カラオケ大会情報

KWC~カラオケ世界大会2017、ついに始動。

投稿日:2017年6月15日 更新日:

日本に数あるカラオケ大会の中でも最高峰の大会として知られている
KWC(KARAOKE WORLD CHANPIONSHIPS~カラオケ世界大会)。

例年に比べて告知が遅れていて、日本中のカラオケファンも心待ちにしていたことと思いますが、
本日06/14(水)にようやく第一興商さんより概要の告知がなされました。

株式会社第一興商(東京都品川区 代表取締役社長 林 三郎)は、
カラオケ世界チャンピオン決定戦
「KARAOKE WORLD CHANPIONSHIPS(以下、KWC) 2017」
日本大会予選への出場者を選出するDAM★ともオーディションを
6月26日から8月21日まで実施します。
日本大会で選出された2名は、
11月にフィンランドで開催される世界大会への出場権を獲得します。

(途中略)

まずは、応募者の中から音源・映像による審査を行い、予選通過者を選出します。
予選通過者は、全国5都市で実施する審査員との対面オーディションにより、
約15名に絞られます。
そして、10月15日に六本木・ニコファーレで開催予定の日本大会において、
男女各1名の日本代表が決まります。
その後、日本代表の2名は、11月14日からフィンランドで開催される世界大会に挑み、
世界中の強豪たちとカラオケで競います。

(第一興商さんニュースリリースより引用)
http://www.dkkaraoke.co.jp/newsrelease/ajaxfiles/load2017.html?file=170614&name=報道資料

エントリー方法自体は昨年とほぼ同様、DAM★とも録音、DAM★とも動画を利用した形です。
応募期間が2期間に分かれているのも昨年同様で、
第一次募集が06/26~07/31、第二次募集が08/01~08/21となっています。

ただ、おそらく例年と異なるのではと思われるのは選考方法です。
DAM★とも審査を通過された方々は、
5か所の各地区(東京・仙台・名古屋・大阪・福岡)で開催の「予選会」に進むとありますが、
審査基準は「審査員と対面によるオーディション形式のカラオケ審査」とあります。

また、会場についても、昨年までのようなライブハウスやイオンモール特設ステージではなく、
単に「開催地区内カラオケ店舗を予定」とあります。

つまりは、一般的に考えられているような「カラオケ大会」的な選考会というよりも、
歌唱も含めた面接形式の「オーディション」的な選考会と考えられます。

…といったところを考慮すれば、予選会に至る前のDAM★とも審査による選考においても
単なる歌唱の出来のみの基軸で判定するというよりもむしろ、
トータルで見た「その人の『可能性』」的な視点の審査になるのでは、
という感もいたします(あくまで唯野の想像です)。

例えるならば、
「音楽的に完璧で減点要素の見当たらない歌唱だけどインパクトに欠ける歌唱」よりも
「音程・リズム等の技術面に多少のアラがあってもそれをもカバーする説得力のある歌唱」のほうに
フォーカスを充てようとしているのかな、とも感じます(あくまで唯野の想像です)。

このあたりは始まってみないことには何とも言えませんが、
ともかく、日本中のカラオケファンの目標とも言える大会ですので、
今年も非常に多くの応募が集まることが予想されます。
唯野も今年のKWCを楽しみに見守っていきたいと思います。

ちなみに今年度は日本代表決定戦が六本木のニコファーレで10/15(日)に、
そして世界大会がフィンランドで11/14(火)~11/18(土)に開催されます。

このスケジュールを見る限り、
昨年・一昨年と、日本大会と世界大会の間に開催されていたアジア大会は
今年度は開催されないように見受けられます。

日本代表から即世界へ、ということですね。

昨年度の世界大会は、日本代表の海藏亮太さんが見事世界チャンピオンに輝きました。
今年も、カラオケ発祥の国、日本から世界チャンピオンが誕生することを期待しています。


KWC2016の記念撮影ブースにて。

<追伸1>

参考までに過去3年のKWC開催に関する第一興商さんのニュースリリースのリンクを紹介します。

◆2016年(告知:3月25日)
http://www.dkkaraoke.co.jp/newsrelease/ajaxfiles/load2016.html?file=160325&name=報道資料

◆2015年(告知:4月24日)
http://www.dkkaraoke.co.jp/newsrelease/ajaxfiles/load2015.html?file=150424&name=報道資料

◆2014年(告知:4月21日)
http://www.dkkaraoke.co.jp/newsrelease/ajaxfiles/load2014.html?file=140421&name=報道資料

過去3年に比べて今年は告知が遅れたということは、
コンセプト決め・要項決めに相当難航されたということだったのでしょうか…?

<追伸2>

実は日本代表決定戦の開催日、10/15(日)の前後は、
他にも日本を代表する全国級のカラオケ大会が開催されるのです。

日本カラオケボックス大賞2017(10/14(土)・10/15(日)):鹿児島
第33回日本大衆音楽祭(10/14(土)):新宿

日本カラオケボックス大賞は開催日は10/15(日)で、
しかも開催地も鹿児島ですし、KWCとの掛け持ち出場は不可能です。

日本大衆音楽祭とKWCとは時間軸的には掛け持ちは可能ですが、
地方からのご参加者は連泊となりますのでかなりハードかなと思います。

例年、日本カラオケボックス大賞とKWCと、
いずれの会場にも伺っている唯野としても悩ましいところです。。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・情報提供依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)