参加型カラオケイベントは継続することが大事です。

唯野が毎年注目している大型カラオケ大会、KWC~カラオケ世界大会の
決勝進出者(全国オーディション合格者)が発表されました。
http://kwcjp.com/schedule/index.html#last-goukaku

文字通り、カラオケ世界一を決める大会ということで、
年々、多くのカラオケファンが目標とする大会でもあります。

日本では、2013年以降、第一興商さん主催で公募の日本代表決定戦が開催され、
選ばれた方々(男女1名ずつ)がそれぞれ世界に進出しています。

ちなみに2013年と2016年は、
日本代表の田中照久さんと海蔵亮太さんが、それぞれ世界一に輝いています。


田中さんは過去に、唯野プロデュースカラオケ大会の「東京カラオケグランプリ」で
審査員を務めてくださったこともあります。

さて、このようなカラオケ大会形式の参加型カラオケイベントの開催は、
主催側にとっても以下のような大きなメリットが期待できます。

◆大会を目標としたリピーターの定着
◆店舗・機種のブランドイメージの定着

そしていずれのメリットも、最終的にもたらすものは、お客様の増加です。
つまり、

1. カラオケ大会に出場したい
2. 良い歌唱をするために練習をしよう
3. カラオケボックスで日々歌い込もう

といったユーザーによる店舗来店サイクルが回ることで、
カラオケ店舗のファンやカラオケ機種のファンが増えていくわけです。

そしてイベントが無事開催され、出場者から好評を得られるものであった場合、
その評判がSNSを通してリアルタイムで拡散していきます。

すると、

「今回楽しかったから、次回もぜひ出たい!」
「今回楽しかったと聞いているから、次回はぜひ出てみたい!」

といった具合に、ますます訴求力のあるイベントとなっていきます。
すると、前述の1~3サイクルが前回以上に大きくなります。
そして益々、あるカラオケ店舗のファンが増え、あるカラオケ機種のファンが増えていきます。

つまり、好評を得られる参加型イベントを継続することによって、
ユーザーの支持は雪だるま式に大きくなっていくわけです。

継続は力なりとはよく言ったものです。

実際、唯野が毎年プロデュースさせていただいているカラオケ大会
「わくわくカラオケグランプリ」も今年で4回目(4年目)を迎えますが、
おかげさまで、非常に好評をいただいている大会ということもあり、
年々、出場希望者が増えていっています。

http://enjoysing.com/2016_11_01_22_12_20
↑昨年度、第3回わくわくカラオケグランプリの様子です。

同時に、大会主催元であるわくわくカラオケグループの各店舗は
大会を楽しみにするユーザーなどに日頃から根強く支持され親しまれる店舗として、
そのブランドイメージを年々定着していっています。

メロ・ワークスさん(わくわくカラオケグループ)の公式サイトはこちら。
http://melo-works.com/

これは、イベントを一度きりで終わらせるのではなく、
恒例イベントとして毎年開催し続けているからこそ、
大会そのものがブランドイメージとして定着していったと言うことができます。

同様に、KWCを毎年主催する第一興商さんも、
「世界最高峰のカラオケ大会を目指す人はDAMを選ぶ!」
といったブランドイメージの定着に成功しています。

イベントを繰り返すことの効果・影響力は非常に大きいと言えます。

先日、別の記事にも書いたのですが、
大きな企業が資金力を使っての、SNSによる「バラマキ宣伝」は、
決して費用対効果に見合った宣伝方法ではないと思っています。
(バラマキ宣伝=「リツイートしたら〇〇をプレゼント」的なSNSの使い方)

それよりも、少々泥臭くても、
ユーザーに肌で感動・満足を覚えていただけるカラオケイベントを提示し、
ユーザーが心から「良かった!」「また出たい!」と自発的に拡散することのほうが
SNSによる宣伝効果としては大きなものが期待できるかと思います。

そして、そのイベントを継続することで、
高評判のうねりはますます大きくなっていくわけです。
(もちろん、高評判を得られるイベントを尽力運営する必要はありますが)。

自分たちを「あっ」と言わせてくれる大型のカラオケイベントの開催を、
日本中のカラオケファンが待ち望んでいます。
そうした期待に応えることこそ、カラオケ業界の活性化に繋がり、
カラオケの未来を拓いていく王道的施策であると考えています。

<追伸>

実は唯野自身も過去にKWCに出ていました。


やはりこうした大会に出場すると気分が高揚するものです。
出場して、満足度いっぱいでした。

<追伸2>

8月に開催した唯野プロデュースの大会「新東京カラオケグランプリ」。
この時、出場者へお渡ししたアンケート用紙に、
以下のような設問を設けていました。

9. あなたの好きなカラオケの機種とその理由を教えてください(単数回答のみ)。

10. 9でDAMシリーズと答えた方に質問です。
仮に当大会の使用機種がJOYSOUND MAXであった場合、ご出場されていましたか?

100名の出場者からご回答いただいたアンケート用紙を分析したところ、
なかなか興味深い結果を得ることができました。

 


新東京カラオケグランプリ2017、閉会後の記念写真です。
運営者でありながら唯野も出場者同士の写真撮影の輪に入れていただき、
非常に光栄に思っています。

カラオケ評論家を商標登録しました。

カラオケ評論家

「カラオケ評論家」は唯野奈津実の登録商標です。
日本で唯一のカラオケ評論家として、取材・執筆等の依頼を承っております。
カラオケ特集コーナーの企画相談・出演依頼など、
お気軽にお問い合わせください。

カラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースします。

地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

53

地域の活性化、集客の目玉イベントとして、カラオケ大会を開催してみませんか?
エンジョイシングでは、カラオケ大会の開催に向けたトータルプロデュースを承っています。

・レーベル・レコード会社の所属アーティストの宣伝を兼ねたカラオケ大会
・地方自治体の運営する市民イベント(夏祭りなど)
・カラオケ店が自店で開催するカラオケ祭り(カラオケコンテストなど)
・カラオケチェーン店による自社ブランドのカラオケ大会(○○社杯カラオケ大会など)
・ショッピングモール全体を使った「店起こし」のイベント(お客様感謝イベントなど)

・etc..

お気軽に下記までご相談ください(相談無料、予算に応じた提案可能です)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

★カラオケメーカー・チェーン店の本社関係者様★

いつも当サイト「唯野奈津実のカラオケの世界」にアクセスいただきありがとうございます。

1日平均5000アクセスの当サイトは、日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実がカラオケの最新情報を紹介しながら、経営目線・ユーザー目線それぞれからの論評を展開していく、総合的カラオケポータルサイトです。

当サイトの最大の特徴は、「カラオケ評論家」という、いずれの企業にも属さないニュートラルな立場による論評提示にあります。

当サイトに毎日アクセスしていただければ、競合他社のニュースや動向をいち早く掴むことができ、ニュートラルな視点におけるカラオケ業界の状況分析をすることができます。

社内イントラをお持ちの業者様がいらっしゃれば、社内ポータルサイトに当サイトのリンクを張っていただければ、最新のカラオケ事情を全社員が素早く共有できることと思います。

当サイトはリンクフリーですので、リンクを張られる際に、エンジョイシング・唯野に確認する必要はございません。御社内での情報共有の促進に、当サイトを今後ともぜひご利用ください。

第3回わくわくカラオケグランプリを開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、株式会社メロ・ワークス様主催の大型カラオケ大会「第3回わくわくカラオケグランプリ」の総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 2016年10月23日(日)
●会場:ホテルサンルート有明(国際展示場前駅すぐ)
●出場人数:80名(事前選考による合格者)
●審査委員:中本直樹先生(音楽プロデューサー)他3名
●表彰:優勝賞金10万円、他各賞を用意(30名程度の表彰)

首都圏に54店舗を展開する大手カラオケボックスチェーン「わくわくカラオケグループ」主催のカラオケ大会として、応募総数400名以上の中から選考を通過した80名のご出場者ならびにご観覧者様で満員の会場の中、開催いたしました。

詳細は「わくわくカラオケグランプリ特設サイト」まで。

★カラオケ大会をプロデュースします★
地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

お気軽に下記までご相談ください(相談無料)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

東京カラオケグランプリ2016を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2016年8月13日(土)に開催されたカラオケ大会「東京カラオケグランプリ2016」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:角筈区民ホール(新宿区)
●出場人数:100名
●審査委員長:相田篤考先生(音楽プロデューサー)
●表彰:優勝その他各賞を用意(30名以上の表彰あり)

優勝者は、第23回日本カラオケボックス大賞(静岡)の東京地区代表としての出場を決めました。

東京カラオケボックス防犯協力会の主催のもと、東京中のカラオケボックスの店舗の力を結集して、カラオケで東京を盛り上げる、東京最大級のカラオケ大会となりました。

詳細は「東京カラオケグランプリ特設サイト」まで。

池袋昭和歌謡のど自慢2015を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2015年9月20日(日)に開催されるカラオケ大会「池袋昭和歌謡のど自慢2015」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:池袋西口公園屋外ステージ(池袋駅西口徒歩すぐ)
●出場人数:80名(2コーラス歌唱)
●表彰:優勝その他各賞を用意(20名以上の表彰あり)
●優勝賞金:5万円
●歌唱対象曲:昭和時代(1988年まで)に発表された曲

主催は、立教大学・豊島区・東京芸術劇場による「池袋=自由文化都市プロジェクト」。池袋の発展とともに人々を支えた昭和の名曲が、この日、池袋西口公園に蘇りました。

詳細は「池袋昭和歌謡のど自慢2015特設サイト」まで。

新東京カラオケグランプリ2017

唯野奈津実プロデュース大会、8月12日開催。
新東京カラオケグランプリ2017
会場:大田文化の森ホール(最寄駅:JR京浜東北線大森駅)
優勝賞金:5万円
入賞数:33賞
(大会は終了しました)。

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

日本カラオケボックス大賞2017

日本カラオケボックス大賞2017東京都代表選考会
開催日:07月01日(土)
会場:カラオケファンタジー水道橋店(最寄駅:JR中央線水道橋駅)
優勝特典:日本カラオケボックス大賞2017東京都代表出場権
(大会は終了しました)。

カラオケチェーン店リンク

まねきねこ
ビッグエコー
カラオケBanBan
シダックス
コート・ダジュール
ジャンボカラオケ広場
カラオケ館
JOYSOUND直営店
コロッケ倶楽部
カラオケルーム歌広場
カラオケCLUB DAM
歌うんだ村グループ
カラオケの鉄人
わくわくカラオケグループ
カラオケJOYJOY
カラオケ歌屋
ジャパンカラオケ
カラオケマック
カラオケレインボー
カラオケ時遊館
カラオケマイム
カラオケパセラ
サウンドパーク
カラオケ招福亭クレヨン
カラオケモコモコ
バンガローハウス
フラココ&パークサイド
カラオケ747
GESTグループ
カラオケ合衆国
遊ランドグループ
カラオケシティベア
カラオケアーサー
ドレミファクラブ
カラオケマッシュ
コロナ&ヴォイスキャッツ
カラオケA.Q.A
歌のステージ19
カラオケHAPPY
カラオケスカイ
クイーンズエコー
カラオケデイ・トリッパー
カラオケパークベスト10
カラオケJOYグループ
カラオケハピカラ
カラオケアジアン
カラオケグー
メロディランド
カラオケスタジオジョッコ
カラオケ歌之助
カラオケONE
カラオケドヌオス
カラオケバスター
カラオケ漫遊來 + ドルフィン
カラオケスタジアム
カラオケUNO
エル・トレイン
カラオケストランド
カラオケラジオシティー
カラオケJB
カラオケバンダイ
カラオケガウディ
カラオケルームロックス
カラオケアドアーズ
カラオケナンバーナイン
カラオケペルシャ館
カラオケムーン + シンシア
バナナクラブ
カラオケ804