カラオケ連載記事

月刊ミュージック☆スター誌で連載を開始しました。

投稿日:2016年12月22日 更新日:

ここ最近はありがたいことに、カラオケ大会のプロデュース業務依頼や、
テレビ・ラジオ等の出演依頼が増えてきている唯野ですが、
唯野のカラオケ評論家のお仕事も、もともとは執筆業からスタートしていました。

週次のメールマガジンを発行したり、メールマガジンから書籍の出版に繋がったり、
Webに記事を寄稿したりなど。
(もちろん記事内容はすべてカラオケに関わることですが)。

なので、こちらの連載のお話が決まったとき、久しぶりに原点に還った気がいたしました。

カラオケ専門誌「月刊ミュージック☆スター」にて、
唯野のカラオケ大会観覧取材記の連載がスタートいたしました。


タイトルは「唯野奈津実のカラオケ大会☆スターへの道」です。
見開き2ページのカラーで、写真もいっぱいで非常に見やすい構成になっています。

ちなみにタイトルは唯野が考えたのですが、
「☆スター」の部分は雑誌名にちなんで名づけました。

毎月、唯野が一か所のカラオケ大会の会場を伺い、
唯野なりの独自観点にて、大会を紹介いたします。

もっとも、他のカラオケ雑誌によくあるような、
優勝者のお名前などの大会結果のみを掲載する記事ではなく、
なおかつ、大会運営者による宣伝・コマーシャル的な記事でもありません。

日本で唯一のカラオケ評論家(商標登録済み)として、
ニュートラルな視点から取材先のカラオケ大会の魅力を取り上げ、
さらに、大会を客席から観覧しながら感じた「大会を勝ち抜くためのコツ」を
記事として紹介いたします。

つまり、カラオケ大会にあまり出たことのない読者さんに対しては、
「カラオケ大会って面白そう…」と思っていただき、
逆に、カラオケ大会に頻繁に出場されている読者さんに対しては、
「カラオケ大会で好成績を残したい!」という目標のヒントになるような、
そのような記事を、毎号執筆してまいります。


こちらが掲載誌の「月刊ミュージック☆スター」です。
今月号の表紙は「南部蝉しぐれ」でおなじみの福田こうへいさんです。
12/21発売の、この2月号から唯野の連載が開始しました。


こちらが目次。唯野の新連載も掲載されています。

さて、現在書店で流通しているカラオケ専門の月刊誌は、主に以下の3誌となります。

◆カラオケファン誌
◆歌の手帖誌
◆ミュージック☆スター誌

それ以前は、歌謡アリーナ誌やカラオケONGAKU誌などありましたが、
いずれも数年前に残念ながら休刊に至っています。。

これらのカラオケ専門誌ですが、その中身は「演歌・歌謡曲専門誌」と呼ぶにふさわしいもの。
つまり、若者向けではなく、シニア層のカラオケ愛好家が主な読者層の雑誌なのです。

そういう意味もあり、読者層が年々高年齢化しており、
新しい読者層の受け入れについては、各誌ともに課題になっていることと思います。

そんな中、ミュージック☆スター誌は徐々に若年層の読者の取り込みも意識しようとしていて
たとえばこの2月号では「あいたい」でブレイク中の、
レコード大賞新人賞・林部智史さんのインタビュー記事も掲載しています。
演歌・歌謡曲系の歌手に限らず、
ポップス系でも話題性のある実力派歌手にスポットを当てる試みは素晴らしいと思います。

…ちなみに、上に挙げた3誌の中でのトップシェアはどの雑誌だと思いますか?

唯野も具体的な数値を持っているわけではないですが、
一般的には「カラオケファン」誌と言われています。
次に「歌の手帖」誌が続く感じですね。

実は「ミュージック☆スター」誌は、この10月までは書店に流通しておらず、
それまでは定期購読読者のみに向けた雑誌だったのです。
(NAKの会員向けカラオケ誌「ソングブック」に近い感じですね)。

今回、カラオケ雑誌業界の市場競争に参入してきましたが、
今後どのようにシェアを拡大していくのか、期待したいところです。

そして、唯野が連載を担当するからには、
1年以内にはカラオケファン誌を追い抜いて業界一位の雑誌になることを目指したいです。

ちなみに参考までに、この記事を書いている現在のamazonでの
「音楽の雑誌」売り上げのランキングを確認してみました。
https://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/46501011/ref=pd_zg_hrsr_b_1_4_last#1

第16位:ミュージック☆スター誌
第18位:カラオケファン誌
第40位:歌の手帖誌
(上記順位は、12/23 1:40現在のものです)

…歌の手帖誌よりもカラオケファン誌よりも上位という、好位置をキープしています。
カラオケ雑誌業界でナンバーワンになる日は近いかもしれません。
(ちなみに三誌とも、発売日は12/21で同日です)。

ミュージック☆スター誌ならびに唯野の連載をぜひぜひ見守っていただければと思います。

<追伸>
雑誌の連載は実は2回目です。
以前は、オリコンの週刊誌「オリ☆スタ」に連載していました。

連載一回目はAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」を取り上げていました。
記事を書いた時期は、ちょうどこの曲が発売したばかりの頃だったのですが、
聴いた瞬間に「これはカラオケ定番曲になる!」と思ったものでした。

今では「オリ☆スタ」誌も休刊してしまい、時代の流れを感じますね。。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・情報提供依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)