カラオケ評論家の履歴書

カラオケ評論家
唯野奈津実(ゆいのなつみ)

エンジョイシング代表。
カラオケ評論家(商標登録済み)。
カラオケ大会プロデューサー。

1975年生まれ。
カラオケボックス発祥の地、岡山県出身。
筑波大学第二学群人間学類(現人間学群)卒業。

●プロフィール(その1)(マスメディア向け)
日本で唯一のカラオケ評論家(商標登録済み)。カラオケ大会プロデューサー。
カラオケ業界のスポークスマンとして、TBS「マツコの知らない世界」などテレビ出演多数。
月刊「ミュージック☆スター」連載など、カラオケ関連記事の執筆実績多数。
カラオケ上達法の指導から店舗のコンサルまで、カラオケに関わるあらゆる分野を専門とする。
プロデューサーとしても「東京カラオケグランプリ」など多くのカラオケ大会を企画・運営。
著書に『カラオケ上達100の裏ワザ』(リットーミュージック)など。
Webサイトは「カラオケ評論家」で検索。

●プロフィール(その2)(カラオケ大会向け)
日本で唯一のカラオケ評論家(商標登録済み)。カラオケ大会プロデューサー。
カラオケ業界のスポークスマンとして、TBS「マツコの知らない世界」などテレビ出演多数。
過去に100 大会以上のカラオケ大会に出場し、優勝・入賞多数。
近年は審査員として「東日本カラオケバトル」など多数のカラオケ大会を担当。
プロデューサーとしても「東京カラオケグランプリ」など多数のカラオケ大会を企画・運営。
出場者・審査員・運営者それぞれの目線から大会を語ることのできるカラオケ大会の第一人者。
得意曲は吉幾三の「と・も・子…」。Webサイトは「カラオケ評論家」で検索。

●著書
「カラオケ上達100の裏ワザ」リットーミュージック(1296円)
「副業革命!スキマ評論家入門」リットーミュージック(1404円)

●主なメディア出演実績
以下のメディア出演実績をご参照ください(随時更新中)。
http://enjoysing.com/media

●主な講演実績
「カラオケ大会で入賞する裏ワザ」/蒲郡まつりカラオケグランプリ様
「カラオケボックスサービス概論」/東京カラオケボックス事業者防犯協力会様
「カラオケ業界概論(新入社員研修向け)」/株式会社シン・コーポレーション様
「カラオケ店舗ブランディング概論」/株式会社メロ・ワークス様
など。

★各種メディア様からの取材依頼大歓迎★

カラオケ評論に関するテレビ・ラジオ出演、雑誌取材、執筆依頼など、喜んでお引き受けいたします。以下のお問い合わせフォームからお気軽にご依頼ください。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家の唯野奈津実が承ります(24時間以内に返信いたします)。
お急ぎの場合は、メールもしくはお電話にてお願いします。
メール:info@enjoysing.com 電話:O9O-22O2-5616(ゆいの)

●カラオケ評論家となるまでの略歴●

 1975年  00歳 カラオケボックス発祥の地、岡山にて誕生する
 1980年  05歳 両親から将棋を教わった影響で、村田英雄さんの「王将」を諳んじる
 1983年  08歳 町内のお祭りでカラオケ初体験、歌詞の意味もわからず「雨の西麻布」を歌う
 1984年  09歳 「俺ら東京さ行ぐだ」に夢中になり後年のIKZOブームを先取る
 1986年  11歳 遠足のバスで歌詞の意味もわからず「スキップ・ビート」を歌い顰蹙を買う
 1990年  15歳 念願のCDラジカセを購入、初めて買ったCDはJITTERIN’JINNの「夏祭り」
 1991年  16歳 カラオケボックス初体験、初めて歌った曲は当時大流行の「愛は勝つ」
 1992年  17歳 槇原敬之さんの「どんなときも。」にハマり、高校時代は槇原さん一色となる
 1993年  18歳 友人とカラオケに通い、自分の歌が下手だということが発覚、克服を決意する
 1994年  19歳 大学進学するもカラオケ仲間に恵まれず、やむなく一人カラオケを始める
 1995年  20歳 カラオケボックスでアルバイトを開始、人生観が変わり大学を中退する
 1997年  22歳 筑波大学に再入学し、カラオケスナックでアルバイトを開始する
 1998年  23歳 運転免許を取得し、ドライブ中にカラオケを練習する方法を確立する
 2000年  25歳 大学の単位を取り尽くしたので毎日のように一人カラオケに通う
 2001年  26歳 初めて市民会館のステージで歌う、曲はポルノグラフィティの「サウダージ」
 2002年  27歳 普及し始めたICレコーダーを購入し、自分の歌を録音分析するようになる
 2003年  28歳 商店街のカラオケ大会で初入賞、曲は「きよしのズンドコ節」
 2005年  30歳 メールマガジン「カラオケ上達実線バイブル」を創刊する(部数6500部)
 2006年  31歳 カラオケDAMのコンテンツ「ランキングバトル」にハマり、1日8時間ほど歌う
 2007年  32歳 屋号を「エンジョイシング」とし、カラオケ評論家活動を開始する
 2008年  33歳 「一人でカラオケに行く人」としてNHKの情報番組にテレビ初出演する
 2009年  34歳 全国のカラオケ大会を行脚し、優勝・入賞を多数経験する
 2010年  35歳 独自のカラオケ上達実践法を纏めた「カラオケ上達100の裏ワザ」を出版する
 2011年  36歳 カラオケ評論家活動を本格化、メディアにて評論・執筆活動を展開する
 2013年  38歳 「カラオケ評論家」を商標登録、日本で唯一のカラオケ評論家となる
 2014年  39歳 「東京カラオケグランプリ」「わくわくカラオケグランプリ」のプロデュースなど、カラオケ大会プロデューサーとして本格的に活動を始める
 2015年  40歳 「東京カラオケグランプリ2015」「第2回わくわくカラオケグランプリ」に加え、「池袋昭和歌謡のど自慢2015」をプロデュース。茨城県常総市の自宅が洪水で浸水(被害総額数百万)

唯野奈津実のカラオケ著書

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

ゆいのなつみ公式Twitter

唯野奈津実の著書第二弾

スキマ評論家

副業革命!スキマ評論家入門

評論家になるための入門書。唯野奈津実の「カラオケ評論家」のように、あなたも早速評論家になってみよう!

カラオケチェーン店リンク

ビッグエコー
まねきねこ
カラオケBanBan
シダックス
コート・ダジュール
ジャンボカラオケ広場
カラオケ館
JOYSOUND直営店
コロッケ倶楽部
カラオケルーム歌広場
歌うんだ村グループ
カラオケCLUB DAM
カラオケの鉄人
わくわくカラオケグループ
カラオケ歌屋
カラオケJOYJOY
ジャパンカラオケ
カラオケマック
カラオケレインボー
カラオケ招福亭クレヨン
カラオケ時遊館
カラオケマイム
カラオケパセラ
バンガローハウス
サウンドパーク
カラオケモコモコ
GESTグループ
フラココ&パークサイド
カラオケ747
カラオケ合衆国
遊ランドグループ
カラオケシティベア
カラオケアーサー
ドレミファクラブ
カラオケマッシュ
コロナ&ヴォイスキャッツ
カラオケA.Q.A
歌のステージ19
カラオケスカイ
クイーンズエコー
カラオケデイ・トリッパー
カラオケパークベスト10
カラオケJOYグループ
カラオケハピカラ
カラオケアジアン
カラオケグー
メロディランド
カラオケスタジオジョッコ
カラオケ歌之助
カラオケONE
カラオケドヌオス
カラオケバスター
カラオケ漫遊來 + ドルフィン
カラオケスタジアム
カラオケラミューズ
エル・トレイン
カラオケストランド
カラオケラジオシティー
カラオケバンダイ
カラオケガウディ
カラオケルームロックス
カラオケアドアーズ
カラオケナンバーナイン
カラオケHAPPY
カラオケムーン + シンシア
バナナクラブ
カラオケ804