カラオケメーカーの変遷

●通信カラオケメーカーの変遷 通信カラオケメーカーの変遷

通信カラオケの始まりは、1992年のタイトー、次いでエクシングでした。

その後、1995年までに各メーカーによる参入が相次ぎましたが、 2000年代前半には多くのメーカーが撤退し、それらはエクシングとBMBに吸収合併されていきました。

2000年代後半では、第一興商の「DAMシリーズ」、エクシングの「JOYSOUND」シリーズ、BMBの「UGA」シリーズによる三つ巴となりましたが、 2010年に、エクシングがBMBを吸収合併したことで、通信カラオケメーカーは第一興商とエクシングの2企業に集約されています。

2011年現在、エクシングは「JOYSOUND」シリーズと「UGA」シリーズの両ブランドを並列運営しており、 第一興商の「DAM」シリーズを含め、ユーザーが通常利用できるカラオケ機種は上述3種類となっています。

2020年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

カラオケメーカーリンク

カラオケチェーン店リンク

まねきねこ
ビッグエコー
カラオケBanBan
カラオケ館
ジャンボカラオケ広場
コート・ダジュール
JOYSOUND直営店
コロッケ倶楽部
カラオケルーム歌広場
カラオケJOYJOY
カラオケCLUB DAM
わくわくカラオケグループ
カラオケ歌屋
カラオケの鉄人
カラオケファンタジーグループ
シダックス
ジャパンカラオケ
カラオケマック
カラオケレインボー
カラオケ時遊館
カラオケマイム
カラオケモコモコ
カラオケパセラ
サウンドパーク
カラオケシティベア
フラココ&パークサイド
カラオケパークベスト10
遊ランドグループ
サウンドフラッシュグループ
バンガローハウス
カラオケ747
カラオケ合衆国
ドレミファクラブ
カラオケA.Q.A
カラオケマッシュ
カラオケアーサー
カラオケHAPPY
カラオケレストラン・グー!
カラオケ招福亭クレヨン
カラオケスカイ
コロナ&ヴォイスキャッツ
クイーンズエコー
カラオケダックス
カラオケJOYグループ
カラオケハピカラ
カラオケONE
歌のステージ19
カラオケデイ・トリッパー
メロディランド
カラオケスタジオジョッコ
カラオケスタジアム
カラオケアジアン
カラオケドヌオス
カラオケ漫遊來 + ドルフィン
カラオケUNO
カラオケラジオシティー
カラオケストランド
カラオケD's
カラオケバンダイ
カラオケJB
カラオケスパイラル
カラオケガウディ
カラオケルームロックス
カラオケアドアーズ
カラオケ歌之助
カラオケバスター
エル・トレイン
カラオケナンバーナイン
カラオケMUSIC
カラオケペルシャ館
カラオケムーン(吸収)
バナナクラブ(吸収)
カラオケ804(吸収)
歌うんだ村グループ