東日本カラオケバトル2016決勝大会に伺いました。

ライブハウスでフルコーラス歌えるカラオケ大会として多くの支持を集めている
「東日本カラオケバトル」。

2016年度には各地区で全22回の予選会が開催されました。
22回の予選会というのは、平均して月に約2回開催されているということですので、
かなりの高頻度で開催されていると言えます。

しかも多くの予選会会場で募集定員を達しているという、
カラオケユーザーから根強い支持を集める大会でもあります。

そして今回03/19(日)に、
この22回の予選会を勝ち抜いた方々100組による決勝大会が開催されました。

開演前の準備の様子ですが、このとおり、屋外です。
実は決勝会場は2013年開業のイオンモール幕張新都心の屋外ステージ。

唯野も「池袋昭和歌謡のど自慢」など、屋外大会の運営経験がありますが、
「解放感があって気持ちよかった」とご出場者から感想をいただくなど、
おかげさまで大変好評をいただだきました。

同様に、こちらの東日本カラオケバトル2016決勝大会もまた
多くのご出場者が非常に充実感をもって歌われているように見受けられました。


イオン店内の電子公告にもこのように掲示がされています。

さて、こちらの大会の審査は4名の審査員による点数制となるわけですが、
審査員のうちの1名を唯野が務めることとなりました。

唯野自身、東日本カラオケバトル2016予選会の審査も何度か務めていることから、
特に唯野審査の時に決勝出場を決めた方々については、
審査をしながらもどことなく見守るような気持ちになるのも感じていました。
(もちろん、審査に私情は挟みませんが…)。

他にも唯野プロデュースの大会にご出場経験のある方々も多く、
総じてみると出場者の半分の50名程度は存じ上げている方々だったようにも思えます。

2015年のグランドチャンピオンは、今やすっかり有名人となった佐久間彩加ちゃん。


これはつい1年前、2015年度の決勝大会での表彰後の写真ですが、
これ以後、テレビ東京の「THE カラオケ★バトル」へのテレビ出演が始まり、
エイベックスのジュニア向けオーディション「キラチャレ2016」で
歌部門のグランプリに輝くなど、破竹の活躍を見せる小学6年生です。
http://avex.jp/kiratto/

そして今回、2016年度のグランドチャンピオンに輝いたのは、
セリーヌ・ディオンさんの「My Heart Will Go On」を歌われた阪本一颯さん。
実は阪本一颯くんも小学5年生なのですが、他の多くの大会でも活躍中の実力者。
彩加ちゃんに続いての小学生グランドチャンピオンとなりました。

今回、唯野は審査員役だったためあまり写真を撮っていないので
代わりに以前、唯野プロデュースの「わくわくカラオケグランプリ」に出場されたときの
一颯くんの写真を掲載します。


今回は、洋楽の中でもかなりの難曲をセレクトされましたが、
英詞の発音が見事でかつ曲調を掴んだ押し引きも申し分なく、
美しい歌声でしっかり歌い上げられました。

その他の大会結果の詳細については、公式サイトの更新を待つこととします。
http://あふろ.net/

さて、今回の審査発表時にもコメントさせていただいたのですが、
東日本カラオケバトルに伺う際にいつも思うことがあります。

それは「カラオケ大会って、自由なんだ」ということ。

「正しく歌おう、歌唱力をアピールしよう」といったアプローチももちろんありですが、
「楽しく歌おう、パフォーマンスをアピールしよう」といったアプローチもありだと思います。

寸分の狂いのない完璧な歌唱と表現力で観衆を圧倒して魅了する歌い手も素晴らしいですが、
多少アラがあってもお客さんと一体になって会場を盛り上げる歌い手もまた素晴らしいです。

唯野もこれまで多くのカラオケ大会の会場に伺ってきましたが、
自由さを感じられる点において、
バラエティに富んだ出場層に恵まれているという点において、
東日本カラオケバトルは素晴らしいなといつも思っています。


終了後の全体撮影。
全体撮影後も、会場で多くの方々が個別に記念撮影をしていました。
終わった後のこうした温かい雰囲気も良いものです。

東日本カラオケバトル2017もそろそろ始動することかと思います。
予選会は基本としてライブハウスで開催されているようですが、
音響のしっかりしたライブハウスで歌えるのは貴重な経験かと思います。

また、審査観点は他の大会とは違って少しユニークで、
音程、リズム、歌唱力、表現力、独自性の5項目を均等に評価します。
したがって極端に言えば、音程がかなり劣っていたとしても
ステージパフォーマンスなどそれ以外の部分が秀逸であれば、
十分にカバーされて評価されるということとなります。

以下は公式サイトからの引用です。

○ 音程・リズム・歌唱力・表現力・独自性等の総合力を各20点・総合100点形式で審査致します。
○ 歌唱力を競うだけの大会ではなく、1ボーカリストとしてトータル的なステージ評価で採点を致します。

そういう意味では、たとえばKWC~カラオケ世界大会のような、
歌唱力評価を第一に置いた大会とは趣きとしては別になるかと思いますが、
その分、カラオケ大会における「自由さ」の新機軸を打ち出していると思っています。
2017年度はあなたもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

<追伸>
選曲もまた個性です。
「カラオケ大会とは言えばこういう曲を歌うものだ」
といったある種の概念を持たれている方も多いものですが、
逆に「おっ、こういう曲もいいなっ」と聴き手に気づかせるような選曲もあって良いと思います。

個人的に今回一番ぐっと来た選曲は、広瀬香美さんの「Promise」でした。
そしてこの曲を男性が歌っていた点もまたぐっと来ました。

カラオケ評論家を商標登録しました。

カラオケ評論家

「カラオケ評論家」は唯野奈津実の登録商標です。
日本で唯一のカラオケ評論家として、取材・執筆等の依頼を承っております。
カラオケ特集コーナーの企画相談・出演依頼など、
お気軽にお問い合わせください。
お電話:090-2202-5616(唯野直通です)
メール:info@enjoysing.com(1日以内に返信します)

カラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースします。

地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

53

地域の活性化、集客の目玉イベントとして、カラオケ大会を開催してみませんか?
エンジョイシングでは、カラオケ大会の開催に向けたトータルプロデュースを承っています。

・レーベル・レコード会社の所属アーティストの宣伝を兼ねたカラオケ大会
・地方自治体の運営する市民イベント(夏祭りなど)
・カラオケ店が自店で開催するカラオケ祭り(カラオケコンテストなど)
・カラオケチェーン店による自社ブランドのカラオケ大会(○○社杯カラオケ大会など)
・ショッピングモール全体を使った「店起こし」のイベント(お客様感謝イベントなど)

・etc..

お気軽に下記までご相談ください(相談無料、予算に応じた提案可能です)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

★カラオケメーカー・チェーン店の本社関係者様★

いつも当サイト「唯野奈津実のカラオケの世界」にアクセスいただきありがとうございます。

1日平均5000アクセスの当サイトは、日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実がカラオケの最新情報を紹介しながら、経営目線・ユーザー目線それぞれからの論評を展開していく、総合的カラオケポータルサイトです。

当サイトの最大の特徴は、「カラオケ評論家」という、いずれの企業にも属さないニュートラルな立場による論評提示にあります。

当サイトに毎日アクセスしていただければ、競合他社のニュースや動向をいち早く掴むことができ、ニュートラルな視点におけるカラオケ業界の状況分析をすることができます。

社内イントラをお持ちの業者様がいらっしゃれば、社内ポータルサイトに当サイトのリンクを張っていただければ、最新のカラオケ事情を全社員が素早く共有できることと思います。

当サイトはリンクフリーですので、リンクを張られる際に、エンジョイシング・唯野に確認する必要はございません。御社内での情報共有の促進に、当サイトを今後ともぜひご利用ください。

第3回わくわくカラオケグランプリを開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、株式会社メロ・ワークス様主催の大型カラオケ大会「第3回わくわくカラオケグランプリ」の総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 2016年10月23日(日)
●会場:ホテルサンルート有明(国際展示場前駅すぐ)
●出場人数:80名(事前選考による合格者)
●審査委員:中本直樹先生(音楽プロデューサー)他3名
●表彰:優勝賞金10万円、他各賞を用意(30名程度の表彰)

首都圏に54店舗を展開する大手カラオケボックスチェーン「わくわくカラオケグループ」主催のカラオケ大会として、応募総数400名以上の中から選考を通過した80名のご出場者ならびにご観覧者様で満員の会場の中、開催いたしました。

詳細は「わくわくカラオケグランプリ特設サイト」まで。

★カラオケ大会をプロデュースします★
地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

お気軽に下記までご相談ください(相談無料)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

東京カラオケグランプリ2016を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2016年8月13日(土)に開催されたカラオケ大会「東京カラオケグランプリ2016」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:角筈区民ホール(新宿区)
●出場人数:100名
●審査委員長:相田篤考先生(音楽プロデューサー)
●表彰:優勝その他各賞を用意(30名以上の表彰あり)

優勝者は、第23回日本カラオケボックス大賞(静岡)の東京地区代表としての出場を決めました。

東京カラオケボックス防犯協力会の主催のもと、東京中のカラオケボックスの店舗の力を結集して、カラオケで東京を盛り上げる、東京最大級のカラオケ大会となりました。

詳細は「東京カラオケグランプリ特設サイト」まで。

第2回わくわくカラオケグランプリを開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、株式会社メロ・ワークス様主催の大型カラオケ大会「第2回わくわくカラオケグランプリ」の総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 2015年10月25日(日)
●会場:ホテルサンルート有明(国際展示場前駅すぐ)
●出場人数:100名(事前に行う音源審査の合格者)
●審査委員長:佐田みさき先生(作曲家)
●表彰:優勝賞金10万円、他各賞を用意(20名程度の表彰)

首都圏に51店舗を展開する大手カラオケボックスチェーン「わくわくカラオケグループ」主催のカラオケ大会として、ご出場者・ご観覧者様で満員の会場の中、開催いたしました。

詳細は「わくわくカラオケグランプリ特設サイト」まで。

池袋昭和歌謡のど自慢2015を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2015年9月20日(日)に開催されるカラオケ大会「池袋昭和歌謡のど自慢2015」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:池袋西口公園屋外ステージ(池袋駅西口徒歩すぐ)
●出場人数:80名(2コーラス歌唱)
●表彰:優勝その他各賞を用意(20名以上の表彰あり)
●優勝賞金:5万円
●歌唱対象曲:昭和時代(1988年まで)に発表された曲

主催は、立教大学・豊島区・東京芸術劇場による「池袋=自由文化都市プロジェクト」。池袋の発展とともに人々を支えた昭和の名曲が、この日、池袋西口公園に蘇りました。

詳細は「池袋昭和歌謡のど自慢2015特設サイト」まで。

東京カラオケグランプリ2015を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2015年9月6日(日)に開催されるカラオケ大会「東京カラオケグランプリ2015」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:シダックス・カルチャーホール(渋谷駅徒歩6分)
●出場人数:100名
●審査委員長:鈴木康志先生(作曲家・音楽プロデューサー)
●表彰:優勝その他各賞を用意(30名以上の表彰あり)

優勝者は、第22回日本カラオケボックス大賞(大阪)の東京地区代表としての出場を決めました。

東京カラオケボックス事業者防犯協力会の主催のもと、東京中のカラオケボックスの店舗の力を結集して、カラオケで東京を盛り上げる、東京最大級のカラオケ大会となりました。

詳細は「東京カラオケグランプリ特設サイト」まで。

第1回わくわくカラオケグランプリを開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、
株式会社メロ・ワークス様主催の大型カラオケ大会
「第1回わくわくカラオケグランプリ」
総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 2014年11月16日(日)
●会場:ホテルサンルート有明(国際展示場前駅すぐ)
●出場人数:100名(事前に行う音源審査の合格者)
●審査委員長:鈴木康志先生(作曲家・音楽プロデューサー)
●ゲスト歌手:清水まり子(エイフォース・エンタテイメント)
●表彰:優勝賞金10万円、他各賞を用意(30名程度の表彰)

詳細は「わくわくカラオケグランプリ特設サイト」まで。

東京カラオケグランプリ2014を開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、
東京都カラオケボックス事業者防犯協力会(加藤伸司会長)
主催のカラオケコンテスト「東京カラオケグランプリ2014」
の総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 平成26年6月8日(日)
●会場:シダックス・カルチャーホール(渋谷駅徒歩6分)
●出場人数:100名(事前に行った音源審査の通過者)
●審査委員長:鈴木康志先生(作曲家・音楽プロデューサー)
●表彰:優勝その他各賞を用意(30名程度の表彰)

優勝者は、第21回日本カラオケボックス大賞(札幌)の
東京地区代表として出場いただきました。

詳細は「東京カラオケグランプリ特設サイト」まで。

唯野奈津実のカラオケ著書

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

唯野奈津実の著書第二弾

スキマ評論家

副業革命!スキマ評論家入門

評論家になるための入門書。唯野奈津実の「カラオケ評論家」のように、あなたも早速評論家になってみよう!

カラオケチェーン店リンク

ビッグエコー
まねきねこ
カラオケBanBan
シダックス
コート・ダジュール
ジャンボカラオケ広場
カラオケ館
JOYSOUND直営店
コロッケ倶楽部
カラオケルーム歌広場
歌うんだ村グループ
カラオケCLUB DAM
カラオケの鉄人
わくわくカラオケグループ
カラオケ歌屋
カラオケJOYJOY
ジャパンカラオケ
カラオケマック
カラオケレインボー
カラオケ招福亭クレヨン
カラオケ時遊館
カラオケマイム
カラオケパセラ
バンガローハウス
サウンドパーク
カラオケモコモコ
GESTグループ
フラココ&パークサイド
カラオケ747
カラオケ合衆国
遊ランドグループ
カラオケシティベア
カラオケアーサー
ドレミファクラブ
カラオケマッシュ
コロナ&ヴォイスキャッツ
カラオケA.Q.A
歌のステージ19
カラオケスカイ
クイーンズエコー
カラオケデイ・トリッパー
カラオケパークベスト10
カラオケJOYグループ
カラオケハピカラ
カラオケアジアン
カラオケグー
メロディランド
カラオケスタジオジョッコ
カラオケ歌之助
カラオケONE
カラオケドヌオス
カラオケバスター
カラオケ漫遊來 + ドルフィン
カラオケスタジアム
カラオケラミューズ
エル・トレイン
カラオケストランド
カラオケラジオシティー
カラオケバンダイ
カラオケガウディ
カラオケルームロックス
カラオケアドアーズ
カラオケナンバーナイン
カラオケHAPPY
カラオケムーン + シンシア
バナナクラブ
カラオケ804