唯野奈津実のカラオケの世界~カラオケ評論家のカラオケポータルサイト

日本で唯一の「カラオケ評論家」(商標登録済み)・カラオケ大会プロデューサー。カラオケ業界のスポークスマンとしてテレビ・ラジオ出演多数。カラオケ記事の連載経験多数。コロナ禍のカラオケ業界の課題と取り組みなどお話しします。取材依頼・出演依頼歓迎。

カラオケ機種情報

「うたスキ動画」・「DAM★とも動画」のコラボはどのくらい利用されているのか?

投稿日:

JOYSOUNDの「うたスキ動画」やDAMの「DAM★とも動画」では、
自分のカラオケ歌唱シーンの撮影のみならず
既に撮影済みのどなたかのカラオケ動画に対して、
自分の歌唱シーンを被せるという「コラボ動画」という楽しみ方もできます。

ところでこのコラボ動画、実際のところ、
カラオケで歌唱動画の撮影を楽しんでいるユーザーのうち
どのくらいの割合で利用されているのでしょうか?

調べてみました。

「うたスキ動画」ならびに「DAM★とも動画」に現在公開されている動画のうち
公開日が2013/01/01~2014/02/26の期間のものをリストアップし、
それらの動画をそれぞれ、コラボ数別に分類してみました。
(調査日:2014/02/27)

その結果がこちらです。

コラボ動画

公開中のカラオケ動画のうち、
うたスキ動画で約71%、DAM★とも動画で約84%が、
コラボ数が「1」という結果でした。
つまり、コラボではない通常の個人撮影の割合が、この数字です。

逆算すれば、公開中のカラオケ動画のうち、
うたスキ動画で約29%、DAM★とも動画で約16%が、
コラボ動画ということになります。

結果を見る限り、多くの動画機能利用ユーザーは、
コラボ目的というよりも、自分自身のカラオケシーンを公開したいという想いから
動画機能を利用しているのかなとも思えます。

さて、調べてみて面白かったことがもうひとつ。
それはうたスキ動画とDAM★とも動画の傾向の違い。

総公開動画数が、うたスキ動画は228907、DAM★とも動画は29681と
文字通り、桁違いの結果となっています。

これは、カラオケ動画撮影サービスの提供開始時期が、
「うたスキ動画」のJOYSOUNDは2008年から、
「DAM★とも動画」のDAMよりは2011年から、
というように、
「うたスキ動画」のほうがサービスが早かった分、
カラオケ撮影ならJOYSOUNDというイメージが
カラオケファンの中にできているのかもしれません。

もちろん、DAMの場合は「DAM★とも録音」という
動画ではなく、純粋にカラオケ音源のみを録音するサービスもありますので
こちらを利用する方も多いという理由もあるでしょうね。

また、コラボ利用の割合も、
DAM★とも動画に比べてうたスキ動画のほうが2倍近い結果となっている点も、
興味深いところです。

うたスキ動画とDAM★とも動画をさらに見比べていけば、
JOYSOUNDユーザー、DAMユーザーそれぞれの傾向の違いが
もっともっと見えてきそうですね。

カラオケ評論家 本記事に関するお問い合わせ・取材依頼は以下から承ります。日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実(ゆいのなつみ)に何でもお聞きください。

唯野奈津実への取材依頼・業務依頼はこちら

当サイトのトップページはこちら

唯野プロデュースオンラインカラオケ大会
「新東京カラオケグランプリ2021」
(略称:TKGオンライン)

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに出演しています。コロナ禍におけるカラオケ業界の「本音」など、取材に何でもお応えします。
お問い合わせ・業務依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

JOYSOUND全国カラオケ大会など、多くのカラオケ大会で審査員を務めた唯野奈津実が、あなたの歌唱を拝聴の上、3営業日以内にアドバイスコメントを記載した審査表を作成します。
唯野カラオケ教室(寸評作成)