カラオケ大会情報

わくわくカラオケグランプリ、音源審査通過倍率、3.34倍。

投稿日:

首都圏を中心に52店舗のカラオケボックスを展開する
株式会社メロ・ワークス様主催の「第1回わくわくカラオケグランプリ」。
http://wakukaragp.com/

このカラオケ大会は、何度か申し上げている通り、
カラオケ評論家・唯野奈津実がトータルプロデュースをさせていただいています。

エントリー期間が約1ヶ月と非常に短期間の募集だったのですが、
想定以上に出場希望者が殺到致しまして、
募集定員100名のところ、334組の方々からの出場希望を受け付けることができました。

つまり、わくわくカラオケグランプリ本選に出場できるのは、
エントリーいただいた方の約3人に1人だけとなります。

…本来であれば、せっかく「カラオケ大会に出場したい!」と思われてエントリーされた方には
全員に出場していただきたいところなのですが、
会場の収容人数や当日のタイムスケジュールの都合等を考慮すると、
どうしても100名程度の出場枠となってしまいます。
このあたり、プロデューサーとしては、非常に心苦しく思うところです。。

さて、これだけの多くのエントリーをいただけた秘密ですが、
まさに、これに尽きると思っています。

01

03
わくわくカラオケグループの全てのカラオケ店において、
このように、店頭で大々的にカラオケ大会の告知をしていただいています。

つまり、多くのカラオケユーザーの目に留まり
「カラオケ大会かあ、ちょっと出てみようかな…」
と思っていただけたところが非常に大きいのかなと思います。

そしてもう一点。

02

04
写真をご覧いただければわかると思いますが、
わくわくカラオケグループの各店において、
このように、手作りのPOPにて告知宣伝を行っています。

実際、カラオケチェーン店さんを冠名とした大型カラオケ大会、他にも多く開催されています。
しかしながらその多くは、大会名にこそはカラオケ店の名称がついていますが、
実際のところ、告知・集客は本部が担当して、運営は外部のイベント会社が行う
といった形式が多いものです。
そのため、現場の店員さんたちは、応募状況や大会本番の様子などについて、
実際のところ、あまり把握されていないものなのです。。

しかしながら、このわくわくカラオケグランプリは
わくわくカラオケグループ各店舗の、現場の店員さん・アルバイトさんたちが、
日々率先してお客様に告知・案内を行っています。
つまり、名実ともに、わくわくカラオケグループの方々が作り上げたカラオケ大会なのです。

こうした、カラオケ店舗の現場レベルでの「熱」が、
運営側の想定を超える多くのエントリーをいただけた要因だったのではないかと思います。

カラオケ大会開催まであと2週間足らずですが、
出場者全員に喜んでもらえるカラオケ大会となるよう、
唯野も大会プロデューサーとして、よりいっそう気を引き締めて運営していきたいと思います。
http://wakukaragp.com/

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
出演依頼・情報提供依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)