「ダンシング・ヒーロー」ついにカラオケランキング第1位。

勢いとは凄いものです。
高校生ダンス部のパフォーマンスをきっかけに一大ブームとなった、
80年代のヒット曲、荻野目洋子さんの「ダンシング・ヒーロー」。
ついにJOYSOUNDのデイリーリクエストランキングで第1位となりました。


JOYSOUNDデイリーランキング(2017/12/26 23時更新)
https://www.joysound.com/web/karaoke/ranking/all
(リンク先の順位は本記事掲載当時とは異なる場合があります)

つまり、JOYSOUNDだけで言えばですが、この日、日本で最も歌われた曲ということになります。
昨年末から50週以上連続で週間ランキング第一位を獲得した星野源さんの「恋」や
クリスマスの定番曲として支持を集めるback numberの「クリスマスソング」よりも歌われています。

DAMについても、デイリーランキングの発表はありませんが、
ウィークリーランキングでは現在第3位となっています。


DAMウィークリーランキング(2017/12/17~2017/12/23)
http://www.clubdam.com/app/dam/dam/rankingTop50_link/index.html
(リンク先の順位は本記事掲載当時とは異なる場合があります)

「ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)」は1985年11月21日にリリースされた曲で、
リリース後から1986年前半にかけて大ヒットとなりました。
2017年の現在からさかのぼると、今から32年前の曲です。

ちなみにこの1985年に、日本で初めてカラオケボックス形式の店舗が誕生したとされています。
カラオケボックスはその後、全国で大ブームになり、そして現在に至りますが、
逆に言えば、1985年当時においての「カラオケ」とは、
スナックなどのいわゆる「ナイト市場」を中心としたお酒の場での娯楽のものであり、
老若男女誰でも身近に楽しめるといったものではなかったのです。

…ということを考えると、
実は過去32年間で最も「ダンシング・ヒーロー」が歌われているのは、
32年前当時ではなく、今この現在なのかもしれません。

そしてまた、これだけ多くの支持を集めているということは、
単なるブームとして「とりあえず歌われている」というわけではなく、
楽曲そのものもまた、現在聴いても歌っても新鮮に感じる名曲だったということだと思います。

実は、カラオケランキングにおいて、
急に過去のヒット曲がランキングの上位に入ってくるという現象は、
時折見られたりもするのです。

主にそれは、歌手が事件を起こした時や亡くなった時。

特に事件においては、レコード会社等が一斉にCD等を回収するのに対し、
カラオケではそのまま変わらず歌い続けることができるため、
多くのユーザーが「思い出したように」カラオケで歌うといった傾向が見られます。

しかしながら今回の「ダンシング・ヒーロー」現象は、
高校生の懸命で見事なダンスが火付け役となってのムーブメントですので、
カラオケランキングとして見ても、非常にポジティブな急上昇チャートとなっています。

大晦日のNHK紅白歌合戦でも、高校生の皆様がダンスを披露するとのお話もありますので、
この「ダンシング・ヒーロー」現象は、翌2018年もしばらく続いていくものと思われます。
(もっとも紅白歌合戦ではなぜか、荻野目洋子さんではなく郷ひろみさんとコラボするようですが…)

また、こうした過去のヒット曲の再ヒット現象は、
カラオケのみならず音楽業界そのものを活性化する効果もあると思います。

80年代、まだまだ現代に通用する名曲がいっぱいございます。
第2の、第3の「ダンシング・ヒーロー」の登場もまた期待したいと思います。

<追伸>

現在の高校生がなぜ32年も前の曲を知り、そしてダンスに取り入れようと考えたのか?
それは、明らかにYoutubeの影響が大きいと思います。

現在、Youtubeには過去のヒット曲の映像が非常に多くアップされています。
言ってしまえば、Youtubeは過去の名曲を知るきっかけの場でもあるわけです。

とは言え、厳密に言えば、
版権のあるCD(昔で言えばレコード)音源をそのままアップすることは、
著作権的にはNGですし、
「ザ・ベストテン」のような過去の音楽番組の映像をアップすることもNGです。

Youtubeにおいて権利をクリアできるのは(オフィシャルを除き)、
「JASRAC登録曲のうち、自分自身の演奏(もしくはアカペラ)で歌った動画をアップすること」
までです。

しかしながら現実としては、
過去のヒット曲の音源や音楽番組の映像がそのままアップされているケースは無数にあり、
その音源をきっかけに過去のヒット曲に脚光があたる例もまたございます。

このあたり、音楽業界全体の活性化という視点で考えるならば、
今後はある程度の規制緩和を認めていくことが現実的な流れであるかと思っています。

もちろん権利は大事ですが、そもそも音楽は「聴いてもらわなければ」知られようがありません。
そしてYoutubeは、今やインフラとして最大のポジションにある媒体と言えるものです。

権利の問題がクリアになり、音楽の流通がよりスムーズなものになることが今後期待されます。

<追伸2>

かつて「IKZOブーム」において、
吉幾三さんは自身のヒット曲「俺ら東京さいぐだ」が多く利用されたことについて、
「温故知新」と寛大な感想を述べられたとされています。

カラオケ評論家を商標登録しました。

カラオケ評論家

「カラオケ評論家」は唯野奈津実の登録商標です。
日本で唯一のカラオケ評論家として、取材・執筆等の依頼を承っております。
カラオケ特集コーナーの企画相談・出演依頼など、
お気軽にお問い合わせください。

カラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースします。

地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

53

地域の活性化、集客の目玉イベントとして、カラオケ大会を開催してみませんか?
エンジョイシングでは、カラオケ大会の開催に向けたトータルプロデュースを承っています。

・レーベル・レコード会社の所属アーティストの宣伝を兼ねたカラオケ大会
・地方自治体の運営する市民イベント(夏祭りなど)
・カラオケ店が自店で開催するカラオケ祭り(カラオケコンテストなど)
・カラオケチェーン店による自社ブランドのカラオケ大会(○○社杯カラオケ大会など)
・ショッピングモール全体を使った「店起こし」のイベント(お客様感謝イベントなど)

・etc..

お気軽に下記までご相談ください(相談無料、予算に応じた提案可能です)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

★カラオケメーカー・チェーン店の本社関係者様★

いつも当サイト「唯野奈津実のカラオケの世界」にアクセスいただきありがとうございます。

1日平均5000アクセスの当サイトは、日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実がカラオケの最新情報を紹介しながら、経営目線・ユーザー目線それぞれからの論評を展開していく、総合的カラオケポータルサイトです。

当サイトの最大の特徴は、「カラオケ評論家」という、いずれの企業にも属さないニュートラルな立場による論評提示にあります。

当サイトに毎日アクセスしていただければ、競合他社のニュースや動向をいち早く掴むことができ、ニュートラルな視点におけるカラオケ業界の状況分析をすることができます。

社内イントラをお持ちの業者様がいらっしゃれば、社内ポータルサイトに当サイトのリンクを張っていただければ、最新のカラオケ事情を全社員が素早く共有できることと思います。

当サイトはリンクフリーですので、リンクを張られる際に、エンジョイシング・唯野に確認する必要はございません。御社内での情報共有の促進に、当サイトを今後ともぜひご利用ください。

第3回わくわくカラオケグランプリを開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、株式会社メロ・ワークス様主催の大型カラオケ大会「第3回わくわくカラオケグランプリ」の総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 2016年10月23日(日)
●会場:ホテルサンルート有明(国際展示場前駅すぐ)
●出場人数:80名(事前選考による合格者)
●審査委員:中本直樹先生(音楽プロデューサー)他3名
●表彰:優勝賞金10万円、他各賞を用意(30名程度の表彰)

首都圏に54店舗を展開する大手カラオケボックスチェーン「わくわくカラオケグループ」主催のカラオケ大会として、応募総数400名以上の中から選考を通過した80名のご出場者ならびにご観覧者様で満員の会場の中、開催いたしました。

詳細は「わくわくカラオケグランプリ特設サイト」まで。

★カラオケ大会をプロデュースします★
地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

お気軽に下記までご相談ください(相談無料)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

東京カラオケグランプリ2016を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2016年8月13日(土)に開催されたカラオケ大会「東京カラオケグランプリ2016」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:角筈区民ホール(新宿区)
●出場人数:100名
●審査委員長:相田篤考先生(音楽プロデューサー)
●表彰:優勝その他各賞を用意(30名以上の表彰あり)

優勝者は、第23回日本カラオケボックス大賞(静岡)の東京地区代表としての出場を決めました。

東京カラオケボックス防犯協力会の主催のもと、東京中のカラオケボックスの店舗の力を結集して、カラオケで東京を盛り上げる、東京最大級のカラオケ大会となりました。

詳細は「東京カラオケグランプリ特設サイト」まで。

池袋昭和歌謡のど自慢2015を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2015年9月20日(日)に開催されるカラオケ大会「池袋昭和歌謡のど自慢2015」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:池袋西口公園屋外ステージ(池袋駅西口徒歩すぐ)
●出場人数:80名(2コーラス歌唱)
●表彰:優勝その他各賞を用意(20名以上の表彰あり)
●優勝賞金:5万円
●歌唱対象曲:昭和時代(1988年まで)に発表された曲

主催は、立教大学・豊島区・東京芸術劇場による「池袋=自由文化都市プロジェクト」。池袋の発展とともに人々を支えた昭和の名曲が、この日、池袋西口公園に蘇りました。

詳細は「池袋昭和歌謡のど自慢2015特設サイト」まで。

新東京カラオケグランプリ2017

唯野奈津実プロデュース大会、8月12日開催。
新東京カラオケグランプリ2017
会場:大田文化の森ホール(最寄駅:JR京浜東北線大森駅)
優勝賞金:5万円
入賞数:33賞
(大会は終了しました)。

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

日本カラオケボックス大賞2017

日本カラオケボックス大賞2017東京都代表選考会
開催日:07月01日(土)
会場:カラオケファンタジー水道橋店(最寄駅:JR中央線水道橋駅)
優勝特典:日本カラオケボックス大賞2017東京都代表出場権
(大会は終了しました)。

カラオケチェーン店リンク

まねきねこ
ビッグエコー
カラオケBanBan
シダックス
コート・ダジュール
ジャンボカラオケ広場
カラオケ館
JOYSOUND直営店
コロッケ倶楽部
カラオケルーム歌広場
カラオケCLUB DAM
歌うんだ村グループ
カラオケの鉄人
わくわくカラオケグループ
カラオケJOYJOY
カラオケ歌屋
ジャパンカラオケ
カラオケマック
カラオケレインボー
カラオケ時遊館
カラオケマイム
カラオケパセラ
サウンドパーク
カラオケ招福亭クレヨン
カラオケモコモコ
バンガローハウス
フラココ&パークサイド
カラオケ747
GESTグループ
カラオケ合衆国
遊ランドグループ
カラオケシティベア
カラオケアーサー
ドレミファクラブ
カラオケマッシュ
コロナ&ヴォイスキャッツ
カラオケA.Q.A
歌のステージ19
カラオケHAPPY
カラオケスカイ
クイーンズエコー
カラオケダックス
カラオケデイ・トリッパー
カラオケパークベスト10
カラオケJOYグループ
カラオケハピカラ
カラオケアジアン
カラオケグー
メロディランド
カラオケスタジオジョッコ
カラオケ歌之助
カラオケONE
カラオケドヌオス
カラオケバスター
カラオケ漫遊來 + ドルフィン
カラオケスタジアム
カラオケUNO
エル・トレイン
カラオケストランド
カラオケラジオシティー
カラオケJB
カラオケバンダイ
カラオケガウディ
カラオケルームロックス
カラオケアドアーズ
カラオケナンバーナイン
カラオケペルシャ館
カラオケムーン + シンシア
バナナクラブ
カラオケ804