ジャンボカラオケ広場名駅西口店に行ってきました。

名古屋カラオケボックス巡りの旅、第二弾はジャンカラさんです。

07
ジャンカラさんと言えば、関西でシェアナンバーワンを誇る大手カラオケチェーン。
全139店舗中、実に116店舗を関西地区で出店しています(2015年1月1日現在)。
最近では関西のみならず、九州・東海、そして北海道にも出店範囲を広げるなど、
今もっとも元気なカラオケチェーン店のひとつです。

01
今回訪れたのは、名古屋駅を出てすぐの名駅西口店。
…ちょうど隣には、言わずと知れた業界ナンバーワンの店舗数を誇るビッグエコーさんがあります。

どちらが先か後かはわかりませんが、
隣同士というのは、お互いになかなかやりにくいところもあるかもしれませんね。。

02
ジャンカラさんにも趣向を凝らした「コンセプトルーム」が多くあります。
(ジャンカラさんでは「リラカラ」と言います)。

03
唯野が指定したわけではないですが、たまたまホームシアタールームに通されました。
ソファーとクッションが、どことなくリラックス感を引き立たせます。

さて、ジャンカラさんにはタブレットオーダーシステムが完備されています。

04
「ジャンたっち」。
…端末の形はキョクナビそのものですが、そこは気にしないということで。
フードメニュー、ドリンクメニューのオーダーは全てこの「ジャンたっち」で行います。

カラオケボックスへのタブレットオーダーシステムの導入は、唯野も各方面で強く推奨しているところです。

現状の主流であるインターホンオーダーの場合、
実際のところ、注文の「聞き忘れ」「作り忘れ」というケースが非常に多いのです。
インターホンを受けるのはたいていフロントですので、
フロントが精算等の接客で忙しい時など、ついオーダーが「漏れる」ケースが多々あります。

その点、タブレットオーダーシステムであれば注文履歴も残りますし、
注文自体もフロント要員を介さずに、ダイレクトに厨房で確認できますので、
オーダーの対応漏れのリスクはぐんと下がるはずです。

これからのカラオケボックス、タブレットオーダーシステムは超必須と唯野は考えます。

さて、唯野も早速注文してみました。

05
マヨチキ丼(490円)

唐揚げ丼をイメージしていましたが、
その唐揚げが豚足のように細長かったのが印象的でした。
レタスやピンクのガリが良いアクセントになっていて美味しくいただきました。

さて、ジャンカラさんの「ジャンたっち」は、オーダー以外にも便利な機能があります。

06
このように、退室時間を知らせてくれるのです。
終了時間10分前になったタイミングから、1分おきに画面上に表示されます。

カラオケボックスでおなじみのあの光景、
「10分前ですけれど延長はよろしいですか?」の電話は、ジャンカラさんにはありません。
これも非常にユーザーにとってはありがたいことです。

正直、フロントからの「10分前コール」は、
盛り上がっているカラオケを一瞬で「興ざめ」させてしまう要素もありますもので。。

さらに、一人カラオケで採点や録音を楽しんでいるお客様などは、
10分前コールが入ることによって、採点も録音も台無しになってしまいます。。

そういう意味でも、タブレットで時間を知らせる仕組みは非常に親切かと思います。
ジャンたっち、大活躍ですね。

この日は冬休み最後の日ということからか、平日の昼にもかかわらず満室のようでして、
画面上にも「只今満室のため、ご延長できません」と表示されていました。

精算は、後払い方式。
後払い精算は、カラオケボックス業界では一般的ですが、
関東の歌広場さんが前払い方式なのを考えると、唯野的にはちょっと意外な感じもします。

と言いますのは、カラオケ歌広場さんとジャンボカラオケ広場さんは、創業者が兄弟同士。
なので、互いに似た部分も多いはず、とつい考えてしまうものでして。。
(もっとも、資本関係の繋がりは一切ないようです)。

たとえば、マスコットキャラクターは、色違いでほぼ同じものを使っています。

無題 07
左:カラオケ歌広場さん
右:ジャンボカラオケ広場さん

ちなみにジャンカラさんのキャラクターの名前。
ネット上では「デルちゃん」という説が多く広まっています。

ところがジャンカラさんの公式Twitterでは、
08
という見解のようです。

…デルちゃんと呼ばないように気をつけましょう(笑)。

★カラオケメーカー・チェーン店の本社関係者様★

いつも当サイト「唯野奈津実のカラオケの世界」にアクセスいただきありがとうございます。

1日平均5000アクセスの当サイトは、日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実がカラオケの最新情報を紹介しながら、経営目線・ユーザー目線それぞれからの論評を展開していく、総合的カラオケポータルサイトです。

当サイトの最大の特徴は、「カラオケ評論家」という、いずれの企業にも属さないニュートラルな立場による論評提示にあります。

当サイトに毎日アクセスしていただければ、競合他社のニュースや動向をいち早く掴むことができ、ニュートラルな視点におけるカラオケ業界の状況分析をすることができます。

社内イントラをお持ちの業者様がいらっしゃれば、社内ポータルサイトに当サイトのリンクを張っていただければ、最新のカラオケ事情を全社員が素早く共有できることと思います。

当サイトはリンクフリーですので、リンクを張られる際に、エンジョイシング・唯野に確認する必要はございません。御社内での情報共有の促進に、当サイトを今後ともぜひご利用ください。

カラオケ評論家を商標登録しました。

カラオケ評論家

「カラオケ評論家」は唯野奈津実の登録商標です。
日本で唯一のカラオケ評論家として、取材・執筆等の依頼を承っております。
カラオケ特集コーナーの企画相談・出演依頼など、
お気軽にお問い合わせください。

カラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースします。

地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

53

地域の活性化、集客の目玉イベントとして、カラオケ大会を開催してみませんか?
エンジョイシングでは、カラオケ大会の開催に向けたトータルプロデュースを承っています。

・レーベル・レコード会社の所属アーティストの宣伝を兼ねたカラオケ大会
・地方自治体の運営する市民イベント(夏祭りなど)
・カラオケ店が自店で開催するカラオケ祭り(カラオケコンテストなど)
・カラオケチェーン店による自社ブランドのカラオケ大会(○○社杯カラオケ大会など)
・ショッピングモール全体を使った「店起こし」のイベント(お客様感謝イベントなど)

・etc..

お気軽に下記までご相談ください(相談無料、予算に応じた提案可能です)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

東京カラオケまつり2018

東京発、歌で日本を盛り上げる「東京カラオケまつり2018」

4月~7月に全4回の予選大会を開催し、2018年8月26日にグランドチャンピオン大会を開催いたしました。結果はこちら。
http://karaokematsuri-blog.com/

2015年1月
« 12月   2月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カラオケチェーン店リンク

まねきねこ
ビッグエコー
カラオケBanBan
シダックス
ジャンボカラオケ広場
コート・ダジュール
カラオケ館
JOYSOUND直営店
コロッケ倶楽部
カラオケルーム歌広場
カラオケCLUB DAM
カラオケJOYJOY
わくわくカラオケグループ
カラオケファンタジーグループ
カラオケ歌屋
カラオケの鉄人
ジャパンカラオケ
カラオケマック
カラオケレインボー
カラオケ時遊館
カラオケマイム
カラオケモコモコ
カラオケパセラ
バンガローハウス
サウンドパーク
フラココ&パークサイド
GESTグループ
遊ランドグループ
カラオケシティベア
カラオケ747
カラオケ合衆国
カラオケマッシュ
ドレミファクラブ
カラオケA.Q.A
カラオケ招福亭クレヨン
カラオケアーサー
カラオケHAPPY
カラオケパークベスト10
カラオケスカイ
コロナ&ヴォイスキャッツ
歌のステージ19
クイーンズエコー
カラオケデイ・トリッパー
カラオケダックス
カラオケJOYグループ
カラオケアジアン
カラオケハピカラ
カラオケグー
メロディランド
カラオケスタジオジョッコ
カラオケONE
カラオケスタジアム
カラオケドヌオス
カラオケ漫遊來 + ドルフィン
カラオケUNO
カラオケラジオシティー
エル・トレイン
カラオケストランド
カラオケバンダイ
カラオケスパイラル
カラオケJB
カラオケ歌之助
カラオケバスター
カラオケガウディ
カラオケルームロックス
カラオケアドアーズ
カラオケナンバーナイン
カラオケペルシャ館
カラオケムーン(吸収)
バナナクラブ(吸収)
カラオケ804(吸収)
歌うんだ村グループ