カラオケ大会情報

あなたの好きな昭和曲が見つかるサイトを紹介します。

投稿日:

CNFv0RIUsAAogoz
近所のショッピングモールで昭和レトロ展を開催していました。
その中にあった「昭和の家庭風景」を撮影しました。

唯野は昭和50年生まれなので、ここまでレトロではありませんでしたが、
それでもチャンネルを回す形式のテレビなどは懐かしく思えますね。
あと、黒電話。

先日、20代の子に黒電話の話をしたら「何それ?」と言われましたが…。

さて、2015年度唯野プロデュースカラオケ大会第2弾、「池袋昭和歌謡のど自慢2015」。

ikebukuro_poster
おかげさまで、大変多くのエントリーをいただいています。
年齢層も幅広く、最年少は10歳の小学4年生、最年長は88歳の方までいらっしゃいます。
また、意外と20代以下の「平成生まれ」の方も多くエントリーされていて、
「温故知新」とばかりに、普段から生まれる前のヒット曲に親しみ、歌っているのかと思います。

もちろん、若い世代の歌う昭和歌謡も新鮮で良いものですが、
昭和を生き抜いた人生の先輩方の年輪にリアルタイムに刻み込まれている昭和歌謡を聴くことも、
プロデュースしている唯野自身、非常に楽しみにしております。

さて、昭和曲には名曲が多いのですが、
逆に、名曲が多すぎて「何を歌えば良いのかわからない…」といった質問を
唯野宛てに送ってくださる方も多くいらっしゃいます。

そこで、それぞれの年に流行ったヒット曲のタイトルを一覧紹介している便利なサイトを紹介します。
以下のサイトを眺めていると、おそらく「あ、この曲を歌おう!」といった、
あなたの琴線に触れる曲がきっと見つかるはずです。

「ヒット曲コレクション」
http://collection.hitsong.jp/

「年代流行」
http://nendai-ryuukou.com/

「ヒット曲ドットコム」
http://hitkyoku.com/

名曲ヒット曲有名順まとめ
http://jpop.ninpou.jp/field/70.html

ぜひぜひ、あなたにぴったりの昭和曲を見つけて、池袋昭和歌謡のど自慢にエントリーをしてみてください。
エントリーの締め切りは、8月31日(月)までです。

「池袋昭和歌謡のど自慢2015」
http://s-nodojiman.com/

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・制作協力・各種相談はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)