平日室料ゼロ円のまねきねこさんに伺ってきました。

カラオケルーム料金の価格競争もついにここまで来てしまいました。


まねきねこさんの平日室料0円サービス「ゼロ円祭」
http://www.karaokemanekineko.jp/campaign/2017116.html

上記の案内サイトで、まねきねこさん自身が「激安の限界」と称しているこの企画。
まさに限界ですね。
これ以上の限界はもはやキャッシュバックしかありません(ありえないですが)。

まねきねこさんの大半の店舗にて、01/16~02/17の期間限定にて、
上記の、平日室料ゼロ円サービスが開催されています。
(対象店舗は上記の公式サイトをご参照ください)。

もっとも、室料ゼロ円サービスにて入室される場合は、
利用は最長で3時間までとなり、また少なくともワンオーダーは必要となります。
(これでワンオーダーすらなかったら完全無料になってしまいますし…)。

というわけで、唯野もさっそく伺ってきました。


ゼロ円祭の文字がど~んと看板の真ん中にありますね。
さて、ここで注目すべきは、ゼロ円祭のPOPの下の部分。

「フード&ドリンク持ち込みOK」の文字。

まねきねこさんならおなじみの持ち込みOKサービス。
ゼロ円祭はワンオーダー制でありながらも、持ち込みもOKなのです。
そして、必ずしもワンオーダー制=ワンドリンク制というわけではありません。

というわけで、唯野はこのようにしました。


水を持ち込み、こちらの肉玉うどんを注文しました。
このように、ワンオーダーはドリンクでなくてもOKです。

ちょうど夕方過ぎだったのでお腹が空いていたということもありますが、
考えようによっては、どこか駅前のそば屋で肉玉うどんを食べてカラオケに来たと思えば、
カラオケ料金は完全にゼロ円という気分にもなれます。

というわけで、ドリンク持ち込み&フードオーダーの方式は唯野のお勧めです。


このとおり、約2.5時間滞在して代金は肉玉うどんの507円のみ。
カラオケ代はゼロです。
ものすごくお得なサービスですね、ゼロ円祭。

さて。

激安の限界というか、行きつくところまで行ってしまった、室料ゼロ円制。
こうした価格競争(値下げ競争)は場合によっては店舗の売り上げの低下にも繋がるものですが、
それでもなぜ、期間限定とは言え、まねきねこさんはこうした戦略に売って出たのでしょうか?

唯野考えですが、他の競合カラオケボックスに対する「牽制」だと思っています。

つまり、店舗の売り上げそのものが一時的に多少下がったとしても、
今このタイミングで競合からお客様を奪っておくことの方が、
長い目で見てメリットがあるとまねきねこさんは考えていると唯野は推測します。

実はまねきねこさん、ここ数年で急激に都心部への出店を増やしています。
まねきねこさんは数年前まではロードサイド出店がメインとなっていて、
たとえば2014年1月の時点では都内にはわずか7店舗しか存在しなかったのですが、
2017年1月現在では都内で46店舗と、3年で6倍以上も店舗数を拡大しています。
(店舗数はエンジョイシング・唯野による独自集計)。

都内など首都圏に出店する場合、その大半がロードサイドではなく駅前となります。
そのためロードサイドと比べて近隣に競合のカラオケ店が多いのが一般的です。

こうした競合のひしめく中で、「ゼロ円」という大きなアドバルーンを上げることによって、
カラオケユーザーに積極的に選んでいただける店舗を目指そうというのが、
今回の「ゼロ円祭」におけるまねきねこさんの長期戦略であると考えられます。

つまりここで「まねきねこは安いよ、お得だよ」というイメージをユーザーに植え付けておけば、
「ゼロ円祭」以後も、他のカラオケ店よりも自店を選んでもらえるという狙いですね。
(あくまで唯野の推測です)。

さらにもちろん、ほんのひと月だけ室料をゼロ円にしたとしても、
経営として十分に持ちこたえられるだけの基礎体力が、
まねきねこさんには備わっているという点も大きいかと思います。

さて、この「ゼロ円祭」に近隣の競合カラオケチェーンはどのように対応するのでしょうか。

唯野所感としては、
価格競争に挑むとまねきねこさんの土俵に乗ってしまい体力を消耗してしまうので、
ここはぐっと静観するのが正解かなとは思っています。

「それならウチは土日も含めてオール室料ゼロ円だっ」のように対抗すると、
経営体力の大きな消耗が懸念されますよね。。
(ユーザーは嬉しいでしょうが…)。


ゼロ円祭の今後ならびに他チェーンの動向を見守りたいと思います。

<追伸>


90.000点ぴったりでなんとなく嬉しかったのでつい写真に。
キリ数字って無条件に人を幸運気分にさせますね。

カラオケ評論家を商標登録しました。

カラオケ評論家

「カラオケ評論家」は唯野奈津実の登録商標です。
日本で唯一のカラオケ評論家として、取材・執筆等の依頼を承っております。
カラオケ特集コーナーの企画相談・出演依頼など、
お気軽にお問い合わせください。

カラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースします。

地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

53

地域の活性化、集客の目玉イベントとして、カラオケ大会を開催してみませんか?
エンジョイシングでは、カラオケ大会の開催に向けたトータルプロデュースを承っています。

・レーベル・レコード会社の所属アーティストの宣伝を兼ねたカラオケ大会
・地方自治体の運営する市民イベント(夏祭りなど)
・カラオケ店が自店で開催するカラオケ祭り(カラオケコンテストなど)
・カラオケチェーン店による自社ブランドのカラオケ大会(○○社杯カラオケ大会など)
・ショッピングモール全体を使った「店起こし」のイベント(お客様感謝イベントなど)

・etc..

お気軽に下記までご相談ください(相談無料、予算に応じた提案可能です)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

★カラオケメーカー・チェーン店の本社関係者様★

いつも当サイト「唯野奈津実のカラオケの世界」にアクセスいただきありがとうございます。

1日平均5000アクセスの当サイトは、日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実がカラオケの最新情報を紹介しながら、経営目線・ユーザー目線それぞれからの論評を展開していく、総合的カラオケポータルサイトです。

当サイトの最大の特徴は、「カラオケ評論家」という、いずれの企業にも属さないニュートラルな立場による論評提示にあります。

当サイトに毎日アクセスしていただければ、競合他社のニュースや動向をいち早く掴むことができ、ニュートラルな視点におけるカラオケ業界の状況分析をすることができます。

社内イントラをお持ちの業者様がいらっしゃれば、社内ポータルサイトに当サイトのリンクを張っていただければ、最新のカラオケ事情を全社員が素早く共有できることと思います。

当サイトはリンクフリーですので、リンクを張られる際に、エンジョイシング・唯野に確認する必要はございません。御社内での情報共有の促進に、当サイトを今後ともぜひご利用ください。

第3回わくわくカラオケグランプリを開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、株式会社メロ・ワークス様主催の大型カラオケ大会「第3回わくわくカラオケグランプリ」の総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 2016年10月23日(日)
●会場:ホテルサンルート有明(国際展示場前駅すぐ)
●出場人数:80名(事前選考による合格者)
●審査委員:中本直樹先生(音楽プロデューサー)他3名
●表彰:優勝賞金10万円、他各賞を用意(30名程度の表彰)

首都圏に54店舗を展開する大手カラオケボックスチェーン「わくわくカラオケグループ」主催のカラオケ大会として、応募総数400名以上の中から選考を通過した80名のご出場者ならびにご観覧者様で満員の会場の中、開催いたしました。

詳細は「わくわくカラオケグランプリ特設サイト」まで。

★カラオケ大会をプロデュースします★
地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

お気軽に下記までご相談ください(相談無料)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

東京カラオケグランプリ2016を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2016年8月13日(土)に開催されたカラオケ大会「東京カラオケグランプリ2016」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:角筈区民ホール(新宿区)
●出場人数:100名
●審査委員長:相田篤考先生(音楽プロデューサー)
●表彰:優勝その他各賞を用意(30名以上の表彰あり)

優勝者は、第23回日本カラオケボックス大賞(静岡)の東京地区代表としての出場を決めました。

東京カラオケボックス防犯協力会の主催のもと、東京中のカラオケボックスの店舗の力を結集して、カラオケで東京を盛り上げる、東京最大級のカラオケ大会となりました。

詳細は「東京カラオケグランプリ特設サイト」まで。

池袋昭和歌謡のど自慢2015を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2015年9月20日(日)に開催されるカラオケ大会「池袋昭和歌謡のど自慢2015」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:池袋西口公園屋外ステージ(池袋駅西口徒歩すぐ)
●出場人数:80名(2コーラス歌唱)
●表彰:優勝その他各賞を用意(20名以上の表彰あり)
●優勝賞金:5万円
●歌唱対象曲:昭和時代(1988年まで)に発表された曲

主催は、立教大学・豊島区・東京芸術劇場による「池袋=自由文化都市プロジェクト」。池袋の発展とともに人々を支えた昭和の名曲が、この日、池袋西口公園に蘇りました。

詳細は「池袋昭和歌謡のど自慢2015特設サイト」まで。

新東京カラオケグランプリ2017

唯野奈津実プロデュース大会、8月12日開催。
新東京カラオケグランプリ2017
会場:大田文化の森ホール(最寄駅:JR京浜東北線大森駅)
優勝賞金:5万円
入賞数:33賞
(大会は終了しました)。

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

日本カラオケボックス大賞2017

日本カラオケボックス大賞2017東京都代表選考会
開催日:07月01日(土)
会場:カラオケファンタジー水道橋店(最寄駅:JR中央線水道橋駅)
優勝特典:日本カラオケボックス大賞2017東京都代表出場権
(大会は終了しました)。

カラオケチェーン店リンク

まねきねこ
ビッグエコー
カラオケBanBan
シダックス
コート・ダジュール
ジャンボカラオケ広場
カラオケ館
JOYSOUND直営店
コロッケ倶楽部
カラオケルーム歌広場
カラオケCLUB DAM
歌うんだ村グループ
カラオケの鉄人
わくわくカラオケグループ
カラオケJOYJOY
カラオケ歌屋
ジャパンカラオケ
カラオケマック
カラオケレインボー
カラオケ時遊館
カラオケマイム
カラオケパセラ
サウンドパーク
カラオケ招福亭クレヨン
カラオケモコモコ
バンガローハウス
フラココ&パークサイド
カラオケ747
GESTグループ
カラオケ合衆国
遊ランドグループ
カラオケシティベア
カラオケアーサー
ドレミファクラブ
カラオケマッシュ
コロナ&ヴォイスキャッツ
カラオケA.Q.A
歌のステージ19
カラオケHAPPY
カラオケスカイ
クイーンズエコー
カラオケデイ・トリッパー
カラオケパークベスト10
カラオケJOYグループ
カラオケハピカラ
カラオケアジアン
カラオケグー
メロディランド
カラオケスタジオジョッコ
カラオケ歌之助
カラオケONE
カラオケドヌオス
カラオケバスター
カラオケ漫遊來 + ドルフィン
カラオケスタジアム
カラオケUNO
エル・トレイン
カラオケストランド
カラオケラジオシティー
カラオケJB
カラオケバンダイ
カラオケガウディ
カラオケルームロックス
カラオケアドアーズ
カラオケナンバーナイン
カラオケペルシャ館
カラオケムーン + シンシア
バナナクラブ
カラオケ804