DAMとJOYSOUNDの支持比率・・・66:34(アンケートより)

先日、コート・ダジュールさんの公式Twitterで以下のようなアンケートがありました。

21

DAMとJOYSOUNDのどちらが好きですかという、なんともストレートなアンケート。

コート・ダジュールさんは店舗数業界第5位(2016年2月現在)の大型カラオケチェーン店。
ビッグエコーさんのようにカラオケ機器メーカー運営の会社ではありませんので、
店内にはDAMもJOYSOUNDも置いてあります。
(ちなみにビッグエコーさんは第一興商さん運営なので、当然DAMしかありません)。

そういう意味では、中立の立場でアンケートを行うことができます。
そしてその結果が上記のキャプチャ画像のとおり。

66%がDAM、34%がJOYSOUNDと、ちょうど2:1の割合となりました。
有効票数は283票と決して多くはありませんが、
それでもコート・ダジュールさんの公式Twitterのアンケートに答えるくらいですから
この283票は、相当にカラオケにこだわりのある方々の回答かと思います。

その結果が、DAMとJOYSOUNDの割合が2:1。
300人いれば、200人がDAMを選び、100人がJOYSOUNDを選ぶという結果です。

この割合に関する唯野の感想は、ほぼ予想通りといったところです。

カラオケ機種のシェア率といった情報は公式にはどこからも公表されていませんが、
唯野が多くのカラオケチェーンの本社の方々と打ち合わせた経験上からも、
一店舗の中でに置いてある機種割合についても、
6:4あるいは6.5:3.5の割合で、DAMを導入している部屋のほうが多いと感じています。

また、繁忙時間帯にカラオケボックスを訪れると、
「ただいまDAMのお部屋は満室でJOYSOUNDのお部屋しか空いていません」
とフロントで言われることがよくあります。
「ただいまJOYSOUNDのお部屋は満室でDAMのお部屋しか空いていません」
とフロントで言われた経験はあまりありません。

という点からも、66:34という結果はある意味、現状どおりなのかなと感じました。

さてここからが本題。

UGAを運営していたBMBさんが2010年にエクシングさんに併合してから今に至るまで、
カラオケ機械のメーカーは2社のみとなっています。
すなわち、DAMシリーズの第一興商さん、JOYSOUNDシリーズのエクシングさん。
(すきっとはここではいったん除いておきます)。

2社しかないわけですから、カラオケ業界全体の視点で言えば、
両機種の需要は50:50、せめて55:45あたりで均衡しているのが望ましいところです。

逆に言えば、66:34という割合は、一方が「強すぎる」割合です。
カラオケ業界に限らないお話ですが、一社が「強すぎる」というのは、
すなわちその一社の発言力が業界内で強くなることを意味しますので、
あまり好ましい状態にあるとは言えません。

もちろん、DAMがこれだけ支持されているのは、機種そのものの素晴らしさもありますし、
第一興商さんのこれまでの営業努力・開発努力・宣伝努力によるものかと思いますので、
それはまた非常に素晴らしいことではあります。

しかしながら、その素晴らしさは、実はエクシングさんもまた同様です。
業界で初めてボカロソングをカラオケ化するなど、多くの新しいサービスを打ち出しており、
特に2015年からの「うたスキミュージックポスト」のサービスは新しい音楽の発信形態として、
カラオケ業界のみならず音楽業界にも多大な影響を与えると期待しています。

11
(うたスキミュージックポストにて全国のJOYSOUNDで配信中の、
唯野奈津実作詞、鈴木ミチさんの歌う「ドライブするのが夢だった」)。

さらに2015年に発売された最新機種、JOYSOUND MAXの音質は非常に素晴らしいです。
JOYSOUND MAXでは、打ち込みカラオケの音源素材として
それまで使用されてきた疑似的な機械音ではなく実際の楽器の生音を使用するという、
カラオケ音源の常識を打ち破る画期的なモデルチェンジをしているのです。
この音源の臨場感は一度体感すれば、誰しもきっと納得することかと思います。

このように素晴らしいサービス、素晴らしい機種のJOYSOUND MADにもかかわらず、
なぜアンケート結果は66:34だったのでしょう。

カラオケのヘビーユーザーでもある唯野の知人たちにいろいろ聞いてみました。
そして、理由がなんとなく見えてきたのです。

唯野が聞いたユーザー、みんな週に数回はカラオケに行くというヘビーユーザーです。
ただし、そのほぼ全員がDAMユーザー。
そんな中、JOYSOUND MAXについて聞いてみたところ、ほぼ全員が
「JOYSOUND MAXで歌ったことがない」と回答したのです。

つまり、完全に「カラオケに行ったら必ずDAM」という思考になっているのです。
試す以前に、そもそも頭の中に選択肢として入っていない…。

これは、すごくもったいない話です。
ユーザーにとっても、そしてJOYSOUND MAXにとっても。

どんなに素晴らしい機種であろうとも、DAMの人はDAM。
…この状況を打破しない限りは、いつまで経ってもどんな素晴らしいサービスを興しても
66:34の状況に変化は発生しないと思います。

であれば、DAMしか歌わないユーザーに
JOYSOUNDで歌ってもらえる機会を提供すればよいわけです。
すなわち、JOYSOUND MAXを冠した大掛かりなカラオケイベントです。

唯野はさまざまな場所で常日頃から申し上げていますが、
かつて第一興商さんが毎年開催された「第一興商カラオケグランプリ」を、
エクシングさんも同様に「エクシング全国カラオケグランプリ」
あるいは「JOYSOUND MAX杯全国カラオケコンテスト」
といった全国を縦断する大掛かりなカラオケ大会を打ち出すと
シェア率が大きく変動するくらいの大変な効果が期待できると確信しています。

大型カラオケ大会以外でもたとえば「DAM★とも祭り」のような、
ユーザーを交えて楽しめるカラオケイベントはJOYSOUNDでも開催可能なはずです。

JOYSOUND MAXのユーザー説明会が2015年6月にニコファーレで開催されましたが、
あのイベントがまさに「DAM★とも祭り」に匹敵するイベントかと思います。

21
唯野も現地を伺いましたが、あの盛り上がりこそがJOYSOUNDユーザーの底力です。
こうしたイベントを定期開催することで、お祭り好きなDAMユーザーも興味を持ってくれるはずです。
名付けて「うたスキ祭り」「JOYSOUND MAX祭り」。

このように、JOYSOUNDが選択肢に入っていないDAMユーザーにも興味を持ってもらえる企画。
これをどんどん打ち出すことが、シェア率の均衡化に繋がることかと思います。

もう一度言いますが、唯野近辺のDAMユーザーにJOYSOUND MAXの感想を聞いてみたところ、
ほとんどの人が「歌ったことがない」と回答いたしました。
非常にもったいないです。

ぜひともJOYSOUND MAXを試す機会を、どんどん打ち出していただければと思います。

<追伸>
「JOYSOUND全国カラオケグランプリ」の開催案、運営の流れについては
唯野の頭の中には既に描かれていて、具体的なご提案がいつでも可能です。
JOYSOUND MAXを使ったカラオケ大会を、唯野にプロデュースさせていただければ幸いです。

<追伸2>
唯野もクセでつい「DAMとJOYSOUND」という順番で表記してしまいます。。
今度「JOYSOUNDとDAM」という表記順で記事を書いてみます。

カラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースします。

地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

53

地域の活性化、集客の目玉イベントとして、カラオケ大会を開催してみませんか?
エンジョイシングでは、カラオケ大会の開催に向けたトータルプロデュースを承っています。

・レーベル・レコード会社の所属アーティストの宣伝を兼ねたカラオケ大会
・地方自治体の運営する市民イベント(夏祭りなど)
・カラオケ店が自店で開催するカラオケ祭り(カラオケコンテストなど)
・カラオケチェーン店による自社ブランドのカラオケ大会(○○社杯カラオケ大会など)
・ショッピングモール全体を使った「店起こし」のイベント(お客様感謝イベントなど)

・etc..

お気軽に下記までご相談ください(相談無料、予算に応じた提案可能です)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

集え!うたじまん!
優勝賞金20万円。エイベックスのカラオケ大会「第1回全国aカラうたじまんカラオケ大会」。
大会開催日:6月4日。
エントリー締切日:4月30日。
http://a-kara.com/

カラオケ大会

カラオケ評論家を商標登録しました。

カラオケ評論家

「カラオケ評論家」は唯野奈津実の登録商標です。
日本で唯一のカラオケ評論家として、取材・執筆等の依頼を承っております。
カラオケ特集コーナーの企画相談・出演依頼など、
お気軽にお問い合わせください。
お電話:090-2202-5616(唯野直通です)
メール:info@enjoysing.com(1日以内に返信します)

★カラオケメーカー・チェーン店の本社関係者様★

いつも当サイト「唯野奈津実のカラオケの世界」にアクセスいただきありがとうございます。

1日平均5000アクセスの当サイトは、日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実がカラオケの最新情報を紹介しながら、経営目線・ユーザー目線それぞれからの論評を展開していく、総合的カラオケポータルサイトです。

当サイトの最大の特徴は、「カラオケ評論家」という、いずれの企業にも属さないニュートラルな立場による論評提示にあります。

当サイトに毎日アクセスしていただければ、競合他社のニュースや動向をいち早く掴むことができ、ニュートラルな視点におけるカラオケ業界の状況分析をすることができます。

社内イントラをお持ちの業者様がいらっしゃれば、社内ポータルサイトに当サイトのリンクを張っていただければ、最新のカラオケ事情を全社員が素早く共有できることと思います。

当サイトはリンクフリーですので、リンクを張られる際に、エンジョイシング・唯野に確認する必要はございません。御社内での情報共有の促進に、当サイトを今後ともぜひご利用ください。

第3回わくわくカラオケグランプリを開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、株式会社メロ・ワークス様主催の大型カラオケ大会「第3回わくわくカラオケグランプリ」の総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 2016年10月23日(日)
●会場:ホテルサンルート有明(国際展示場前駅すぐ)
●出場人数:80名(事前選考による合格者)
●審査委員:中本直樹先生(音楽プロデューサー)他3名
●表彰:優勝賞金10万円、他各賞を用意(30名程度の表彰)

首都圏に54店舗を展開する大手カラオケボックスチェーン「わくわくカラオケグループ」主催のカラオケ大会として、応募総数400名以上の中から選考を通過した80名のご出場者ならびにご観覧者様で満員の会場の中、開催いたしました。

詳細は「わくわくカラオケグランプリ特設サイト」まで。

★カラオケ大会をプロデュースします★
地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

お気軽に下記までご相談ください(相談無料)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

東京カラオケグランプリ2016を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2016年8月13日(土)に開催されたカラオケ大会「東京カラオケグランプリ2016」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:角筈区民ホール(新宿区)
●出場人数:100名
●審査委員長:相田篤考先生(音楽プロデューサー)
●表彰:優勝その他各賞を用意(30名以上の表彰あり)

優勝者は、第23回日本カラオケボックス大賞(静岡)の東京地区代表としての出場を決めました。

東京カラオケボックス防犯協力会の主催のもと、東京中のカラオケボックスの店舗の力を結集して、カラオケで東京を盛り上げる、東京最大級のカラオケ大会となりました。

詳細は「東京カラオケグランプリ特設サイト」まで。

第2回わくわくカラオケグランプリを開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、株式会社メロ・ワークス様主催の大型カラオケ大会「第2回わくわくカラオケグランプリ」の総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 2015年10月25日(日)
●会場:ホテルサンルート有明(国際展示場前駅すぐ)
●出場人数:100名(事前に行う音源審査の合格者)
●審査委員長:佐田みさき先生(作曲家)
●表彰:優勝賞金10万円、他各賞を用意(20名程度の表彰)

首都圏に51店舗を展開する大手カラオケボックスチェーン「わくわくカラオケグループ」主催のカラオケ大会として、ご出場者・ご観覧者様で満員の会場の中、開催いたしました。

詳細は「わくわくカラオケグランプリ特設サイト」まで。

池袋昭和歌謡のど自慢2015を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2015年9月20日(日)に開催されるカラオケ大会「池袋昭和歌謡のど自慢2015」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:池袋西口公園屋外ステージ(池袋駅西口徒歩すぐ)
●出場人数:80名(2コーラス歌唱)
●表彰:優勝その他各賞を用意(20名以上の表彰あり)
●優勝賞金:5万円
●歌唱対象曲:昭和時代(1988年まで)に発表された曲

主催は、立教大学・豊島区・東京芸術劇場による「池袋=自由文化都市プロジェクト」。池袋の発展とともに人々を支えた昭和の名曲が、この日、池袋西口公園に蘇りました。

詳細は「池袋昭和歌謡のど自慢2015特設サイト」まで。

東京カラオケグランプリ2015を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2015年9月6日(日)に開催されるカラオケ大会「東京カラオケグランプリ2015」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:シダックス・カルチャーホール(渋谷駅徒歩6分)
●出場人数:100名
●審査委員長:鈴木康志先生(作曲家・音楽プロデューサー)
●表彰:優勝その他各賞を用意(30名以上の表彰あり)

優勝者は、第22回日本カラオケボックス大賞(大阪)の東京地区代表としての出場を決めました。

東京カラオケボックス事業者防犯協力会の主催のもと、東京中のカラオケボックスの店舗の力を結集して、カラオケで東京を盛り上げる、東京最大級のカラオケ大会となりました。

詳細は「東京カラオケグランプリ特設サイト」まで。

第1回わくわくカラオケグランプリを開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、
株式会社メロ・ワークス様主催の大型カラオケ大会
「第1回わくわくカラオケグランプリ」
総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 2014年11月16日(日)
●会場:ホテルサンルート有明(国際展示場前駅すぐ)
●出場人数:100名(事前に行う音源審査の合格者)
●審査委員長:鈴木康志先生(作曲家・音楽プロデューサー)
●ゲスト歌手:清水まり子(エイフォース・エンタテイメント)
●表彰:優勝賞金10万円、他各賞を用意(30名程度の表彰)

詳細は「わくわくカラオケグランプリ特設サイト」まで。

東京カラオケグランプリ2014を開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、
東京都カラオケボックス事業者防犯協力会(加藤伸司会長)
主催のカラオケコンテスト「東京カラオケグランプリ2014」
の総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 平成26年6月8日(日)
●会場:シダックス・カルチャーホール(渋谷駅徒歩6分)
●出場人数:100名(事前に行った音源審査の通過者)
●審査委員長:鈴木康志先生(作曲家・音楽プロデューサー)
●表彰:優勝その他各賞を用意(30名程度の表彰)

優勝者は、第21回日本カラオケボックス大賞(札幌)の
東京地区代表として出場いただきました。

詳細は「東京カラオケグランプリ特設サイト」まで。

唯野奈津実のカラオケ著書

2016年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  

ゆいのなつみ公式Twitter

唯野奈津実の著書第二弾

スキマ評論家

副業革命!スキマ評論家入門

評論家になるための入門書。唯野奈津実の「カラオケ評論家」のように、あなたも早速評論家になってみよう!

カラオケチェーン店リンク

ビッグエコー
まねきねこ
カラオケBanBan
シダックス
コート・ダジュール
ジャンボカラオケ広場
カラオケ館
JOYSOUND直営店
コロッケ倶楽部
カラオケルーム歌広場
歌うんだ村グループ
カラオケCLUB DAM
カラオケの鉄人
わくわくカラオケグループ
カラオケ歌屋
カラオケJOYJOY
ジャパンカラオケ
カラオケマック
カラオケレインボー
カラオケ招福亭クレヨン
カラオケ時遊館
カラオケマイム
カラオケパセラ
バンガローハウス
サウンドパーク
カラオケモコモコ
GESTグループ
フラココ&パークサイド
カラオケ747
カラオケ合衆国
遊ランドグループ
カラオケシティベア
カラオケアーサー
ドレミファクラブ
カラオケマッシュ
コロナ&ヴォイスキャッツ
カラオケA.Q.A
歌のステージ19
カラオケスカイ
クイーンズエコー
カラオケデイ・トリッパー
カラオケパークベスト10
カラオケJOYグループ
カラオケハピカラ
カラオケアジアン
カラオケグー
メロディランド
カラオケスタジオジョッコ
カラオケ歌之助
カラオケONE
カラオケドヌオス
カラオケバスター
カラオケ漫遊來 + ドルフィン
カラオケスタジアム
カラオケラミューズ
エル・トレイン
カラオケストランド
カラオケラジオシティー
カラオケバンダイ
カラオケガウディ
カラオケルームロックス
カラオケアドアーズ
カラオケナンバーナイン
カラオケHAPPY
カラオケムーン + シンシア
バナナクラブ
カラオケ804