商標です。
日本で唯一のカラオケ評論家として、取材・執筆等の依頼を承っております。
カラオケ特集コーナーの企画相談・出演依頼など、
お気軽にお問い合わせください。
お電話:090-2202-5616(唯野直通です)
メール:info@enjoysing.com(1日以内に返信します)

★カラオケメーカー・チェーン店の本社関係者様★

いつも当サイト「唯野奈津実のカラオケの世界」にアクセスいただきありがとうございます。

1日平均5000アクセスの当サイトは、日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実がカラオケの最新情報を紹介しながら、経営目線・ユーザー目線それぞれからの論評を展開していく、総合的カラオケポータルサイトです。

当サイトの最大の特徴は、「カラオケ評論家」という、いずれの企業にも属さないニュートラルな立場による論評提示にあります。

当サイトに毎日アクセスしていただければ、競合他社のニュースや動向をいち早く掴むことができ、ニュートラルな視点におけるカラオケ業界の状況分析をすることができます。

社内イントラをお持ちの業者様がいらっしゃれば、社内ポータルサイトに当サイトのリンクを張っていただければ、最新のカラオケ事情を全社員が素早く共有できることと思います。

当サイトはリンクフリーですので、リンクを張られる際に、エンジョイシング・唯野に確認する必要はございません。御社内での情報共有の促進に、当サイトを今後ともぜひご利用ください。

第3回わくわくカラオケグランプリを開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、株式会社メロ・ワークス様主催の大型カラオケ大会「第3回わくわくカラオケグランプリ」の総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 2016年10月23日(日)
●会場:ホテルサンルート有明(国際展示場前駅すぐ)
●出場人数:80名(事前選考による合格者)
●審査委員:中本直樹先生(音楽プロデューサー)他3名
●表彰:優勝賞金10万円、他各賞を用意(30名程度の表彰)

首都圏に54店舗を展開する大手カラオケボックスチェーン「わくわくカラオケグループ」主催のカラオケ大会として、応募総数400名以上の中から選考を通過した80名のご出場者ならびにご観覧者様で満員の会場の中、開催いたしました。

詳細は「わくわくカラオケグランプリ特設サイト」まで。

★カラオケ大会をプロデュースします★
地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

お気軽に下記までご相談ください(相談無料)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

東京カラオケグランプリ2016を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2016年8月13日(土)に開催されたカラオケ大会「東京カラオケグランプリ2016」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:角筈区民ホール(新宿区)
●出場人数:100名
●審査委員長:相田篤考先生(音楽プロデューサー)
●表彰:優勝その他各賞を用意(30名以上の表彰あり)

優勝者は、第23回日本カラオケボックス大賞(静岡)の東京地区代表としての出場を決めました。

東京カラオケボックス防犯協力会の主催のもと、東京中のカラオケボックスの店舗の力を結集して、カラオケで東京を盛り上げる、東京最大級のカラオケ大会となりました。

詳細は「東京カラオケグランプリ特設サイト」まで。

第2回わくわくカラオケグランプリを開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、株式会社メロ・ワークス様主催の大型カラオケ大会「第2回わくわくカラオケグランプリ」の総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 2015年10月25日(日)
●会場:ホテルサンルート有明(国際展示場前駅すぐ)
●出場人数:100名(事前に行う音源審査の合格者)
●審査委員長:佐田みさき先生(作曲家)
●表彰:優勝賞金10万円、他各賞を用意(20名程度の表彰)

首都圏に51店舗を展開する大手カラオケボックスチェーン「わくわくカラオケグループ」主催のカラオケ大会として、ご出場者・ご観覧者様で満員の会場の中、開催いたしました。

詳細は「わくわくカラオケグランプリ特設サイト」まで。

池袋昭和歌謡のど自慢2015を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2015年9月20日(日)に開催されるカラオケ大会「池袋昭和歌謡のど自慢2015」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:池袋西口公園屋外ステージ(池袋駅西口徒歩すぐ)
●出場人数:80名(2コーラス歌唱)
●表彰:優勝その他各賞を用意(20名以上の表彰あり)
●優勝賞金:5万円
●歌唱対象曲:昭和時代(1988年まで)に発表された曲

主催は、立教大学・豊島区・東京芸術劇場による「池袋=自由文化都市プロジェクト」。池袋の発展とともに人々を支えた昭和の名曲が、この日、池袋西口公園に蘇りました。

詳細は「池袋昭和歌謡のど自慢2015特設サイト」まで。

東京カラオケグランプリ2015を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2015年9月6日(日)に開催されるカラオケ大会「東京カラオケグランプリ2015」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:シダックス・カルチャーホール(渋谷駅徒歩6分)
●出場人数:100名
●審査委員長:鈴木康志先生(作曲家・音楽プロデューサー)
●表彰:優勝その他各賞を用意(30名以上の表彰あり)

優勝者は、第22回日本カラオケボックス大賞(大阪)の東京地区代表としての出場を決めました。

東京カラオケボックス事業者防犯協力会の主催のもと、東京中のカラオケボックスの店舗の力を結集して、カラオケで東京を盛り上げる、東京最大級のカラオケ大会となりました。

詳細は「東京カラオケグランプリ特設サイト」まで。

第1回わくわくカラオケグランプリを開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、
株式会社メロ・ワークス様主催の大型カラオケ大会
「第1回わくわくカラオケグランプリ」
総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 2014年11月16日(日)
●会場:ホテルサンルート有明(国際展示場前駅すぐ)
●出場人数:100名(事前に行う音源審査の合格者)
●審査委員長:鈴木康志先生(作曲家・音楽プロデューサー)
●ゲスト歌手:清水まり子(エイフォース・エンタテイメント)
●表彰:優勝賞金10万円、他各賞を用意(30名程度の表彰)

詳細は「わくわくカラオケグランプリ特設サイト」まで。

東京カラオケグランプリ2014を開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、
東京都カラオケボックス事業者防犯協力会(加藤伸司会長)
主催のカラオケコンテスト「東京カラオケグランプリ2014」
の総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 平成26年6月8日(日)
●会場:シダックス・カルチャーホール(渋谷駅徒歩6分)
●出場人数:100名(事前に行った音源審査の通過者)
●審査委員長:鈴木康志先生(作曲家・音楽プロデューサー)
●表彰:優勝その他各賞を用意(30名程度の表彰)

優勝者は、第21回日本カラオケボックス大賞(札幌)の
東京地区代表として出場いただきました。

詳細は「東京カラオケグランプリ特設サイト」まで。

唯野奈津実のカラオケ著書

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

ゆいのなつみ公式Twitter

唯野奈津実の著書第二弾

スキマ評論家

副業革命!スキマ評論家入門

評論家になるための入門書。唯野奈津実の「カラオケ評論家」のように、あなたも早速評論家になってみよう!

カラオケチェーン店リンク

ビッグエコー
まねきねこ
カラオケBanBan
シダックス
コート・ダジュール
ジャンボカラオケ広場
カラオケ館
JOYSOUND直営店
コロッケ倶楽部
カラオケルーム歌広場
歌うんだ村グループ
カラオケCLUB DAM
カラオケの鉄人
わくわくカラオケグループ
カラオケ歌屋
カラオケJOYJOY
ジャパンカラオケ
カラオケマック
カラオケレインボー
カラオケ招福亭クレヨン
カラオケ時遊館
カラオケマイム
カラオケパセラ
バンガローハウス
サウンドパーク
カラオケモコモコ
GESTグループ
フラココ&パークサイド
カラオケ747
カラオケ合衆国
遊ランドグループ
カラオケシティベア
カラオケアーサー
ドレミファクラブ
カラオケマッシュ
コロナ&ヴォイスキャッツ
カラオケA.Q.A
歌のステージ19
カラオケスカイ
クイーンズエコー
カラオケデイ・トリッパー
カラオケパークベスト10
カラオケJOYグループ
カラオケハピカラ
カラオケアジアン
カラオケグー
メロディランド
カラオケスタジオジョッコ
カラオケ歌之助
カラオケONE
カラオケドヌオス
カラオケバスター
カラオケ漫遊來 + ドルフィン
カラオケスタジアム
カラオケラミューズ
エル・トレイン
カラオケストランド
カラオケラジオシティー
カラオケバンダイ
カラオケガウディ
カラオケルームロックス
カラオケアドアーズ
カラオケナンバーナイン
カラオケHAPPY
カラオケムーン + シンシア
バナナクラブ
カラオケ804