カラオケ雑学と歴史

カラオケ黎明期の主役、クラリオンさんの8トラカラオケ

投稿日:

「カラオケ関連の企業と言われて思いつくのは?」と聞かれると、
多くの方々が、真っ先にまず第一興商さんを挙げると思います。

他には、カラオケ二大メーカーの一つ、エクシングさんや、
老舗の大手カラオケチェーン店のシダックスさんあたりが、
カラオケユーザーにとって思いつきやすいところかと思います。

しかしながら、1970年代~80年代にかけてのカラオケ黎明期、
カラオケ機器メーカーとしてカラオケ文化を牽引していたのは、意外なメーカーだったのです。

01
それがクラリオンさん。
カーステレオやカーナビなど、車載オーディオの第一メーカーという印象が強いかと思いますが、
その昔は、オーディオメーカーとしての知見を活かして、カラオケ機器の製造・販売をしていたのです。
今でも、たとえば観光バスのカラオケシステムには、
クラリオンさんのカラオケ機器を見かけることが多いそうです。

1970年代初頭に、各地域の夜の酒場等で形になりつつあった「カラオケ」という仕組み。
しかしながら、当時はカラオケの定義すら定まっていませんでした。

演奏を録音したカセットテープを流すだけでも「カラオケ」と言えますし、
再生装置にマイクとスピーカーと複数の曲の入った演奏テープと歌詞本が揃ってはじめて、
システムとしての「カラオケ」だということもできます。

そんな時代に、
いち早くカラオケシステムを作り上げたメーカーの一つがクラリオンさんでした。

クラリオンさんは古くからオーディオ機器を専門にされていたということもあって、
当時カラオケの主要再生媒体だった「8トラックカセット」(通称8トラ)にも強かったのです。

1976年に、8トラの業務用カラオケ「カラオケ8」を発表して以来、
2002年にカラオケ事業を撤退するまで、業務用から家庭用まで
幅広くカラオケシステムの製造・販売をされていました。

そんなクラリオンさんの1982年のカタログを入手しました。

02
家庭用カラオケのカタログです。
もちろん当時は通信カラオケではありませんので、
カラオケソフトとして、「カセットテープ100巻(400曲)」をセットで販売しています。
カラオケを家庭に導入するということが、
いかに大掛かりな時代だったということがわかるかと思います。

03
ちなみにこの年(1982年)にクラリオンさんから発売された「MW-5000A」では、
家庭用として、クラリオンさん初の採点システムが搭載されました。

業務用の採点機能についても、前年度にクラリオンさんがシステム化していますが、
これが一般に、カラオケ採点機能の元祖と言われています。

今や多くのカラオケユーザーに利用され、テレビ番組の企画でも目にすることの多い「採点カラオケ」。
そのルーツは、30年以上も前のクラリオンさんにまで遡るわけです。

カラオケ文化に歴史あり、ですね。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・情報提供依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)