音楽授業にカラオケを

カラオケ評論家・唯野奈津実からの緊急提言。

学校の音楽の時間に「カラオケ」を!

カラオケで、マイクを持って歌う経験をすることで、子供たちに主体性が芽生えます。 さらに、一人の歌を全員がじっくり聴くことで、個を尊ぶ精神が身につきます。

歌を楽しみ、主役になれる気分を味わうことで、子供たちも音楽の時間をぐっと好きになるのではないでしょうか? さらに、高学年になると、音楽+体育の融合で「ダンス」の授業も可能です。 この場合も、カラオケを用いることで、歌+ダンスを表現することが出来ます。

 

・・・このように、カラオケは教育への限りない可能性を秘めています。
日本独特の文化「カラオケ」を、子供たちの教育に役立てていきませんか?

 
カラオケ授業
 

「学校教育にカラオケを!」運動、絶賛実施中。

後援、支援いただける方を募集しています。 また、現場の教育関係者、学校の先生のご意見もお聞かせください。 担当の唯野奈津実(ゆいのなつみ)の以下のメールアドレスまで、お気軽にご意見をお願いします。

info@enjoysing.com

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
お問い合わせ・業務依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)