東洋経済オンラインさん、「若者のカラオケ離れ」の論拠を提示してください。

yahooのトップページにも表示されていたので、ご覧になった方も多いかと思います。
東洋経済オンラインさんの以下の記事。

「西部警察カラオケ」は”脱常識”から生まれた~熱烈ファンの社員が打ち破った業界の常識
http://toyokeizai.net/articles/-/69089

記事の本題は、タイトル通り、
LIVE DAM STADIUMの新サービス「西部警察スペシャルカラオケ」についての紹介です。
http://www.clubdam.com/app/dam/dam/feature/seibupolice.html

企画の成立までの流れ等を、第一興商さんのご担当者様への取材とともにまとめあげたもので
本題・本筋については良記事かと思います。

しかしながら、カラオケ評論家・唯野として、絶対に見過ごすことのできない一文が
本文中に記載されているのです。

カラオケは1995年をピークに利用者が激減。とくに若者離れが激しく、
いかに若者を取り込むかが業界の課題となっている。

そのため、アニメやゲームの世界をカラオケ部屋に再現した
コンセプトカラオケルームなどの試みが始まっている。

…この手の記事については、唯野は何度も本サイトで取り上げていますが、
「利用者が激減」という表現は完全に不適切ですし、「若者離れ」に至っては何の統計的証拠もありません。

カラオケ業界に関する統計資料として最もよく使われる資料に、
全国カラオケ事業者協会発行の「カラオケ白書」があります。
カラオケに関する記事を書かれるライターさんの多くが、上記資料を参照にしています。

さて、その「カラオケ白書」によると、カラオケ人口の推移は、
確かに1995年度は5850万人と、最も高い数字であり、
それに比べて、2013年は4710万人という数字ですので、減少しているという事実は間違いではありません。

しかしながら、資料をよく見ると、
2001年以降は約10年以上にわたって4600万人~4800万人の間を推移しています。
したがって、ここ10年以上はカラオケ利用者は「横ばい」。
利用者数という視点だけで言えば、カラオケ業界は10年以上も安定していると見るのが自然です。

もっとも、こういう反論を持つ方もいるかもしれません。
1995年度の数字こそがあるべき利用者数であって、
2000年以降は、カラオケ業界は長期間にわたって苦境が続いているのだ、と。

では、本命題を、高校数学で学習する「背理法」で検証してみましょう。

命題:「利用者数という視点だけで言えば、カラオケ業界は10年以上も安定している」

仮に、4600万人~4800万人という数字を激減と呼ぶにふさわしい「深刻な数字」と仮定しましょう。
であれば、カラオケ産業は10年以上も「安定して深刻な不振が続いている」ということになります。

深刻な不振でありながら、利用者数が安定しているというのは不自然です。
なぜなら、業界全体が不振であれば、各企業ともにこぞって業界から手を引くはずなので、
業界規模は右肩下がりに縮小するはずであり、応じて利用者も右肩下がりに減少するはずだからです。

しかしながら、利用者数は10年以上も減少することなく、安定した水準を保っています。
つまりこれは、4600万人~4800万人という数字を「深刻な数字」と仮定したことが誤りであり、
この数字は「深刻」なものではなく、業界においての安定水準と考えられるものなのです。

このように、少なくとも10年以上も安定した利用者数を保っているという事実だけでも、
カラオケ業界は「不振」とは決して言えません。
あくまで1995年から2000年までの減少が目立っているに過ぎないのです。
それを「カラオケは1995年をピークに利用者が激減」などと表現してしまっては、
まるで毎年のように右下がりに減少している斜陽産業のように読み取られかねません。

それに、5850万人が4600万人になることを「激減」と表現するのも不適切です。
「激減」とは、せめて「半減」よりもさらに落ち込んだ状況に至った場合に使うべき表現です。

東洋経済オンラインさんという、名だたる経済の専門サイトである以上、
統計資料を正確に読み解いたうえで記事を書いていただかないと困ります。
「カラオケって、もう人気がないのね…」というように、読者さんをミスリードし兼ねません。

もう一度申し上げますが、2001年以降、10年以上にわたって、カラオケ利用者は横ばいです。
当該資料「カラオケ白書」は、全国カラオケ事業者協会の以下のサイトで誰も確認することができます。
http://www.karaoke.or.jp/05hakusyo/p1.php

上記とはまた別の何かしらの統計資料を元に、論拠を持って
「カラオケは1995年をピークに利用者が激減。とくに若者離れが激しく、
いかに若者を取り込むかが業界の課題となっている。」
という一文を記載されたのであれば、ぜひともその資料名を教えていただきたいところです。

特に、「若者離れ」なんて統計資料は存在しないと思いますが。。

09
こちらは、ニコニコ超会議2015の「超歌ってみた」ステージの様子ですが、
「若者のカラオケ離れ」なんて、まるで嘘のように盛り上がっています。

 

過去にも唯野はこうした前提説明の不十分な記事に対して
反論記事を書かせていただいています。

★突っ込みどころ満載のカラオケ記事を添削。
http://enjoysing.com/2014_08_25_23_24_08

★「深刻なカラオケ離れ…」という書き出しのWeb上の記事は全て誤りです。
http://enjoysing.com/2015_02_24_03_24_33

今後とも「カラオケ人口激減」「若者のカラオケ離れ」という内容の記事を見つけましたら
当サイトにて取り上げて反論させていただきます。

カラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースします。

地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

53

地域の活性化、集客の目玉イベントとして、カラオケ大会を開催してみませんか?
エンジョイシングでは、カラオケ大会の開催に向けたトータルプロデュースを承っています。

・レーベル・レコード会社の所属アーティストの宣伝を兼ねたカラオケ大会
・地方自治体の運営する市民イベント(夏祭りなど)
・カラオケ店が自店で開催するカラオケ祭り(カラオケコンテストなど)
・カラオケチェーン店による自社ブランドのカラオケ大会(○○社杯カラオケ大会など)
・ショッピングモール全体を使った「店起こし」のイベント(お客様感謝イベントなど)

・etc..

お気軽に下記までご相談ください(相談無料、予算に応じた提案可能です)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

集え!うたじまん!
優勝賞金20万円。エイベックスのカラオケ大会「第1回全国aカラうたじまんカラオケ大会」。
大会開催日:6月4日。
エントリー締切日:4月30日。
http://a-kara.com/

カラオケ大会

カラオケ評論家を商標登録しました。

カラオケ評論家

「カラオケ評論家」は唯野奈津実の登録商標です。
日本で唯一のカラオケ評論家として、取材・執筆等の依頼を承っております。
カラオケ特集コーナーの企画相談・出演依頼など、
お気軽にお問い合わせください。
お電話:090-2202-5616(唯野直通です)
メール:info@enjoysing.com(1日以内に返信します)

★カラオケメーカー・チェーン店の本社関係者様★

いつも当サイト「唯野奈津実のカラオケの世界」にアクセスいただきありがとうございます。

1日平均5000アクセスの当サイトは、日本で唯一のカラオケ評論家・唯野奈津実がカラオケの最新情報を紹介しながら、経営目線・ユーザー目線それぞれからの論評を展開していく、総合的カラオケポータルサイトです。

当サイトの最大の特徴は、「カラオケ評論家」という、いずれの企業にも属さないニュートラルな立場による論評提示にあります。

当サイトに毎日アクセスしていただければ、競合他社のニュースや動向をいち早く掴むことができ、ニュートラルな視点におけるカラオケ業界の状況分析をすることができます。

社内イントラをお持ちの業者様がいらっしゃれば、社内ポータルサイトに当サイトのリンクを張っていただければ、最新のカラオケ事情を全社員が素早く共有できることと思います。

当サイトはリンクフリーですので、リンクを張られる際に、エンジョイシング・唯野に確認する必要はございません。御社内での情報共有の促進に、当サイトを今後ともぜひご利用ください。

第3回わくわくカラオケグランプリを開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、株式会社メロ・ワークス様主催の大型カラオケ大会「第3回わくわくカラオケグランプリ」の総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 2016年10月23日(日)
●会場:ホテルサンルート有明(国際展示場前駅すぐ)
●出場人数:80名(事前選考による合格者)
●審査委員:中本直樹先生(音楽プロデューサー)他3名
●表彰:優勝賞金10万円、他各賞を用意(30名程度の表彰)

首都圏に54店舗を展開する大手カラオケボックスチェーン「わくわくカラオケグループ」主催のカラオケ大会として、応募総数400名以上の中から選考を通過した80名のご出場者ならびにご観覧者様で満員の会場の中、開催いたしました。

詳細は「わくわくカラオケグランプリ特設サイト」まで。

★カラオケ大会をプロデュースします★
地域を盛り上げるイベントとして、お客様の集客イベントとして、
カラオケ大会の開催を企画されている地方自治体やカラオケ店のご関係者様。
唯野奈津実がカラオケ大会をゼロから企画・集客・運営をトータルプロデュースいたします。

お気軽に下記までご相談ください(相談無料)。
メール:info@enjoysing.com(当日中に返信します)
お電話:O9O-22O2-5616(即時お受けします)

東京カラオケグランプリ2016を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2016年8月13日(土)に開催されたカラオケ大会「東京カラオケグランプリ2016」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:角筈区民ホール(新宿区)
●出場人数:100名
●審査委員長:相田篤考先生(音楽プロデューサー)
●表彰:優勝その他各賞を用意(30名以上の表彰あり)

優勝者は、第23回日本カラオケボックス大賞(静岡)の東京地区代表としての出場を決めました。

東京カラオケボックス防犯協力会の主催のもと、東京中のカラオケボックスの店舗の力を結集して、カラオケで東京を盛り上げる、東京最大級のカラオケ大会となりました。

詳細は「東京カラオケグランプリ特設サイト」まで。

第2回わくわくカラオケグランプリを開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、株式会社メロ・ワークス様主催の大型カラオケ大会「第2回わくわくカラオケグランプリ」の総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 2015年10月25日(日)
●会場:ホテルサンルート有明(国際展示場前駅すぐ)
●出場人数:100名(事前に行う音源審査の合格者)
●審査委員長:佐田みさき先生(作曲家)
●表彰:優勝賞金10万円、他各賞を用意(20名程度の表彰)

首都圏に51店舗を展開する大手カラオケボックスチェーン「わくわくカラオケグループ」主催のカラオケ大会として、ご出場者・ご観覧者様で満員の会場の中、開催いたしました。

詳細は「わくわくカラオケグランプリ特設サイト」まで。

池袋昭和歌謡のど自慢2015を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2015年9月20日(日)に開催されるカラオケ大会「池袋昭和歌謡のど自慢2015」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:池袋西口公園屋外ステージ(池袋駅西口徒歩すぐ)
●出場人数:80名(2コーラス歌唱)
●表彰:優勝その他各賞を用意(20名以上の表彰あり)
●優勝賞金:5万円
●歌唱対象曲:昭和時代(1988年まで)に発表された曲

主催は、立教大学・豊島区・東京芸術劇場による「池袋=自由文化都市プロジェクト」。池袋の発展とともに人々を支えた昭和の名曲が、この日、池袋西口公園に蘇りました。

詳細は「池袋昭和歌謡のど自慢2015特設サイト」まで。

東京カラオケグランプリ2015を開催しました。

カラオケ評論家 日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、2015年9月6日(日)に開催されるカラオケ大会「東京カラオケグランプリ2015」の運営・総合プロデューサーを務めました。

●会場:シダックス・カルチャーホール(渋谷駅徒歩6分)
●出場人数:100名
●審査委員長:鈴木康志先生(作曲家・音楽プロデューサー)
●表彰:優勝その他各賞を用意(30名以上の表彰あり)

優勝者は、第22回日本カラオケボックス大賞(大阪)の東京地区代表としての出場を決めました。

東京カラオケボックス事業者防犯協力会の主催のもと、東京中のカラオケボックスの店舗の力を結集して、カラオケで東京を盛り上げる、東京最大級のカラオケ大会となりました。

詳細は「東京カラオケグランプリ特設サイト」まで。

第1回わくわくカラオケグランプリを開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、
株式会社メロ・ワークス様主催の大型カラオケ大会
「第1回わくわくカラオケグランプリ」
総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 2014年11月16日(日)
●会場:ホテルサンルート有明(国際展示場前駅すぐ)
●出場人数:100名(事前に行う音源審査の合格者)
●審査委員長:鈴木康志先生(作曲家・音楽プロデューサー)
●ゲスト歌手:清水まり子(エイフォース・エンタテイメント)
●表彰:優勝賞金10万円、他各賞を用意(30名程度の表彰)

詳細は「わくわくカラオケグランプリ特設サイト」まで。

東京カラオケグランプリ2014を開催しました。

カラオケ評論家

日本で唯一のカラオケ評論家、唯野奈津実は、
東京都カラオケボックス事業者防犯協力会(加藤伸司会長)
主催のカラオケコンテスト「東京カラオケグランプリ2014」
の総合プロデューサーを務めました。

●大会日: 平成26年6月8日(日)
●会場:シダックス・カルチャーホール(渋谷駅徒歩6分)
●出場人数:100名(事前に行った音源審査の通過者)
●審査委員長:鈴木康志先生(作曲家・音楽プロデューサー)
●表彰:優勝その他各賞を用意(30名程度の表彰)

優勝者は、第21回日本カラオケボックス大賞(札幌)の
東京地区代表として出場いただきました。

詳細は「東京カラオケグランプリ特設サイト」まで。

唯野奈津実のカラオケ著書

2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ゆいのなつみ公式Twitter

唯野奈津実の著書第二弾

スキマ評論家

副業革命!スキマ評論家入門

評論家になるための入門書。唯野奈津実の「カラオケ評論家」のように、あなたも早速評論家になってみよう!

カラオケチェーン店リンク

ビッグエコー
まねきねこ
カラオケBanBan
シダックス
コート・ダジュール
ジャンボカラオケ広場
カラオケ館
JOYSOUND直営店
コロッケ倶楽部
カラオケルーム歌広場
歌うんだ村グループ
カラオケCLUB DAM
カラオケの鉄人
わくわくカラオケグループ
カラオケ歌屋
カラオケJOYJOY
ジャパンカラオケ
カラオケマック
カラオケレインボー
カラオケ招福亭クレヨン
カラオケ時遊館
カラオケマイム
カラオケパセラ
バンガローハウス
サウンドパーク
カラオケモコモコ
GESTグループ
フラココ&パークサイド
カラオケ747
カラオケ合衆国
遊ランドグループ
カラオケシティベア
カラオケアーサー
ドレミファクラブ
カラオケマッシュ
コロナ&ヴォイスキャッツ
カラオケA.Q.A
歌のステージ19
カラオケスカイ
クイーンズエコー
カラオケデイ・トリッパー
カラオケパークベスト10
カラオケJOYグループ
カラオケハピカラ
カラオケアジアン
カラオケグー
メロディランド
カラオケスタジオジョッコ
カラオケ歌之助
カラオケONE
カラオケドヌオス
カラオケバスター
カラオケ漫遊來 + ドルフィン
カラオケスタジアム
カラオケラミューズ
エル・トレイン
カラオケストランド
カラオケラジオシティー
カラオケバンダイ
カラオケガウディ
カラオケルームロックス
カラオケアドアーズ
カラオケナンバーナイン
カラオケHAPPY
カラオケムーン + シンシア
バナナクラブ
カラオケ804