カラオケ店舗情報

カラオケBanBan坂東岩井店に行ってきました。

投稿日:2015年1月26日 更新日:

カラオケ店の新規オープンと聞けば、黙っていられないのがカラオケ評論家。
今回は、01/23(金)にオープンしたカラオケBanBanさんの坂東岩井店に
オープン当日に歌いに行ってきました。

01
こちらの店舗になります。
新規オープン店らしく、BanBanのトレードマークの紺色地の壁に
オレンジで縁取りされた「カラオケ」の文字が綺麗に映っています。

坂東岩井店は、茨城県坂東市のお店。
都心と違い、ロードサイド店なので、交通手段は車になります。
鉄道はありません。
唯野はオープン日の深夜に伺いました。

ちなみにこちらのお店、以前はHAPPYさんというカラオケボックスでした。
唯野が非常に注目しているHAPPYさん、他にも茨城県常総市にあります。
常総市には大手カラオケボックスチェーン店がないので、
新規参入という意味では狙い目の地域かと思います。
(唯野自身も、常総市にカラオケボックスを持ちたいと密かに思ったりも)。

さて、坂東岩井のBanBanさんですが、

03

04
さすが新規オープン店、内装も非常に綺麗に整えられています。
ソファーも新品で気持ちが良いですね。

さて、BanBanさんの新しい店舗では、このようなタブレットオーダーシステムがあります。

05
「ちゅうもんクンNEXT」。
お店によっては、一世代前の「ちゅうもんクン」も活躍中です。

個人的には、こうしたタブレットオーダーシステムは
カラオケボックスにはもはや「必須」だと思っています。

従来のインターフォン注文という仕組みでは、
実際、「注文忘れ」というケースが、思いのほか多いのです。。

タブレットオーダーシステムであれば、「注文忘れ」というリスクを
かなりの割合で軽減することが可能です。
ぜひ、他の店舗にも取り入れていただければと思います。

06
左:お肉たっぷりミートスパゲティ(560円)
右:フライドポテトバーベキュー味(350円)

深夜にも関わらず、気持ちよく作っていただき感謝です。
ポテトはやや大き目で一人で食べるには意外とボリュームがあります。
ミートスパゲティもいい具合にソースが絡んでいて美味しくいただきました。

BanBanさんは、ここ数年、飛躍的に店舗数を増やしていっています。
店舗数では、ビッグエコーさん、まねきねこさんに続くカラオケチェーン業界第三位。
300店舗以上のお店を展開するのはこの3社のみです。
増加度で言えば、BanBanさんが一番なのではないでしょうか?

お店のコンセプトは何と言ってもリーズナブルな料金体系。
標準でドリンクバーが付いている点も嬉しいところです。
また、都心部から地方の郊外にまで幅広く出店しているので全国的な知名度も十分です。
北海道にも、沖縄にも、BanBanさんは展開しています。

BanBanさんの社内スローガンは「安くても最高のサービスを」。
リーズナブルだからといって、決して手を抜かないところも人気の秘密です。
あなたのお住まいの近くにBanBanさんがありましたら、ぜひ歌いに行ってみてください。

<おまけ>
一部のBanBanさんではこのように、唯野著の「カラオケ上達100の裏ワザ」を貸し出ししています。

BanBan
こちらも合わせてお読みいただければ幸いです。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・情報提供依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)