カラオケ店舗情報

カラオケモコモコ自由が丘店に行ってきました。

投稿日:

カラオケボックスの激戦区、自由が丘ですが、
その中でも最もリーズナブルに利用できるカラオケボックスを紹介します。

こちらのカラオケモコモコ。

01
すぐ近くにカラオケ館さんがあります。
カラオケ館さんには最近伺ったので、今回はこちらのモコモコさんに。

モコモコさんは首都圏に16店舗展開する中堅カラオケチェーン店。
「ハワイアンカラオケ」というコンセプトのようでして、
入店するとフロントで「アロハー」と挨拶されます。
こういう個性、いいですね。
(似た例としては、パセラさんのバリ島コンセプトが挙げられます)。

02
この写真だと小さくて少しわかりにくいですが、ハワイアンの海岸写真です。
木目調の壁も重厚感があって素敵です。

03
モコモコさんではこのように、カラオケの機械を上部に設置しています。
最近、他のカラオケ店でも見ることの多くなったこのタイプのレイアウト、
どちらかの業者が推奨しているのでしょうか?

個人的には、本体を直接触って操作ができなくなるので、やや不便かなという気がしています。
LIVE DAM自体も、せっかく本体タッチ操作仕様を実現していますので。。
(逆に、お客さんにむやみに機械を調整されるのを嫌う、という狙いなのかもしれませんね)。

さて、ハワイアンといえば、ハワイアンフード。
ハワイアンフードといえば、ロコモコ。

もちろん、モコモコさんもロコモコがありますが、
最近なぜか、コート・ダジュールさんをはじめとして他店でもロコモコをメニューに加えていますので、
あえて違うものをオーダーしました。

04
チキンボールチーズ焼き(480円)

ハワイアンなので、カラオケボックスのメニューでおなじみのたこ焼きはありませんが、
代わりにチキンボールにチーズ&ケチャップソースをかけたこちらをいただきました。

モコモコさんは首都圏中心にリーズナブルな料金体系で展開を薦めています。
実際、自由が丘店でも、高校生と思われる制服姿の学生さんのお客さんをよく見かけます。
唯野感覚ですが、学生率は自由が丘の他競合店に比べて高いですね。
今後の出店戦略を楽しみに見守りたいと思います。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・制作協力・各種相談はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)