カラオケ機種情報

DAM「フリカラ」の歴史

投稿日:2013年7月24日 更新日:

第一興商カラオケDAM

第一興商カラオケDAM

振り付けが楽しめるDAMのカラオケコンテンツ「フリカラ」。
2012年に始まったコンテンツで、いろいろな角度からのフリつけをモニタ上で確認できるので
フリを練習したい方にとってお役に立てるコンテンツと言えます。

それ以前は「フリツケ超マスター」というコンテンツがありましたね。
こちらは今のフリカラと違って、正面角度のみモニタで確認できるものです。
それでも十分参考になるので、一緒にフリ付け練習された方も多いのではないでしょうか。

さて、これよりももっと昔に「フリカラ」というコンテンツがあったことをご存知でしょうか?

それは今から10年以上も前、BeMax’sというパイオニアの通信カラオケ機でのコンテンツ。
その当時の「フリカラ」は実映像ではなくCGのダンサーが踊るものでしたが、
それでも、狙いは現在のフリカラのように、歌の振りを練習しながら歌えるというもの。
今にして思うと、なかなか時代を先取りできていたコンテンツのようにも思えます。

余談ですが、「フリカラ」という呼称は、コンテンツの開始当時にパイオニアが商標登録していました。
そして、その商標登録の期限が切れた2012年に、DAMが「フリカラ」を始めました。

「フリカラ」の呼称を使える日が来るのをじっと待っていたかのようで、なかなか興味深いです。

カラオケ評論家 当サイト管理者・唯野奈津実(ゆいのなつみ)は日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、テレビ番組など各種メディアにて評論活動・執筆活動を行っています。

唯野奈津実への業務依頼・取材依頼はこちら

当サイトのトップページはこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに出演しています。コロナ禍におけるカラオケ業界の「本音」など、取材にお応えします。
お問い合わせ・業務依頼はこちら