カラオケメーカーの変遷

●通信カラオケメーカーの変遷 通信カラオケメーカーの変遷

通信カラオケの始まりは、1992年のタイトー、次いでエクシングでした。

その後、1995年までに各メーカーによる参入が相次ぎましたが、 2000年代前半には多くのメーカーが撤退し、それらはエクシングとBMBに吸収合併されていきました。

2000年代後半では、第一興商の「DAMシリーズ」、エクシングの「JOYSOUND」シリーズ、BMBの「UGA」シリーズによる三つ巴となりましたが、 2010年に、エクシングがBMBを吸収合併したことで、通信カラオケメーカーは第一興商とエクシングの2企業に集約されています。

2011年現在、エクシングは「JOYSOUND」シリーズと「UGA」シリーズの両ブランドを並列運営しており、 第一興商の「DAM」シリーズを含め、ユーザーが通常利用できるカラオケ機種は上述3種類となっています。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家・カラオケ業界のスポークスマンとして、各種メディアに絶賛出演中です。
お問い合わせ・業務依頼はこちら

カラオケ評論家

カラオケボックスチェーンの全国店舗数を集計しています。全国で一番多いカラオケ店は?

12項目の個別採点と、総評・良い点・惜しい点をそれぞれ区分けしたアドバイスコメントを記載した歌唱審査表をお送りします。
唯野カラオケ教室(寸評作成)