カラオケ店舗情報

持ち込みOKカラオケ店にうなぎ弁当を持ち込んでみました。

投稿日:2015年12月17日 更新日:

ファミリーマートとカラオケCLUB DAMとのコラボレーション。
セルフカラオケのCLUB DAM蒲田南口駅前店。

01
2014年4月にコンビニ併設カラオケ店として開店し、大きな話題を呼びました。
入口はファミリーマート側にあり、入ってすぐ右手に向かうとカラオケボックスとなっています。

そしてこのお店の最大の特徴といえばこちら。

03
持ち込みOKです。
「ファミリーマートとの併設店なので持ち込みはファミリーマートの物だけ?」
かと言えばそうではなく、外部からの飲食の持ち込みもOKとのことです。
(店員さんに確認しました)。

というわけで唯野も。

04
うなぎ弁当を持ち込んでみました。

蒲田駅の東急の地下で買った1800円のうなぎ弁当です。
うなぎ弁当を食べながらカラオケを楽しむ、何とも贅沢なひとときです。

食べ終わった容器もこのように、

05
店内にしっかりゴミ箱を用意してあるので便利です。

ちなみにゴミ箱の向かいにはこのようにドリンクバーが設置されています。

06
ドリンクバーは別料金になります。
ドリンクバーを使わなくても、
ファミリーマートでペットボトルのお水を買ってきても良いかもしれませんね。

さて、こうした持ち込みOKシステムですが、お店側にとってのメリットはどこにあるでしょうか?

それは人件費の削減。
持ち込みOKとすることで、カラオケボックスにフードメニューを用意する必要がありません。
つまり、調理ならびにフードを届けるといった要員が不要となるのです。

さらに精算もこのように。

11
ファミリーマートの入口にある自動精算機を使います。
入室時に渡されたレシートに印字されたバーコードを機械の読み取り部に当てると、

12
このように料金が表示されます。
あとは精算機に料金を入金するだけ。
つまり、精算時の「レジ係」の要員も不要というわけです。

さらに言えば、こちらのカラオケCLUB DAM蒲田南口駅前店は自動延長制。
つまり、いわゆる「10分前コール」がありません。
通常、カラオケ店の店員さんは各部屋の退室時間を確認しながら、
時間間際になるとインターフォンでお知らせするといった対応を行います。
その対応を行う要員も、こちらのお店では不要です。

調理要員も不要。
配膳要員も不要。
精算要員も不要。
10分前コール要員も不要。

店員さんは基本、入室時の受付のみの対応で良いわけです。
お客様からするとまさに「セルフカラオケ」ですね。

通常、カラオケ店は飲食注文による売上が収益の柱となります。
逆にルーム料金はどこのカラオケチェーン店も極力安価に設定しているため、
維持費等を考えるとさほど収益に結びつかないのが現状です。

そんな中、飲食メニューによる売上をあえて切り捨て、
その分、人的コストを削減することで相対的に収益を得ると施策を採っているのが、
こちらのカラオケCLUB DAM蒲田南口駅前店というわけです。

こうしたセルフカラオケ方式の店舗の走りはカラオケパークベスト10さんかと思いますが、
今後益々広がっていくのではないかと考えています。

◎飲食メニューを充実させて、オーダー売上の拡充によって収益を得るスタイル
◎持ち込みOKにして、その分の人件費を削減して収益を得るスタイル

今後、どちらのカラオケ店のスタイルが主流となっていくのか、見守っていきたいと思います。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・情報提供依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)