聴き手を泣かせるカラオケ曲・聴き手を圧倒させるカラオケ曲

snapshot20150225020630
カラオケ評論家でありカラオケ記事専門のライターでもある唯野は、
当サイトへの記事のアップ以外にも、日々さまざまなサイトからの執筆依頼を受けています。

この2日間、立て続けにネット上にカラオケ記事を配信しました。
それぞれのテーマは、涙を誘う泣ける曲と凄いと思わせる曲。

泣ける曲の方は、掲載サイトが日経BPさんの「小さな組織の未来学」ということもあって、
ターゲット読者は中高年の社長さん。
そのため、1970年代~2000年代という広い時期の中から10曲をピックアップしています。
その曲をざっと紹介いたします。

『酒と泪と男と女』/河島英五(1975年)
『思えば遠くへ来たもんだ』/海援隊(1978年)
『償い』/さだまさし(1982年)
『シングル・アゲイン』/竹内まりや(1989年)
『会いたい』/沢田知可子(1990年)
『ロード』/THE 虎舞竜(1993年)
『木蘭の涙』/スターダスト・レビュー(1993年)
『A Song for ××』/浜崎あゆみ(1999年)
『吾亦紅』/すぎもとまさと(2007年)
『トイレの神様』/植村花菜(2010年)

涙=失恋ソング、というイメージが強いかと思いますが、
読者層がやや高い年齢層ということもあって、
「死」や「生」をテーマとした曲を比較的多くチョイスいたしました。

恋愛的な観点で唯野世代(アラフォー)が泣ける曲であれば、他に

『もう一度キスしたかった』/B’z(1991年)
『忘れないで』/DREAMS COME TRUE(1991年)
『こんなにあなたを愛しているのに』/シャ乱Q(1996年)
『サヨナラ』/岡本真夜(1997年)

あたりがぱっと思い浮かびます。
まだまだ探せば見つかりそうですね。

凄いと思わせる曲のほうは、
第一興商さん主催の「KWC~カラオケ世界大会日本予選会」の広告サイトの中で紹介したもの。

こちらは出場者の年齢層が幅広いことが想定されるので、
ジャンルを、ミリオンセラー曲、演歌、超難曲、ナツメロと4パターンに分け
さらに、男女別にそれぞれ一曲ずつ、計8曲を紹介いたしました。
選曲リストはこちらです。

<女性編>
『つつみ込むように…』/MISIA
『夜桜お七』/坂本冬美
『The Perfect Vision』/MINMI
『みずいろの雨』/八神純子

<男性編>
『LA・LA・LA LOVE SONG』/久保田利伸 with ナオミ・キャンベル
『望郷じょんから』/細川たかし
『TOKYO通信~Urbs Communication~』/SOUL’d OUT
『大都会』/クリスタルキング

広告ということもあり、幅広い層の方々の目に入ることが想定されましたので、
マニアックな曲よりも、比較的知名度の高いと思われる曲を選びました。

また、選曲においては
「こういう曲でKWCなどのカラオケ大会に挑戦する人を見てみたい!」
という意図でもセレクトしています。
『TOKYO通信』で優勝する人とか、ぜひ見てみたいです。

これ以外に挙がっていた候補としては。

『ワダツミの木』/元ちとせ
『ラブ・ストーリーは突然に』/小田和正
『1/2』/川本真琴
『失格』/橘いずみ
『イヨマンテの夜』/伊藤久男

あたりです。
『ラブ・ストーリーは突然に』なんて超大ヒット曲ですが、
この曲をカラオケ大会で歌っている人を唯野は今まで見たことがありません。。
ステージで堂々と歌いこなせたら、もの凄い高評価を得られる一曲だと思います。

では逆に、カラオケ大会で選曲する人の多過ぎる、「定番過ぎる」曲も紹介しましょう。

『愛し君へ』/森山直太朗
『雪の華』/中島美嘉
『逢いたくていま』/MISIA
『化粧』/清水翔太

『WINDING ROAD』/絢香・コブクロ
『Only Human…』/K

唯野も数多くのカラオケ大会に出場したり取材に伺ったりしていますが、
上に挙げた曲は、特に歌唱力に自信のある方が好んで選曲することが多いです。

ただ、確かにみなさんお上手なのですが、
これらの曲は審査員側にとっても聴き慣れた感が強いので、
よほど図抜けて素晴らしいパフォーマンスを見せない限りは、
あまり他の出場者と「差」をつけにくい曲かなと思っています。。

 

2015年も、各地でそして全国で、カラオケ大会は盛り沢山です。
あと一週間後、5月の最終週には
唯野プロデュースの「東京カラオケグランプリ2015」の要項も正式に発表いたします。

今後、カラオケ大会でどういう曲が選曲のトレンドとなるのか。
それを楽しみにしながらさまざまなカラオケ大会に触れていきたいと思います。

<おまけ>
上記で紹介した唯野記事は以下になります。
合わせてお読みいただければ幸いです。

★スナックで社員・取引先の涙を誘うなら──泣けるカラオケ定番曲10選
http://www.nikkeibp.co.jp/atclcsm/15/041600002/051200003/

★歌いこなすとカッコイイ!カラオケで歌うと「こいつやるな」と思われる曲8選
http://spotlight-media.jp/article/142803870143710287

集え!全国の歌自慢!
優勝賞金5万円。出場者ファースト宣言。「新東京カラオケグランプリ2017」。
http://tokyokaraoke.com/

カラオケ大会
大会開催日:8月12日(土)。

カラオケ評論家を商標登録しました。

カラオケ評論家

「カラオケ評論家」は唯野奈津実の登録商標です。
日本で唯一のカラオケ評論家として、取材・執筆等の依頼を承っております。
カラオケ特集コーナーの企画相談・出演依頼など、
お気軽にお問い合わせください。
お電話:090-2202-5616(唯野直通です)
メール:info@enjoysing.com(1日以内に返信します)

カラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースします。

地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

53

地域の活性化、集客の目玉イベントとして、カラオケ大会を開催してみませんか?
エンジョイシングでは、カラオケ大会の開催に向けたトータルプロデュースを承っています。

・レーベル・レコード会社の所属アーティストの宣伝を兼ねたカラオケ大会
・地方自治体の運営する市民イベント(夏祭りなど)
・カラオケ店が自店で開催するカラオケ祭り(カラオケコンテストなど)
・カラオケチェーン店による自社ブランドのカラオケ大会(○○社杯カラオケ大会など)
・ショッピングモール全体を使った「店起こし」のイベント(お客様感謝イベントなど)

・etc..

お気軽に下記までご相談ください(相談無料、予算に応じた提案可能です)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

★カラオケメーカー・チェーン店の本社関係者様★

いつも当サイト「唯野奈津実のカラオケの世界」にアクセスいただきありがとうございます。

1日平均5000アクセスの当サイトは、日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実がカラオケの最新情報を紹介しながら、経営目線・ユーザー目線それぞれからの論評を展開していく、総合的カラオケポータルサイトです。

当サイトの最大の特徴は、「カラオケ評論家」という、いずれの企業にも属さないニュートラルな立場による論評提示にあります。

当サイトに毎日アクセスしていただければ、競合他社のニュースや動向をいち早く掴むことができ、ニュートラルな視点におけるカラオケ業界の状況分析をすることができます。

社内イントラをお持ちの業者様がいらっしゃれば、社内ポータルサイトに当サイトのリンクを張っていただければ、最新のカラオケ事情を全社員が素早く共有できることと思います。

当サイトはリンクフリーですので、リンクを張られる際に、エンジョイシング・唯野に確認する必要はございません。御社内での情報共有の促進に、当サイトを今後ともぜひご利用ください。

第3回わくわくカラオケグランプリを開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、株式会社メロ・ワークス様主催の大型カラオケ大会「第3回わくわくカラオケグランプリ」の総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 2016年10月23日(日)
●会場:ホテルサンルート有明(国際展示場前駅すぐ)
●出場人数:80名(事前選考による合格者)
●審査委員:中本直樹先生(音楽プロデューサー)他3名
●表彰:優勝賞金10万円、他各賞を用意(30名程度の表彰)

首都圏に54店舗を展開する大手カラオケボックスチェーン「わくわくカラオケグループ」主催のカラオケ大会として、応募総数400名以上の中から選考を通過した80名のご出場者ならびにご観覧者様で満員の会場の中、開催いたしました。

詳細は「わくわくカラオケグランプリ特設サイト」まで。

★カラオケ大会をプロデュースします★
地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

お気軽に下記までご相談ください(相談無料)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

東京カラオケグランプリ2016を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2016年8月13日(土)に開催されたカラオケ大会「東京カラオケグランプリ2016」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:角筈区民ホール(新宿区)
●出場人数:100名
●審査委員長:相田篤考先生(音楽プロデューサー)
●表彰:優勝その他各賞を用意(30名以上の表彰あり)

優勝者は、第23回日本カラオケボックス大賞(静岡)の東京地区代表としての出場を決めました。

東京カラオケボックス防犯協力会の主催のもと、東京中のカラオケボックスの店舗の力を結集して、カラオケで東京を盛り上げる、東京最大級のカラオケ大会となりました。

詳細は「東京カラオケグランプリ特設サイト」まで。

池袋昭和歌謡のど自慢2015を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2015年9月20日(日)に開催されるカラオケ大会「池袋昭和歌謡のど自慢2015」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:池袋西口公園屋外ステージ(池袋駅西口徒歩すぐ)
●出場人数:80名(2コーラス歌唱)
●表彰:優勝その他各賞を用意(20名以上の表彰あり)
●優勝賞金:5万円
●歌唱対象曲:昭和時代(1988年まで)に発表された曲

主催は、立教大学・豊島区・東京芸術劇場による「池袋=自由文化都市プロジェクト」。池袋の発展とともに人々を支えた昭和の名曲が、この日、池袋西口公園に蘇りました。

詳細は「池袋昭和歌謡のど自慢2015特設サイト」まで。

唯野奈津実のカラオケ著書

新東京カラオケグランプリ2017

唯野奈津実プロデュース大会、8月12日開催。
新東京カラオケグランプリ2017
会場:大田文化の森ホール(最寄駅:JR京浜東北線大森駅)
優勝賞金:5万円
入賞数:32賞
多数のご出場ありがとうございました。

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

日本カラオケボックス大賞2017

日本カラオケボックス大賞2017東京都代表選考会
開催日:07月01日(土)
会場:カラオケファンタジー水道橋店(最寄駅:JR中央線水道橋駅)
優勝特典:日本カラオケボックス大賞2017東京都代表出場権
(大会は終了しました)。

ゆいのなつみ公式Twitter

唯野奈津実の著書第二弾

スキマ評論家

副業革命!スキマ評論家入門

評論家になるための入門書。唯野奈津実の「カラオケ評論家」のように、あなたも早速評論家になってみよう!

カラオケチェーン店リンク

ビッグエコー
まねきねこ
カラオケBanBan
シダックス
コート・ダジュール
ジャンボカラオケ広場
カラオケ館
JOYSOUND直営店
コロッケ倶楽部
カラオケルーム歌広場
歌うんだ村グループ
カラオケCLUB DAM
カラオケの鉄人
わくわくカラオケグループ
カラオケ歌屋
カラオケJOYJOY
ジャパンカラオケ
カラオケマック
カラオケレインボー
カラオケ招福亭クレヨン
カラオケ時遊館
カラオケマイム
カラオケパセラ
バンガローハウス
サウンドパーク
カラオケモコモコ
GESTグループ
フラココ&パークサイド
カラオケ747
カラオケ合衆国
遊ランドグループ
カラオケシティベア
カラオケアーサー
ドレミファクラブ
カラオケマッシュ
コロナ&ヴォイスキャッツ
カラオケA.Q.A
歌のステージ19
カラオケスカイ
クイーンズエコー
カラオケデイ・トリッパー
カラオケパークベスト10
カラオケJOYグループ
カラオケハピカラ
カラオケアジアン
カラオケグー
メロディランド
カラオケスタジオジョッコ
カラオケ歌之助
カラオケONE
カラオケドヌオス
カラオケバスター
カラオケ漫遊來 + ドルフィン
カラオケスタジアム
カラオケラミューズ
エル・トレイン
カラオケストランド
カラオケラジオシティー
カラオケバンダイ
カラオケガウディ
カラオケルームロックス
カラオケアドアーズ
カラオケナンバーナイン
カラオケHAPPY
カラオケムーン + シンシア
バナナクラブ
カラオケ804