カラオケ連載記事

聴き手を泣かせるカラオケ曲・聴き手を圧倒させるカラオケ曲

投稿日:2015年5月15日 更新日:

snapshot20150225020630
カラオケ評論家でありカラオケ記事専門のライターでもある唯野は、
当サイトへの記事のアップ以外にも、日々さまざまなサイトからの執筆依頼を受けています。

この2日間、立て続けにネット上にカラオケ記事を配信しました。
それぞれのテーマは、涙を誘う泣ける曲と凄いと思わせる曲。

泣ける曲の方は、掲載サイトが日経BPさんの「小さな組織の未来学」ということもあって、
ターゲット読者は中高年の社長さん。
そのため、1970年代~2000年代という広い時期の中から10曲をピックアップしています。
その曲をざっと紹介いたします。

『酒と泪と男と女』/河島英五(1975年)
『思えば遠くへ来たもんだ』/海援隊(1978年)
『償い』/さだまさし(1982年)
『シングル・アゲイン』/竹内まりや(1989年)
『会いたい』/沢田知可子(1990年)
『ロード』/THE 虎舞竜(1993年)
『木蘭の涙』/スターダスト・レビュー(1993年)
『A Song for ××』/浜崎あゆみ(1999年)
『吾亦紅』/すぎもとまさと(2007年)
『トイレの神様』/植村花菜(2010年)

涙=失恋ソング、というイメージが強いかと思いますが、
読者層がやや高い年齢層ということもあって、
「死」や「生」をテーマとした曲を比較的多くチョイスいたしました。

恋愛的な観点で唯野世代(アラフォー)が泣ける曲であれば、他に

『もう一度キスしたかった』/B’z(1991年)
『忘れないで』/DREAMS COME TRUE(1991年)
『こんなにあなたを愛しているのに』/シャ乱Q(1996年)
『サヨナラ』/岡本真夜(1997年)

あたりがぱっと思い浮かびます。
まだまだ探せば見つかりそうですね。

凄いと思わせる曲のほうは、
第一興商さん主催の「KWC~カラオケ世界大会日本予選会」の広告サイトの中で紹介したもの。

こちらは出場者の年齢層が幅広いことが想定されるので、
ジャンルを、ミリオンセラー曲、演歌、超難曲、ナツメロと4パターンに分け
さらに、男女別にそれぞれ一曲ずつ、計8曲を紹介いたしました。
選曲リストはこちらです。

<女性編>
『つつみ込むように…』/MISIA
『夜桜お七』/坂本冬美
『The Perfect Vision』/MINMI
『みずいろの雨』/八神純子

<男性編>
『LA・LA・LA LOVE SONG』/久保田利伸 with ナオミ・キャンベル
『望郷じょんから』/細川たかし
『TOKYO通信~Urbs Communication~』/SOUL’d OUT
『大都会』/クリスタルキング

広告ということもあり、幅広い層の方々の目に入ることが想定されましたので、
マニアックな曲よりも、比較的知名度の高いと思われる曲を選びました。

また、選曲においては
「こういう曲でKWCなどのカラオケ大会に挑戦する人を見てみたい!」
という意図でもセレクトしています。
『TOKYO通信』で優勝する人とか、ぜひ見てみたいです。

これ以外に挙がっていた候補としては。

『ワダツミの木』/元ちとせ
『ラブ・ストーリーは突然に』/小田和正
『1/2』/川本真琴
『失格』/橘いずみ
『イヨマンテの夜』/伊藤久男

あたりです。
『ラブ・ストーリーは突然に』なんて超大ヒット曲ですが、
この曲をカラオケ大会で歌っている人を唯野は今まで見たことがありません。。
ステージで堂々と歌いこなせたら、もの凄い高評価を得られる一曲だと思います。

では逆に、カラオケ大会で選曲する人の多過ぎる、「定番過ぎる」曲も紹介しましょう。

『愛し君へ』/森山直太朗
『雪の華』/中島美嘉
『逢いたくていま』/MISIA
『化粧』/清水翔太

『WINDING ROAD』/絢香・コブクロ
『Only Human…』/K

唯野も数多くのカラオケ大会に出場したり取材に伺ったりしていますが、
上に挙げた曲は、特に歌唱力に自信のある方が好んで選曲することが多いです。

ただ、確かにみなさんお上手なのですが、
これらの曲は審査員側にとっても聴き慣れた感が強いので、
よほど図抜けて素晴らしいパフォーマンスを見せない限りは、
あまり他の出場者と「差」をつけにくい曲かなと思っています。。

 

2015年も、各地でそして全国で、カラオケ大会は盛り沢山です。
あと一週間後、5月の最終週には
唯野プロデュースの「東京カラオケグランプリ2015」の要項も正式に発表いたします。

今後、カラオケ大会でどういう曲が選曲のトレンドとなるのか。
それを楽しみにしながらさまざまなカラオケ大会に触れていきたいと思います。

<おまけ>
上記で紹介した唯野記事は以下になります。
合わせてお読みいただければ幸いです。

★スナックで社員・取引先の涙を誘うなら──泣けるカラオケ定番曲10選
http://www.nikkeibp.co.jp/atclcsm/15/041600002/051200003/

★歌いこなすとカッコイイ!カラオケで歌うと「こいつやるな」と思われる曲8選
http://spotlight-media.jp/article/142803870143710287

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・情報提供依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)