唯野奈津実のカラオケの世界~カラオケ評論家のカラオケポータルサイト

日本で唯一の「カラオケ評論家」(商標登録済み)・カラオケ大会プロデューサー。カラオケ業界のスポークスマンとしてテレビ・ラジオ出演多数。カラオケ記事の連載経験多数。コロナ禍のカラオケ業界の課題と取り組みなどお話しします。取材依頼・出演依頼歓迎。

カラオケ機種情報

DAM「フリカラ」の歴史

投稿日:2013年7月24日 更新日:

第一興商カラオケDAM

第一興商カラオケDAM

振り付けが楽しめるDAMのカラオケコンテンツ「フリカラ」。
2012年に始まったコンテンツで、いろいろな角度からのフリつけをモニタ上で確認できるので
フリを練習したい方にとってお役に立てるコンテンツと言えます。

それ以前は「フリツケ超マスター」というコンテンツがありましたね。
こちらは今のフリカラと違って、正面角度のみモニタで確認できるものです。
それでも十分参考になるので、一緒にフリ付け練習された方も多いのではないでしょうか。

さて、これよりももっと昔に「フリカラ」というコンテンツがあったことをご存知でしょうか?

それは今から10年以上も前、BeMax’sというパイオニアの通信カラオケ機でのコンテンツ。
その当時の「フリカラ」は実映像ではなくCGのダンサーが踊るものでしたが、
それでも、狙いは現在のフリカラのように、歌の振りを練習しながら歌えるというもの。
今にして思うと、なかなか時代を先取りできていたコンテンツのようにも思えます。

余談ですが、「フリカラ」という呼称は、コンテンツの開始当時にパイオニアが商標登録していました。
そして、その商標登録の期限が切れた2012年に、DAMが「フリカラ」を始めました。

「フリカラ」の呼称を使える日が来るのをじっと待っていたかのようで、なかなか興味深いです。

カラオケ評論家 本記事に関するお問い合わせ・取材依頼は以下から承ります。日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実(ゆいのなつみ)に何でもお聞きください。

唯野奈津実へのお問い合わせはこちら

当サイトのトップページはこちら

JOYSOUND全国カラオケ大会など、多くのカラオケ大会で審査員を務めた唯野奈津実が、あなたの歌唱を拝聴の上、3営業日以内にアドバイスコメントを記載した審査表を作成します。
唯野カラオケ教室(寸評作成)

オンラインカラオケ大会

唯野プロデュースオンラインカラオケ大会
「新東京カラオケグランプリ2021」
(略称:TKGオンライン)

唯野奈津実へのお問い合わせ先

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに出演しています。コロナ禍におけるカラオケ業界の「本音」など、取材に何でもお応えします。
お問い合わせ・業務依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

JOYSOUND全国カラオケ大会など、多くのカラオケ大会で審査員を務めた唯野奈津実が、あなたの歌唱を拝聴の上、3営業日以内にアドバイスコメントを記載した審査表を作成します。
唯野カラオケ教室(寸評作成)